ビートたけしが負けを認めた芸人とは【1番だけが知っている】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビートたけし①

特別番組「1番だけが知っている」(TBS)にてビートたけしがお笑い芸人で唯一、「こいつには勝てない」と思った人物を告白しました。その人物とは一体誰なのか、その理由についてもご紹介いたします!!

坂上忍&森泉がMCの「1番だけが知っている」

2017年10月18日(水)よる8時から放送された水トク!「1番だけが知っている」(TBS系)にビートたけしが出演し、お笑い芸人のなかで唯一「勝てない」と思った人物を本人の口から告白し、その理由についても語りました。

この番組は、世の中のどんな業界にも存在する、“その道のNO.1”の人物に直撃し、「1番だけが知っている」とっておきのエピソードを紹介するといった内容。番組MCをつとめるのは坂上忍と森泉のおふたり。ゴールデン枠スペシャルの第2弾の今回もその道を極めたNO.1をゲストにむかえ、1番だからこそ知っている、魂の震えるような仰天エピソードがつぎつぎと披露されました。

“その道のNO.1”の人物から、魂の震えるようなおどろきのエピソードがつぎつぎと飛び出すなか、今回とくに反響が大きかったのが、お笑い界のNO.1であるビートたけしがお笑い芸人のなかで自分が唯一「勝てない」と思った人物を明かしたことでした。普段まじめに語ることの少ないビートたけしの貴重なインタビューだけあって、番組放送前から告知がされており、大きな話題を呼んでいました。たけしが自分の「負け」を認めた芸人とは、いったい誰だったのでしょうか。

1番だけが知っている

via google imghp

たけしが唯一「勝てない」と思ったお笑い芸人

同番組のインタビューで、「勝てないと思ったお笑い芸人は?」とビートたけしに尋ねます。するとたけしは、「所ジョージには生き方の面白さでは勝てない。でも芸では俺の方が上かな。」と言います。そして、そのあと少し口ごもり「ただ…ただ一人勝てないなと思ったのは明石家さんま。」と答えました。たけしは「あの頃のテレビの時代では、さんまちゃんが1番すごかった。」と語ります。「自分のミスも相手のミスも、全部笑いに変える。うわっ、こんなのいるんだ。」と驚いたのだそうです。そして、さんまのアドリブと切り返しのあまりの凄さに「こりゃ勝てないな」とショックを受けたと言います。「面白いというレベルじゃない。まったくくだらないんだよね。だからセンスがもう、ちょっと超えてる。」とさんまの才能を褒めたたえました。

正直、たけしが負けを認められる存在は、お笑いビッグスリーのさんまかタモリ、もしくは仲が良くて、たけしとはタイプの違う、所ジョージしかいないだろうなぁとは思っていました。あとは枝豆とか水道橋博士とかジミーちゃんとかその辺ももしかしたらありえるのかなぁとも考えましたが、実際にたけし本人の口からさんまの名前を聞いて、ふたりのその計り知れないほど固く結ばれた友情に、感激してしまいました。さらに、たけしが語った「さんまちゃんには勝てない」と思ったその理由も、ものすごく魂が震えるものだったのです…!!

さんまちゃん

via google imghp


1981年(昭和56年)、ビートたけしと明石家さんまの二人は「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)で初めて共演することになります。この時の裏番組はザ・ドリフターズ出演の「8時だヨ!全員集合」(TBS系)でした。当時、全員集合はお茶の間の絶大な人気を誇り、常に30%の高視聴率を叩き出していました。ザ・ドリフターズが緻密に計算されたコントを生放送で披露していたのに対し、たけしらひょうきん族は、まったく正反対のはちゃめちゃでいいかげんなネタを繰り広げました。

たけしは、アドリブが多い「オレたちひょうきん族」では、「明石家さんまには勝てないし、勝とうと思うとこの番組が終わっちまうなと考えた。俺がツッコミの方に回んなきゃだなと決心した。」と当時の胸の内を語りました。またその証拠に、「なんで俺がお前のツッコミに回んなきゃいけねぇんだよ!」とたけしが吐き捨てるシーンが実際に放送されたコントの映像で確認出来たのです。これが、お笑い界NO.1のビートたけしが、はじめて負けを認めた瞬間でした。

ひょうきん族

via google imghp

そして、見事放送開始から半年でドリフの視聴率を抜くことに成功します。しかし、たけしは『さんま』という名の毒を飲み続けたおかげで、『ひょうきん族』は意外に早く終わってしまった。その毒で『全員集合』をやっつけることが出来たけど、その毒で自分たちまでも終わってしまった(笑)」と、さんまの才能をたけしらしく皮肉を交えてほめたたえます。じつはこの「オレたちひょうきん族」、超人気番組だったにもかかわらず、わずか9年間で幕を閉じていたのでした。その歴史は短いながらも、後世に語り継がれ、まさに伝説の番組といったところでしょう。

そしてさいごにたけしは「さんまちゃんは、いつまでたっても、あのまんまだと思うよ。はっきり言って、あれは治らないと思うよ。毒だから。」とさんまへの友情にあふれたコメントを残します。さらに「あの毒はね、人間社会に必要なバクテリアなんで、死なないようにだね。もうかかりたくないね。」と笑いながら言い、インタビューは終了しました。

たけちゃん

via google imghp

たけしが「上手いな」と思った後輩芸人

ちなみに…ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるずのお笑い第三世代については、「なんかそれなりだよね、悪くはないけど。飛びぬけてもいないんだよね。でも腕はおいらより上なはずなんだよね。考え方も。良いネタをやるし。」と答えています。しかし、そんなたけしがインタビューの途中で、最近の漫才師で「上手いな」と思った後輩芸人の名前を挙げています。さいごに、その後輩芸人たちの名前を載せておくことにいたします。

  • サンドウィッチマン
  • 千鳥
  • 博多華丸大吉

たけしは「この三組は技術ではおいらより上だし面白いけど、負けだとは思わない。」とのことでした。決して、明石家さんま以外のお笑い芸人には、負けているとは思わない、そのたけしのかっこいい姿に、1番魂が震わされたのでした。