YouTuberヒカル、無期限活動休止を発表!Next Stageも解散に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気YouTuberのヒカルが動画にて無期限活動休止を発表し、所属グループのNext Stageも解散することが決定しました。なぜ、活動休止をすることになったのか、ヒカルが起こした大炎上の理由をご紹介します。

人気YouTuberヒカルが謝罪動画で無期限活動休止を発表

チャンネル登録者数200万人以上を誇る人気YouTuberのヒカルが、2017年9月4日に投稿された動画内にて、無期限活動休止を発表しました。250万人突破当時のヒカルのページ

250万人突破当時のヒカルのページ

via google imghpさまざまな疑惑と憶測が行き交い大炎上する中投稿された動画には、トレードマークのツートンカラーのヘアスタイルを黒く染め、スーツでの登場で、ファンへの感謝の気持ちと謝罪、そして、活動休止に至る経緯などを説明しています。

いつも応援してくださっている皆様へ

via www.youtube.comこちらが問題の謝罪動画です。ヒカルとともに謝罪動画に登場しているいっくんが所属する禁断ボーイズ、そしてラファエルも活動休止を発表しました。

また、ヒカルが所属するYouTuber事務所のVAZで活動している、怪盗ピンキー、かすも合わせて活動休止となりました。さらに、動画に登場しているヒカル、いっくん、ラファエルのチーム「Next Stage」に関しては解散が決定しました。

なぜ大炎上?ヒカルが活動休止になった経緯とは

では今回、なぜこれだけメディアやSNSなどで大炎上してしまっているのか、ヒカルが無期限活動休止となった経緯についてご紹介します。ヒカルが活動休止となった主な理由は2017年8月17日に起きた「VALU」を利用した騒動です。VALUを利用した騒動とは?

VALUを利用した騒動とは?

via google imghp

VALUは、株式会社VALUによって運営されているフィンテックサービス。 名称の由来は「VAL + U 」。個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは自由に売買することができる。取引は全てビットコインを用いて行われる。

ヒカル、いっくん、ラファエルは、このVALUにて一斉にVAを売り出し、多額の利益を得て多くのユーザーに損失を追わせたインサイダー取引とも思われるような売買を行いました。インサイダー取引とは?

インサイダー取引とは?

via google imghp

上場会社または親会社・子会社の役職員や大株主などの会社関係者、および情報受領者(会社関係者から重要事実の伝達を受けた者)が、その会社の株価に重要な影響を与える「重要事実」を知って、その重要事実が公表される前に、特定有価証券等の売買を行うことをいい、金融商品取引法で規制されています。

VALU騒動ってどんなことが起こったの?

ヒカルが起こした大炎上の内容は、時系列にまとめると以下の通りとなります。

・2017年8月10日にヒカルがいっくんとラファエルを誘いVALUに登録しました。

・8月14日、Twitterにてヒカル、いっくん、ラファエルはVALUを開始したことを報告し、VAの購入を煽るようなツイートを投稿しました。なお、問題のツイートは現在は削除済みです。

・VAの購入を煽るようなツイートをしたことにより、ヒカルら3人のVAの価値が上がり、VALUランキングも上位にランクインしました。

・8月15日、優待の内容を発表する前に、ヒカルのマネージャーが保有する3人のVAをすべて売り出しました。

・その後ヒカルら3人も自身の保有するVAを前日の終値で売り出し、3人のVAは大暴落する結果に。

・3人のVAが大暴落後、VAの購入を煽るようなツイートは削除し、VALU内にて優待をつけるなんて言っていないと投稿をしました。

優待をつけるなんか一言も言ってないんやけどな(笑)
嘘を拡散はやめてほしい。

なお、ヒカルのVALUページでは、開始当初はセミナーやオフ会などを優待として開催するという投稿がされていました(削除済み)。
そのため、このような投稿があったことで、困惑してしまったユーザーも多いようです。

実際に損をしてしまったユーザーの投稿です。これはかなり痛い。なお、3人が一斉にVAを売り出したことで、1人4000万円前後、3人合わせて1億円前後の利益を得ていると言われています。

これにより多くのユーザーが損失したこと、また、ヒカルら3人の対応などが問題となり、炎上に炎上が重なり多くのメディアでも取り上げられるような大炎上となりました。

VALUが関与していた可能性も!?

ヒカルらが公開した動画によれば、VALU側も今回の騒動に関与していたという説明がされていました。
しかし、VALU側は「当社は今回の騒動には一切関与していない」と完全否定をしています。

VAZ側からVALUにYouTuberをアサインできないかという相談が持ちかけられており、VALUの仕組みなどを説明したのみであり、ヒカルらとの直接のやり取りはなく、そのほかの企画やTwitterによる発言などの騒動に関する部分は一切関与していないと否定しています。ヒカル側とVALU側で食い違いが生じている模様

ヒカル側とVALU側で食い違いが生じている模様

via google imghp

ヒカル氏の動画における当社への不適切な言及について – VALU ヘルプセンター

ヒカル氏の動画における当社への不適切な言及について - VALU ヘルプセンター9月4日にヒカル氏が投稿した動画( https://youtu.be/1JNSvavAb1g)における当社への言及について、利用者や世間の皆様に対して誤解を与えかねない不適切な点がありましたので、以下のとおり修正または補足させていただきます。 当社が当初からヒカル氏らの企画に関与していたという点について 上記動画におけこちらがVALUが公開したヒカルらの謝罪動画に関するコメントです。

今回だけではない、ヒカルの黒い疑惑とは

ヒカルは現在のような人気YouTuberになる前は、情報商材を販売する仕事をしていました。自分自身が情報商材を作成し、コンサルタントとして顔出しをしながら情報商材の販売を促していました。しかし、販売を促進するためのメールマガジンおよび、情報商材の内容が他人の内容を丸パクリしたものだったそうです。

さらに、ヒカルが販売していた情報商材には、ヒカルが直々でサポートをするという特典が付いていましたが、サポートに関しても真面目に行っておらず、詐欺ではないかとも言われるような酷い売り方だったようです。ヒカルは本当に詐欺は行っていたのだろうか?

ヒカルは本当に詐欺は行っていたのだろうか?

via google imghp

詐欺的な内容は含まれていないと考えている。私も一通り目を通したが、内容は『王道系』と呼ばれる手法で、前述したようにブログを1から作って、コツコツ広告収入で稼ぐようなノウハウが丁寧に解説されている。

情報商材自体はパクリ疑惑があっても内容自体はきちんとしたもののようです。ただ、問題なのは特典のサポートがきちんとされていなかったこと。それゆえに詐欺だと言われているようです。

まとめ

ヒカルが無期限活動休止を決定したのは、VALUでの売り逃げによる大炎上が理由だったようですね。過去に情報商材を販売していたりと、ネットビジネスに関してはセンスがあるようにも思えますが、少しやり方が過激だったのかもしれません。

今回は、実際に大損をした人も出てしまったため、大炎上となりましたし、YouTube含め多くのウェブメディアにおいてある意味お手本になるような炎上だったと思います。そして、活動休止をしたヒカルらは、今後どのような動きを見せてくれるかにも注目です。