障害者は感動の材料?NHKが24時間テレビを批判か

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感動ポルノと耳慣れない言葉を使って24時間テレビの裏側でNHKが障害者を使い感動を呼ぼうとする番組へメスをいれていくとても大胆な内容で、しかし障害者の意思を尊重する番組を放送しました。

先日の日テレ24時間テレビの裏で実は批判ともとれるような内容の番組をNHKが放送していました。
それは24時間テレビの内容をもじって笑い飛ばしながら、障害を持つ人を感動を呼ぶ為の材料とする感動ポルノというものに異議を唱えるものです。その異議を唱える人の中には障害をもつ人いました。24時間テレビを批判というよりも喧嘩を売っているような大胆なその番組は、ツイッター等のSNSで話題になりトレンド入りするなど反響を巻き起こしました。番組中の様子

番組中の様子

セットや衣装、言葉のチョイス。どれをとっても皮肉がきいています。via google imghp

障碍者自身が24時間パロディーのコントに参加!?

コントの様子

コントの様子

感動を誘うようなシーンを欲しがるスタッフ風。障害に苦しむ人や珍しい重い病を持つ人が、多くの難しい問題に挑んでいくような感動を呼ぶ企画というのは24時間テレビがとても得意とするものです。今年も下半身不随を患う男の子が富士山を登ったり、目や耳が不自由な学生たちのよさこいといった企画がいくつか放送されました。

それを意識したものなのか、今回放送されたNHK Eテレ「バリバラ」では、まったく同じ日の放送に「検証!『障害者×感動』の方程式」として、こうした放送媒体などの障害を持つ人へのイメージに意見や疑わしく思う部分をぶつける生放送と事前に紹介し、放送前から期待を呼んでいました。

NHK側は他のチャンネルでの放送とは無関係だという風に事前に某ニュースサイトからの取材に答えていましたが、当日その番組がスタートすると、画面に大きく映し出されたのは見覚えのある24の数字。番組のゲストはみなおそろいの黄色の服を着ており、その中の一人である多発性硬化症等の病を持つ大橋グレース愛喜恵という方はそのまんま日テレの24時間テレビのTシャツを着てしまっています。これは大丈夫なのでしょうか。それだけじゃなく煽り文句は笑いは地球を救うなのです。


様々な検証などが番組内でなされていくのですが特に力が入っていたのは、一般的な感動的な障害を持つ人へのイメージを再現したコーナー。こちらは先ほど述べた大橋氏が実際に演技を行うドキュメント風の映像で、それっぽいBGMやあるあるなワードで、いかにもな一生懸命に頑張る障害者といった風に大橋氏が映しだされているのですが、それを台無しにするかのように大橋氏がイケメンの先生でテンション上がった!や(前を向けるようになった出来事を)時間が経って解決出来たような、番組としては非常に使えない言葉を使い続け、その都度スタッフがもっと大変な感じで!やそれは使えないなどと涙を誘える方向へと誘導するという、24時間テレビをもじりにもじったコントなのでした。

放送の日時だけでなく放送内でのタイミングまで狙ったものなのかは定かではありませんが、放送のチャンネルを日本テレビへ変えると同じタイミングで似た感動を煽るようなシーンが流れていてBGMまでも思わず吹いてしまう程似たものとなっていました。痛いとこを狙って突くような皮肉がきいています。そしてなんともっと皮肉なことに、大橋氏は今年の24時間テレビにも実は出ているのです。

今回も批判の多い24時間テレビ

番組内の企画で障害を持った少年が富士山を登るものがありましたが、こちらで父親の虐待と見られる動きが写り放送事故と騒がれました。そしてもう一つ、ダウン症の子がPERFECT HUMANを踊るというものなのですが、こちらは番組の言いたいこともわかるのですが、歌詞の内容から悪い意味で嫌味を言ってるようにも見えてしまいこちらも批判が相次ぎました。
こちらに関しては同サイト内の別の記事にも詳しく書かれているので見ていただけると詳しく分かるかと思います。
美談として捉える事が出来はしても、ネガティブな意味合いをかなり含んでいるように見えてしまう方が多いようでは作られた感動ごっこに感じられてしまいます。

障害者はどう見ているのか。

感動を呼ぶ番組をどう見るか

感動を呼ぶ番組をどう見るか

健常者と障害者それぞれからとったアンケートではこんな結果に。こういった笑いをとる演出も含みながらも、始終番組が発していたメッセージは感動ポルノというものでした。
この言葉はもう亡くなられているが自らも骨形成不全症にかかりながら、オーストラリアにてジャーナリストとしても活躍されていたステラ・ヤングさんが主張したものであり、障害を持つものの事を健常者などが感動するための道具のように使う行為を指すものだそうです。
24時間テレビのようなこれら感動ポルノ的放送に対して、番組の調べでは障害者の約90%もの人が嫌いと答えたとのこと。番組内でははっきりとは裏で行われている24時間テレビという名前は出なかったものの、それを匂わす発言はいくつか見られました。司会の山本氏は現場のスタッフの頑張りは認めつつも上に立つ人の障害者を決めつけで感動の押しつけを行う事に対して思う部分があるようで、みんなの努力が空回りとならないようにしてほしいと述べました。

視聴者からの反応

ただ喧嘩を売る訳でも批判をするだけでもないしっかりと検証まで行った番組に対してはすごく大きな反響がネット上で巻き起こりました。この番組が24時間テレビへと影響を産み良いものへとなるように、日テレの上の人間にぜひ見てもらいたい、きっとプラスになる、もっと議論してほしいと24時間テレビの批判だけでなく質の上昇となるように昇華を望む声も多いようです。
放送中のYahoo!リアルタイム検索では24時間テレビよりも番組名や感動ポルノの検索数が上回るほどの反響でした。
そんな同番組の再放送が9月1日24時からあるので、興味を持たれた方、見逃した方はご覧になられてはいかがでしょうか。



ページトップへ