公開日:2016年11月24日   更新日:2016年11月24日

ネイマール、詐欺行為で禁固2年、12億の罰金刑を求刑!

バルセロナの大人気スター選手、ネイマールが詐欺行為を働いたとしてスペイン当局が訴を起こした。バルセロナには他にも脱税で訴えられた選手が多くいることから選手だけではなくクラブ事態が腐敗していると見られている。

1,639

バルセロナの選出に相次ぐ犯罪の影

またまたバルサの選手がやらかした

脱税の犯罪が絶えないバルセロナ。
バルサで脱税した選手を見てみると、ほとんどが南米出身選手だった。
メッシ、ネイマール、マスチェラーノ、アドリアーノなど公になっている選手は皆、南米出身という共通点がある。
これは貧困など貧しくもサッカーをやってきて成功したハングリー精神の現れなのかもしれない。
決して裕福ではない環境で育った彼らは、人一倍お金に執着する環境があった言うのもサッカーで成功してきたひとつの要因だ。
だが、だからといって犯罪は犯罪。
悪事を働けば、罰せられるのが法治国家というものだ。
スペインももちろんその法治国家に属する一国なのだから法のもとで裁かれるべきである。

では、今回のネイマールはどんな内容で訴えられているのか。

移籍金を不正に少なく申請した詐欺行為

スペイン当局の発表によると
スペイン検察は23日、バルセロナのFWネイマールの権利を40%所有していたブラジルの投資会社『DIS』に対して移籍金を騙したとして、ネイマールに2年の禁錮刑と1千万ユーロ(約11億8千万円)の罰金、サンドロ・ロセイ前会長に5年の禁錮を求刑。現在バルサの会長を務めているジョセップ・マリア・バルトメウ会長は犯罪の痕跡はないとみなされたため、このゴタゴタから免れた。

 禁錮刑の要求はネイマールの両親にまで及び、父親には息子と同じく2年、母親には1年要求している。なお法人として現在ネイマールが所属しているバルサに840万ユーロ(約10億円)と、2013年に移籍が行われる前に在籍していた古巣サントスにも700万ユーロ(約8億3千万円)の罰金が求められた。

 一方、原告の『DIS』社はネイマールと彼の父親に5年、バルトメウ会長とロセイ前会長に8年の禁錮刑を求めている。更にこの移籍問題で多額の損害を被ったとして、バルサには1億5900万ユーロ(約188億円)から1億9500万ユーロ(約230億円)の賠償金も請求しているが、どうなるかは今もって不透明なままだ。
この内容どおりならば以前から持ち上がっていた噂が本当と言うことだ。

ネイマールは2013年5月にブラジルのサントスからバルセロナへ移籍した際、移籍金を不正に申告したというもの、ネイマールの保有権の40%を持つ投資ファンド「DIS」に、実際の移籍金は8300万ユーロ(約98億)だが、申告では5700万ユーロ(約67億)と記載していた。
DISへの支払額を本来の必要額よりも低く抑える詐欺行為がなされたと見られている。

このような噂が当局の発表より2ヶ月前に流布していた。
ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

リオオリンピックでブラジルを優勝させた立役者。
via google imghp
今回の求刑がもしそのまま判決として確定すれば、禁固2年が言い渡される。
しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑では執行猶予がつくため、収監されることはないが逮捕される可能性はある。

収監されることはないがバルセロナというブランドに傷がついたことに変わりはないわけで、クラブも選手同様、人気商売なのだからこういう犯罪と取られてもおかしくない行動を選手たちに控えさせる必要だあるし、所属選手たちの調査を徹底するべきではないか。

メッシやマスチェラーノなどの人気選手もやっていた犯罪

エース リオネル・メッシ

リオネル・メッシ

リオネル・メッシ

2018年にバルセロナを退団予定
via google imghp
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(29)がバルセロナの地方裁判所から、脱税容疑で禁錮21カ月を言い渡された。同裁判所が発表した。

 メッシの父ホルヘさんも07年~09年の間に約4億7000万円を脱税したとして同じ期間の禁錮を言い渡された。

 これまで検察側はベリーズとウルグアイにある租税回避地が肖像権収入を隠すために使用されたと主張。メッシは「自分は何も知らなかった」としていた。

 ただロイター通信によると、弁護団は最高裁で争うこともでき、加えてメッシ側がすでに修正申告として500万ユーロ(約5億5000万円)を支払っていることから、実際に刑務所に入る可能性は少ないとしている。
こういった報道がされていた。
実際に禁固刑が言い渡されたということは犯罪を犯したというレッテルを貼られたということ。
いくら自分は関わっていないと言われても、自身が稼いだお金を管理していないわけないし、管理できない金額なら金融管理の専門会社と契約して担ってもらう方法があったはず。
金融の専門家ではない父親に任せるというのは、莫大な金額を扱う責任のないスポーツマンということだ。
自身の関与は否定しているが、父親に何十億もの金額を管理させている事態で何か起こるかもしれないと考えていなかったのか。
これは間接的に触れていたと判断されても仕方ないだろう。

DF ハビエル・マスチェラーノ

ハビエル・マスチェラーノ

ハビエル・マスチェラーノ

本業はDMF。
バルサに移籍してきてDFにコンバートされた。
via google imghp
バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、脱税問題に関して声明文を発表した。21日付のスペイン紙『スポルト』などが報じている。

 マスチェラーノは肖像権に関わる収入を申告していなかったとして、2011年と2012年に合計155万6729ユーロ(約2億1000万円)もの脱税を行った疑いが持たれており、すでに裁判で懲役1年と罰金81万5000ユーロ(約1億円)との判決が下されたようだ。

 これに対し同選手は声明を発表した。「今日、私とスペイン当局は最終的な合意に達しました。問題が解決したことを知って、心が落ち着きましたので、短い声明文を発表したいと思います」と冒頭で脱税問題が収束したことを伝えた。

 そこから、今回の経緯を説明。「私は最高の地位と優れた評判をもつスペインの税務事務所と話し合いを行ってきました。私の状況を分析すると、彼らは私に法律で認められた財務構造について説明してきました。そして2010年から2014年の財務状況を評価しなおしました。その頃には、私の起訴は可能性があるという段階ではなく、現実味を帯びていました。そして財務状況を見た結果、アドバイザーは全ての年度に関して会計の修正を行い、支払いを済ませることを提言してきました」と語り、マスチェラーノの問題解決に向けた一連の動きが明らかになった。

 「その後、金融債務を最新の状態にしたことによって、私の人生において最も苦しく痛みの伴うこのエピソードは解決を迎えました」と再度、スペイン当局と合意に至ったことを強調した。

 最後にマスチェラーノは、「私はプロのスポーツ選手であって、税務に関する法的知識を持っていません。したがって、そのような問題に対処するようトレーニングを積んだ人たちに頼る必要がありました。キャリアを通じて、私は正直に道義心をもって生きています。チームメートやクラブ、国民の方々に敬意を伝えたいです」と、関わった周囲の人へ感謝の気持ちを示した。
このコメントを発表したマスチェラーノの言い分は大いに分かるし理解できる。
特に最後の「私はプロのスポーツ選手であって、税務に関する法的知識を持っていません。したがって、そのような問題に対処するようトレーニングを積んだ人たちに頼る必要がありました。キャリアを通じて、私は正直に道義心をもって生きています。チームメートやクラブ、国民の方々に敬意を伝えたいです」という内容だ。
「プロのスポーツ選手だから、法律の知識は薄かった。今回の経験からもっと慎重に行動していきたい」総合するとこういうことだろう。

確かに、その道にはプロフェッショナルという者が存在する。
サッカー選手が法律のことがわからないように、法律家もプロ並みにサッカーが得意な人はいない。
お互いに得意分野というものがあり、これからも困ったことがあれば協力すべき問題も多々起こってくるはずだ。
その時にどれだけ誠実にいられるかで対応も変わるだろうし、ファンの見る目も変わってくる。

今回のネイマール起訴に対するネットの反応

ネイマール、裁判所に出頭

ネイマール、裁判所に出頭

前にいるのか弁護士か?
ブラジルの格闘家に見えなくもない。
via google imghp
またかよ

こいつらいつも脱税してるな

悪セロナ

バルサってもしかして組織腐ってんのかな

バルサでまともなのってイニエスタぐらいだろ
あとはだいたいクズかチンピラ

ぜひとも監獄に入れてほしい。

盛り上がる早く収監させろ
こういったネイマールを擁護できない声が多く上がっている。
確かに、これはネイマールだけの問題ではなく、バルサ自体の腐敗がかなり進んだ状態であることが見えてくる。
コメントにもあるが、イニエスタのように誠実に道徳的に生活を送っている選手もいる。
一部のこういった金に汚い選手が問題を起こすことでバルサの選手全員がそういった目で見られるということをバルサの会長はわかっているのだろうか?
いくら強いクラブでも、犯罪行為ばかりしていては選手も移籍してこなくなり、バルサ暗黒時代に突入すること間違いなしだ。

これではリーガ三強の時代から二強の時代に逆戻りしてしまう。
アトレティコとレアル。
マドリードダービーが一番盛り上がる試合になり、二番煎じのクラシコという評価になりかねない。
個人的にはそのほうが面白いが、長年の歴史で共に憎しみ合いながらも、良きライバルとしてリーグ発展に務めてきたクラブ通しの試合がつまらなかったら、ファンやサポーターも悲しい表情になってしまうだろう。


とくにサッカーはMLB、NBA、NFLと比べると給料は少ない。
移籍金だけが以上に膨れ上がり、選手への恩恵は限られてくる。
それだけに、裕福ではない家庭で育った選手は少しでも儲けようと脱税に手をそめてしまうのではないだろうか?
エル・クラシコ

エル・クラシコ

お互い負けられない一戦だけに熱くなることがしばしばある。
via google imghp
放映権ばかりではなく給料の見直しを早急にするべきだし。
個人のスポンサー契約をもっと充実させることに解決策の一端が見えてきそうな気もする。
クラシコの対戦成績は レアル72勝 バルサ68勝 32分けという結果だ。
本当に接戦が続いている。
伝統と歴史を感じるこの一戦を毎年楽しみにしているサポーターも少なくない。
2016年の一戦は12月4日にある。
25 件

■ 関連記事 こんな記事も人気です♪

2016年1月17日の最新芸能エンタメニュースネタ速報まとめ

2016年1月17日の最新芸能エンタメニュースネタ速報まとめ

アンジャッシュ渡部と佐々木希は破局はウソ、交際は続いていた?週刊女性が2人が同棲している情報をキャッチ。佐々木が引っ越した港区内のマンションに渡部が移り住んできたとのことですが・・エンタメニュースは毎日21時に更新中。
125
村主章枝エロすぎヌード写真集“月光”発売の動機は金銭面?

村主章枝エロすぎヌード写真集“月光”発売の動機は金銭面?

元プロフィギュアスケート選手として活躍した村主章枝が2017年2月16日に初のヌード写真集“月光”を発売する事になり「ノンストップ」でその理由を明かしました。かつて極貧生活を送っていただけにやはりお金の為に脱いだのか?
14,880
FIFA最優秀選手賞はCロナウド!プスカシュ賞も発表

FIFA最優秀選手賞はCロナウド!プスカシュ賞も発表

バロンドールと分裂したFIFA年間最優秀選手賞。大方の予想通りクリスティアーノロナウドとなり、無難に終わった。一方で注目されているのがFIFAプスカシュ賞で、最高のゴールが選出されるが、マレーシアの豪快なシュートとなった。
123
長友、平愛梨の誕生日に年齢分のバラをあげて引かれる?

長友、平愛梨の誕生日に年齢分のバラをあげて引かれる?

2016年12月12日に32歳の誕生日を迎えた平愛梨のもとに交際中のサッカー日本代表の長友佑都から年齢分のバラが12時丁度に届いたという。ロマンチックだが一方で周りは引いてしまったという。これはどういうことなのか?
1,885
バロンドール2016受賞はクリスティアーノロナウド

バロンドール2016受賞はクリスティアーノロナウド

年間最優秀選手を象徴するバロンドールが発表された。下馬評通りユーロとCLの二冠を達成したポルトガルのエースFWが受賞。2位は惜しくもメッシだった。一部で選考基準が不明確との指摘があり、今後変更はあるのか。
4,016

# 関連タグ

■ キュレーター

たかみー たかみー