ドラフト会議2016!ドラフト一覧と1位競合

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


投手豊作の2016年。高校生投手には将来性が見え、大学生・社会人投手には即戦力が期待できます。一番人気田中正義には5競合があり、見事ソフトバンクが獲得しました。明大・柳も競合があり、熾烈な争いが起こっています。

相次ぐ競合

ドラフト1位獲得・指名選手

広島 田中正義 ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 加藤拓也◎
ハム 田中正義 ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 堀瑞輝◎
巨人 田中正義 ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 吉川尚輝◎
福岡 田中正義◎
横浜 柳裕也  ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 濱口遥大◎
千葉 田中正義 ⇒ 佐々木千隼◎
阪神 大山悠輔◎
西武 今井達也◎
ヤク 寺島成輝◎
楽天 藤平尚真◎
中日 柳裕也◎
オリ 山岡泰輔◎

※◎が獲得上記のような指名になりました。競合が最もあったのはもちろん最有力の田中正義です。創価大の投手で完成されている選手と言われており、競合してでも取ろうとする球団が多かったようです。5球団競合するという人気ぶりで、獲得できる確率は20%でした。見事獲得したのはソフトバンクの工藤監督。昨年も高橋純平を競合の末引き当てていましたし、くじ運がものすごく強いですね。即戦力になりそうなので、またソフトバンクは層が厚くなりそうです。

創価大は2人も上位指名されてすごいですね。もう一つ競合があったのは明治大学の柳裕也投手。こちらも即戦力が期待されているピッチャーです。六大学野球では恐ろしいほどの強さを誇り、奪三振にかけては脱帽するレベル。球速はそれほどではないですが安定感は抜群です。獲得したのは中日ドラゴンズ。森監督が満面の笑みでした。プロでも奪三振の山を築いてほしいですね。そしてなんと外れ1位でも競合がありました。外れ1位とは1位競合で外れてしまった球団でもう一度1位選手を指名することです。競合したのは佐々木千隼。5球団が最初に競合してしまったので埋もれてしまいましたが、普通なら1位に指名される選手です。桜美林大学のエースで、防御率は脅威の1以下。完封勝利が多いのが特徴となっています。ロッテが獲得しました。最近は投手がいないことが問題視されていたので、良かったですね。ほかは順当に決まりましたが、一番の驚きは阪神が投手を指名しなかったこと。確かに最近はショートに適する人がいないと言われていたのですが、本当に指名するとは思いませんでしたね。あとは高校BIG3と評されていた高橋昂也が指名されなかったことです。甲子園優勝投手の今井達也とBIG3の藤平・寺島は入ったので内心悔しく思っているでしょう。

一応噂されていた選手はほとんど入っていますね。


2位以下は?

2位以下は順位の低い球団からの選出になるのでクジはありません。そしてセ・リーグとパ・リーグどちらから選出するかは交流戦で勝ち越した球団から獲得していきます。よって先ほど載せた球団の下から順番に指名していき、3位は逆に上から指名していきます。これはウェーバー方式と言われています。平等な感じがして良いと思います。ドラフト2~4位は以下の通りになります。

広島 高橋昂也 床田寛樹 坂倉将吾
ハム 石井一成 高良一輝 森山恵佑
巨人 畠世周 谷岡竜平 池田駿
福岡 古谷優人 九鬼隆平 三森 大貴
横浜 水野滉也 松尾大河 京山将弥
千葉 酒居知史 島孝明 土肥星也
阪神 小野泰己 才木浩人 浜地真澄
西武 中塚駿太 源田壮亮 鈴木将平
ヤク  星知弥 梅野雄吾 中尾輝
楽天 池田隆英 田中和基 菅原秀
中日 京田陽太 石垣雅海 笠原祥太郎
オリ  黒木優太 岡崎大輔 山本由伸

高橋昂也は広島カープの2位指名でした。オリックスから順番に上がってきているので、2位選手としては12番目となります。メディアで大きく宣伝されていたこともあり、もう少し上に来るかと予想されていましたが、プロの目から見るとそこまで評価は高くなかったようですね。ほとんど指名されている選手は投手で本当に豊作の年でした。投手で一軍に行ける人数は少ないので激しい争いになるでしょうが、今はプロに行けることを喜んでほしいと思います。

チームの方針が分かる!

ドラフトを見ると、そのチームは何を欲しがっているかがよくわかります。まず阪神は内野手を指名したので、上手い内野手がひとり欲しかったのでしょう。その代わり4位までは全員投手で固めてきました。巨人も同じですね。ピッチャーよりはセカンドが欲しいようです。ショートは安定の坂本で、サードは村田、ファーストは阿部だとしてもセカンドが定まらないので急務でした。他に目立つのが4位まで全て投手で攻めた球団。ヤクルトとロッテです。ヤクルトは野手が揃っているイメージです。川端・山田・畠山・雄平などは2015年に優勝したときから変わっていません。今季は怪我に苦しめられたシーズンでした。それも元々投手不足で、しかも援護がなくなったので仕方ないといえるでしょう。投手を一気に獲得し、弱点克服に努めるようですね。ロッテも角中・デスパイネ・鈴木など打てる選手はいるので投手を優先したようです。ドラフトは戦争だと言われていますが、各球団は補強できたのでしょうか。プロに入る選手は夢を見て入ってきますが、オーナーや監督側裏方は冷静に今後のチームづくりのために選手を見ています。何にしても選手を壊さずにうまく使ってほしいですね。今年は豊作と言われているので、その投手が来年にも活躍できるのを祈るだけです。期待しています。

これを理解して指名してほしいです。

投手豊作の2016年。高校生投手には将来性が見え、大学生・社会人投手には即戦力が期待できます。一番人気田中正義には5競合があり、見事ソフトバンクが獲得しました。明大・柳も競合があり、熾烈な争いが起こっています。

相次ぐ競合

ドラフト1位獲得・指名選手

広島 田中正義 ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 加藤拓也◎
ハム 田中正義 ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 堀瑞輝◎
巨人 田中正義 ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 吉川尚輝◎
福岡 田中正義◎
横浜 柳裕也  ⇒ 佐々木千隼 ⇒ 濱口遥大◎
千葉 田中正義 ⇒ 佐々木千隼◎
阪神 大山悠輔◎
西武 今井達也◎
ヤク 寺島成輝◎
楽天 藤平尚真◎
中日 柳裕也◎
オリ 山岡泰輔◎

※◎が獲得上記のような指名になりました。競合が最もあったのはもちろん最有力の田中正義です。創価大の投手で完成されている選手と言われており、競合してでも取ろうとする球団が多かったようです。5球団競合するという人気ぶりで、獲得できる確率は20%でした。見事獲得したのはソフトバンクの工藤監督。昨年も高橋純平を競合の末引き当てていましたし、くじ運がものすごく強いですね。即戦力になりそうなので、またソフトバンクは層が厚くなりそうです。


ページトップへ