【大統領選】トランプの日本に与える影響は?政策と暗殺

政治経済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中でトランプ旋風が巻き起こり、まさかのクリントン敗退が決まった。日本もトランプの影響を免れず、様々な問題が浮上し、今後のアメリカ・日本・世界の行く末が危ぶまれている。

トランプ氏当選

世界中が予想だにしない出来事が起こりました。世論調査では民主党のヒラリー・クリントンが優勢でしたが、蓋を開けてみればドナルド・トランプの勝利。メディアも一斉にトランプ批判を行っていたにもかかわらず、関係ありませんでした。クリントン側も敗北宣言を出し、正式にトランプ大統領の実現が発表されると泣き出してしまうクリントン支持者が数多くいました。トランプ大統領・・・怖いですね。

ドナルド・トランプ

日本では総理大臣が決まって泣き出してしまう人はほとんどいないでしょう。というか皆無かもしれません。それだけ政治への意識が薄いです。アメリカの選挙制度の影響もあるかとは思いますが、根本的に日本とアメリカでは国民の考え方が異なるのでしょうね。アメリカの先行きが不安な人が多かったこともあり、トランプは過激な発言を連発し、強いリーダーシップをアピールしました。その作戦は成功し、見事当選しましたが、日本だったらマスコミからネットから何から叩きまくり立候補を辞退するレベルまで追い込んでいたはずです。結局隠れトランプが多かったことが原因とされており、トランプ支持者は多かったといえます。過激な発言を過半数の国民が容認していました。民主主義のもとではありますが、大波乱の末に決まったのでまだアメリカは混乱しています。しかし、一方で日本国民は他人事のようにみており、何の影響もないように思っている人も多いはずです。実はトランプが大統領になることによって日本へたくさんの影響があるのです。

トランプの過激な政策

1番有名なのはメキシコとの間に壁を作るというもの。アメリカでは不法移民が増加し、本来のアメリカ国民の労働を奪っていると言われます。不法移民は低賃金労働をすることで、アメリカ国民がその労働を出来ない環境をつくり出しており、そのために壁を作るつもりです。その他にもたくさんの政策があり、日本への影響が大きいものがあります。日本国民が黙っていられない政策を紹介します。

在日米軍を撤退させる

日本に米軍が駐留していることは有名です。特に沖縄では大きな敷地があり、多くの米兵がいます。トランプは在日米軍を撤退させることを公約に掲げており、無駄遣いをやめるつもりのようです。日本側も反対しているイメージが強いので、両国にメリットがあるのでは・・・と考える人もいるでしょうがそれは違います。まず、米軍駐留のための資金の70%を日本側が負担しています。逆に考えれば、アメリカが30%を負担しています。トランプはアメリカの負担を50%と勘違いしていますが、それは別にしても「日本を守るためにお金を出すのはおかしい」と考えているようです。その考えはわからないわけではありません。米兵の犯罪は後を絶たず、またオスプレイなども危険なため、沖縄県は撤退に賛成しています。しかし、日本全体で考えれば非常にマズイです。日本はアジアであまり好かれているとはいえません。特に韓国・中国からは反日の声も多いです。日本への観光客も多いですが、考え方を変えない人々も少なくありません。そして最も危険なのが北朝鮮です。核武装していますし、いつミサイルが落ちてくるか分かりません。日本の法律では迎撃が出来ない可能性もあり、米軍は必要です。


在日米軍

https://mapsontheweb.zoom-maps.com/post/121264833673/a-map-showing-the-area-that-us-military-basses

在日米軍

沖縄はかなりの敷地を米軍が持っていますね。

TPP離脱

TPP離脱問題も大きな影響を与えるとみられます。直接的なものではありませんが、日本はいつもアメリカの言う事に従っている印象で、アメリカが離脱すれば日本も・・・という可能性はあります。TPPは経済連携協定で、関税が撤廃し輸出が増大すると言われています。海外から安い農作物が流入するので、打撃を受ける面もありますが、グローバル化を発展させていく中では重要な協定です。GDPも増え、日本経済が動くことは間違いありません。日本もTPP妥結へ向かっていましたが、元々はアメリカが言い出したこと。安倍首相もクリントンが大統領になると予想してTPP加盟に乗っかったはずです。国会で可決される寸前でアメリカがTPP離脱を発表し、日本もどうすればいいかわからない状況でしょう。もしTPP離脱を日本も発表することになれば、TPPは消え去るかもしれません。

TPP交渉参加国

http://www.myeyestokyo.jp/51463

TPP交渉参加国

経済効果

トランプが大統領優勢となった時点で株価が大暴落。日経平均株価の前日比が1000円になったことも。次の日に一応戻ったように思われましたが、今のところは様子見という感じですね。ただ、トランプも経済対策には力を入れるつもりらしく、停滞しているアメリカ経済を立て直すようです。日本にも少なくない影響はあると思うので、日本の経済にも良い風が吹くかもしれません。

暗殺されるかも・・・

アメリカ大統領の歴史といえば暗殺の歴史です。リンカーンに始まり、ケネディなども暗殺されました。どの人もアメリカに大きな影響を与えた大統領です。そういった人はある一定層から憎まれることが多く、銃社会のアメリカでは殺される危険があります。トランプもアメリカの歴史に名を残すほど大きなことを成し遂げようとしています。不動産王から大統領など誰でもできることではありません。と同時にメディアで批判されているとおり、反対する人も多いです。もしかしたら、あまりのトランプのあまりの過激ぶりに暗殺されることだってあります。どこにいくにも気をつけなければなりませんね。側近に家族をたくさん任命しているので、トランプ一家がアメリカを牛耳るのではないかと不安に思う人がおり、今後の動きによりいっそう注目が集まります。日本にも大きな影響を与えることは確実なので、日本人も注視した方がいいでしょう。



ページトップへ