デヴィ夫人に「ウザい」「嫌い」の声…嫌われる理由は思想や性格にあり!?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バラエティ番組でお茶の間に笑いを湧き起こすことがあるデヴィ夫人。体を張っている姿が面白いとの声がたくさんありますが、中には「ウザい」「嫌い」との声も多いようです。ではなぜデヴィ夫人は多くの人に嫌われてしまうのでしょうか?

体を張ってバラエティに参戦するデヴィ夫人

デヴィ夫人(デヴィスカルノ)と言えば、2020年には80歳になるのにも関わらず、体を張ってバラエティ番組に出演している姿が印象的ですよね。

特に、出川哲朗とともに出演している『〜謎解き冒険バラエティ〜世界の果てまでイッテQ!』でおバカなことをやったり、『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』で髪を燃やしている姿は印象深いです。

そんなバラエティ番組に積極的に参加して、お茶の間を笑いを誘っているデヴィ夫人ですが、実は意外にも嫌われているようで「ウザい!」「嫌い!」との声が多い模様です。

では、なぜデヴィ夫人は嫌われているのでしょうか?

デヴィ夫人にウザい!嫌われる理由とは?

ここではデヴィ夫人の嫌いの声が多い理由をご紹介します。

デヴィ夫人が嫌われる理由(1)デマを流したことがある

デヴィ夫人はバラエティ番組で見せる姿は好印象ではあるものの、デヴィ夫人の考え方やブログなどでの印象はあまりよくないようです。

特にデヴィ夫人の印象を著しく悪くなったきっかけが、2011年に起きた「大津市中2いじめ自殺事件」をブログで取り上げたときでした。

デヴィ夫人は2012年7月10日にブログにて、大津市中2いじめ自殺事件の記事を投稿しました。記事内にはいじめたとされる生徒や家族の実名含めた個人情報や顔写真などが掲載されていたのです。

しかし、実はデヴィ夫人が掲載した写真は、事件とは無関係の赤の他人であり、読者からデマを指摘されたことで一部内容と写真が取り下げられました。

その後、Ameba Blog側で運営よって記事そのものが観覧禁止となったものの、実名部分をイニシャルで表記して再び観覧できる状態にいして公開しました。

デヴィ夫人は記事内に「ネットで検索するといろいろな情報が出てくるので、みなさんもネットでいろいろ調べてみたください」との旨の文章を添えていました。

しかし、デヴィ夫人が参照したのは恐らく「大津自殺事件のまとめwiki」であり、まとめwikiに掲載されている文章がそのまま引用されている部分が多々見つかりました。

まとめwiki自体、信ぴょう性がゼロというわけではなく、各所から集めた情報が掲載されているため、事件の全容を把握する分には有効なサイトではありますが、誰でも編集することができるため取材等をきちんと行っているメディアと比較すると信ぴょう性が落ちてしまいます。

中にはデマが掲載されていることもあり、デヴィ夫人もデマを鵜呑みにして多くの人に拡散してしまいました。

影響力がある人であるのにも関わらず、軽率な行動によってデマを拡散させたことは、株を著しく下げてしまっても仕方のない行為だったでしょう。

デヴィ夫人が嫌われる理由(2)過激な発言が多い

2016年12月に放送された『胸いっぱいサミット!』にて、今年、最も関西オンナに嫌われた女性有名人は誰だ!?」という企画が放送されました。

当時、19位にランクインしたのが『とんねるずのみなさんのおかげでした』の発言で炎上した広瀬すずでした。

広瀬すずは照明スタッフに対して「どうして照明になろうと思ったんだろう」、音声スタッフに対して「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?」と思ったり、コインランドリーの利用者に対しても「どうして洗濯機を買わないんだろう?」と思うと発言しました。

この広瀬すずの発言は蔑視とも取れると大炎上。これを聞いて出演者のデヴィ夫人が激怒!


男性出演者に向かって「こんな小憎らしいこと言う人、あなたたち可愛いですか?」と言い放ち、さらに「こんな子は抹殺しちゃっていいと思います」と過激な発言まで飛び出す事態に…。

もともとデヴィ夫人は毒舌で相手をバッサリ切り捨てることで有名なので、デヴィ夫人の過激な発言はSNSで大きく盛り上がりました。

しかし一方で広瀬すずファンは大激怒。デヴィ夫人を批判する人が続出し、エスカレートした挙げ句、デヴィ夫人の過去のスキャンダルを持ち出して拡散する広瀬すずファンも現れる始末になりました。

また、デヴィ夫人はほかにも過激な発言をしています。

2014年11月にイスラム過激派のISILに拘束されたジャーナリストの後藤健二に対し、不謹慎ではあると前置きした上で「いっそ自決してほしいと言いたい。」と発言しました。

そもそも後藤健二は日本政府に渡航中止を打診していたのにも関わらず、渡航した挙げ句に構想されたので、デヴィ夫人の発言に賛同する声も少なくありませんでした。

しかし、人に対して「早く死ね」と言っているような発言は、やはりいい印象にはならないようで、アンチが増える結果となりました。

デヴィ夫人が嫌われる理由(3)空気が読めない…

デヴィ夫人は自分を貫き通し、いつでもマイペースな印象があります。

それはデヴィ夫人の長所であり面白い部分でもあるのですが、空気が読めない用に見える短所にもなる部分でもあるのです。

特に、無意識で失礼な発言をしてしまうことが多く、最近でもやらかしていた模様です。

放送はされていませんが、内村光良がMCを務めるバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』に出演した際に、内村光良に対しデヴィ夫人は「あなた略奪愛なんでしょ?」と言い出し、一瞬だけ会場を微妙な空気にしたそうです。

たしかに内村光良は当時テレビ朝日アナウンサーだった徳永有美と不倫したのちに結婚をしたため、事実ではあるものの15年も前の話であり時効もいいところ。

「芸能界イチの視聴率男」と言われる内村光良に対し、デヴィ夫人の空気の読めない発言は、スタッフも凍りついたようです。

もちろん、すかさずゲスト出演していた陣内智則が「やめろ~」とツッコんで笑いをとり、内村光良自身も気にしていない様子だったため、空気が著しく悪くなることはありませんでしたが、デヴィ夫人の空気の読めない発言は、ときに製作者側をもざわつかける結果となってしまうこともあるのです。

<こちらもオススメ>

「逮捕歴がある意外な芸能人」1位はデヴィ夫人!紅白歌手も!

まとめ

バラエティ番組で見るデヴィ夫人は楽しそうで、あまり悪い印象を抱きませんが、デヴィ夫人には「ウザい」「嫌い」との声が多いだけあって、意外と嫌われる理由がたくさんあるようです。

確かに知れば知るほど印象は悪くなっていきますが、バラエティ番組では本物の笑顔を見せていると思うので、面白い部分は素直に評価するべきでしょう。



ページトップへ