【動画】ハマカーンはなぜ消えた?ゲスの極みの真相

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

一番売れるであろう時期にテレビに出なかったハマカーン。持ちネタ「下衆の極み」はベッキー不倫のときが最高潮だったはず。ゲスの極み乙女。に乗っかれば、第二次ヒットも期待できたのに消えたのはなぜなのか。隠された真相にせまる。

ゲスの極み

「ゲスの極み」が世間に知れ渡ったのはもちろんベッキー不倫の時。ゲスの極み乙女。のボーカル川谷が相手だったからです。しかし、芸人好きなら知っているでしょうが、元々はハマカーン渾身のギャグ。このフレーズが好きなファンもたくさんいるはずです。なぜ消えてしまったのでしょうか。

ハマカーン

ケイダッシュステージ所属のお笑い芸人。2000年に結成し、テレビにも数々登場した。小さくない存在感を見せつけ、決め台詞は「下衆の極み」。漫才コンテストでもよい成績を残し続け、2012年THE MANZAIでは見事に優勝した。左から浜谷健司、神田伸一郎。ハマカーンとしては浜谷がコンビの顔となっているが、神田がモデルである神田うのの弟だと知られてからは双方が有名になった。今でも漫才を披露し続けている実力派。via google imghpハマカーンがいつも叫んでいるのは「下衆の極み」ですから、厳密には別物です。そしてよくゲスの極み乙女。とどっちが先に「ゲスの極み」を使い始めたのかという質問がありますが、話になりません。ゲスの極み乙女。が結成されたのは2012年。同じころ、ハマカーンはすでにこの決め台詞を使ってTHE MANZAIを勝ち抜き優勝しています。ハマカーンはこの決め台詞について「北斗の拳から」と話しており、何かしらの影響を受けたようです。「下衆の極み」はハマカーンが最も得意とするキャッチフレーズ。これがなければハマカーンではないというぐらいのレベルです。他にも「鬼畜の所業」など大げさな表現で浜谷が相方の神田をツッコみます。ネタを見てみると、「下衆の極み」などのフレーズが面白すぎてふたりともボケみたいに見えますね。これほどの芸人があっけなく消えてしまうのは不思議でなりません。

via www.youtube.comこれが「下衆の極み」ですね。浜谷の怒涛のセリフはなぜか笑ってしまいます。もうずっと前から使っており、今では「元祖 ゲスの極み」と言われています。ただ、最近ではこのフレーズは少なくなりました。それは浜谷と神田がボケとツッコミを入れ替えたからです。はじめは浜谷がボケで神田がツッコミだったので、「下衆の極み」を連発していましたが、優勝したTHE MANZAI2012の時に入れ替えたそうです。これが功を奏し見事に優勝できたので良かったのだと思いますが、今までのファンは「下衆の極み」を聞きたがっているでしょうね。

via www.youtube.comナイナイのおもしろ荘に出たときの映像ですね。若さが伝わってきますし、これぞ「下衆の極み」感があります。


消えたのは何故なのか

あれだけテレビに出ていたハマカーンが出なくなったので不思議ですが、それは単純に一発屋のようになったからかもしれません。しかし、あの事件があったからにはもう一度復帰してもおかしくないです。もちろん事件とはベッキーの不倫問題です。ベッキーが交際していた相手はゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音。しかも不倫だった事実をベッキーは知っていました。それだけでなく、ベッキーと川谷とのLINEがなぜか流出し、ベッキーの裏の顔が出てしまいました。これは大問題となり、ベッキーは全て降板になったほか、売れかけていたゲスの極み乙女。にもダメージを与えました。そしてブームかのように次々と不倫が発覚し、何人もの芸能人や政治家などが不倫報道されました。その不倫ブームに対して一連の不倫全てを「ゲス不倫」と名付けられました。発端となったベッキーとゲスの極み乙女。から取って、まさにゲスだということで良いインパクトとなりました。ここで芸人なら持ちギャグにしている「下衆の極み」が世間で有名になっているのだから、どんどんテレビに出るのが普通です。それに反して全くテレビには出てきませんでした。不倫されたアンタッチャブル柴田は堂々と不倫された内容を暴露して笑いを取っているのに、ハマカーンだけが笑いを取れないのは疑問です。

via www.youtube.com今では漫才の中で「ゲスの極み」をネタにしています。このネタの漫才はとてもおもしろく、受けないはずがないのでぜひ地上波ゴールデンタイムでやってほしいです。ここまで出てこれないのは、やはりベッキーでしょう。ベッキーが不倫して降板しましたが、あの時期にハマカーンを出せば、「ベッキーの話を聞きたくない」と苦情が出るからですね。報道番組以外ではベッキーの話は全く出さないほどの徹底ぶりでしたし、多少仕方のない面はあるのかなと思います。また、ベッキーの所属事務所やテレビ局側もベッキーネタでハマカーンを出すことは、ベッキーのイメージ低下を招いてしまうので、リスクは取らない選択をしたのでしょう。芸人の行末も決めてしまうほどの大問題でした。「ゲスの極み」を持ちギャグにしていたのは運が良かったのか、悪かったのか。それでも10月11日に浜谷は公式の場で言及しました。

我々はあの事件の最後の被害者! たまにテレビ局によっては『ゲスの極み』NGが出る

これは完全に風評被害です。ハマカーン自体はなんにも悪いことをしていないのにNGが出るのは残念ですね。ハマカーンはネタを封印せずにやっていくことを明かし、2016年の流行語大賞になれば、自分たちが受賞すると言うほどです。ベッキーが受賞するわけはないので、ハマカーンが代わりに受賞するとなれば大賞に入るかもしれません。個人的には「神ってる」が受賞してほしいですが。

これからも独自のスタイルを貫く

ハマカーンはテレビに出られなくとも、独自のスタイルを貫いていくでしょう。そのうちNGもなくなるでしょうから、早く「ゲスの極み」を披露してほしいですね。

ありえるかもしれません、、、。


ページトップへ