ディーンフジオカが映画『結婚』で詐欺師に!内容、あらすじは?

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気が止まらないディーンフジオカ(36)が、6月に公開される自身が主演を務める映画『結婚』で結婚詐欺師を演じる。ディーン・フジオカの今までとは全く違った役柄に挑戦で新たな一面が見れること間違いなしの今作。気になる内容は??

映画『結婚』

今や日本の正統派イケメンの代表格と言っても過言でない人気俳優・ディーンフジオカ(36)が今年17年の6月に公開される映画『結婚』で今までのディーンのイメージとは全く異なる数々の女性を騙していく結婚詐欺師を演じる。そしてつい先日、その映画のビジュアルポスターが公開されたので、映画の紹介やディーン・フジオカの近況まで紹介したいと思います!

今作の原作は作者の井上荒野の父の井上光晴が1982年に発表した小説『結婚』(新潮社)のオマージュ作品でもあり、また主題歌の「Permanent Vacation」は、ディーン本人が歌、作詞作曲とすべて担当している。

via google imghp

あらすじ

日本の各地にたった一人の男を忘れられない女性たちがいた。

年齢も職業もビジュアルもさまざまな女たちを虜にし、結婚の話を持ちかけ近づき、女性たちを翻弄していく詐欺師こそディーン演じる古海健児。

古海はエッセイストや空間デザイナーなどとあらゆる職業に変えながら女性たちに結婚を匂わせてそして金銭をだまし取る詐欺を続けていた。

古海に騙された女は次々へと絶望し、そしてある女は古海を信じて待ち続けている。そのある女性とは。。。

結婚といういわば「魔物」に取りつかれて騙された女性たち、そこでは詐欺師の古海の隠された秘密や哀しみ、女たちの愛と切なさと儚さが交差していた。

みどころ

そして今作の見どころですが、やはりディーンフジオカがどういった言い回しや素振りで女性たちを口説いていくのかってのに限りますよね!

最近ではわりと女性ウケの良いキャラを演じることが多かったように感じるディーンですが、意外と今回のようなブラックなキャラもハマり役かもしれませんね!(笑)

また今作の結末は気になる方も多いと思いますが、最後に「えっ」と思うよな結末となっているそうですが、その「えっ」がどんなものになっているのかも気になりますね!

全体としては短い撮影期間でしたが、一つ一つのシーンがまるで象徴的な絵画の芸術作品に思えるような、そんなポエティックな世界観をみんなで作ってきた日々だったと思います。今回やらせていただいたウルミという結婚詐欺師の役ですが、世の中的には犯罪者でとんでもない悪い奴です。そんな彼のバックグラウンドが持つ負のスパイラルが、物語の中でどう変化していくのか。生きることは選び続ける事ならば、誰しもこのウルミとどこかで共感できる部分もあるんじゃないかと思います。撮影が終了し、今はこの役から離れるのが名残惜しいです。

【ディーンフジオカ 撮影終了時コメント】

ディーンフジオカのプロフィール

ディーンフジオカ プロフィール

【生年月日】1980/08/19
【出身地】福島県
【身長】180cm
【血液型】A型
【言語】日本語 / 英語 / 中国語 / インドネシア語via google imghpディーンフジオカといえば、スタイリッシュの一言で言い表せますよね!
ディーンは芸能界デビューする前の今から20年前に第10回ジュノンボーイコンテストに出場(最終選考まで進出)し、それから、高校卒業後、花粉症で悩み海外に移住し、2004年に香港のクラブでラップを披露していたところを雑誌編集者にスカウトされ、香港を拠点にモデルとして芸能界デビュー。


それから2年後、縁あって台湾での俳優業をはじめ、さまざまなドラマや映画に出演。2008年に台湾で放送されたディーンが主人公に恋する「花男」の花沢類的なメインキャラを演じたドラマ『笑うハナに恋きたる』は台湾で大ヒットし、その後、台湾のみならず日本をはじめ、アジア各国で放送された。

2013年には日本映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』で監督・主演・主題歌の全てを務めた。当時この映画が映像化されビジュアルも見たことがありましたが、今回調べて見るまで全くディーン・フジオカだって気づかないくらい雰囲気が違いますね!

映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』でのディーン

via google imghpそして、2015年には夏クールのフジテレビ系ドラマ『探偵の探偵』に日本の連続ドラマに初のレギュラー出演し、同年9月からはみなさんご存知の朝ドラ『あさが来た』で五代友厚を演じ、一気に知名度を上げ〝五代様ブーム〟を起こしましたね。

また先日には、第三子が誕生しましたね!ディーンジュニアも親に似て美形に育つんでしょうか??

そして、ディーンは今年17年12月にも公開予定の話題作『鋼の錬金術師』にも出演していますが、コチラも目が離せませんね!

ディーンフジオカの嫁もすごい!?

ディーンといえば、インドネシア人の奥さんがいることはご存知の方も多いと思いますが、少し気になってみたので掘り下げてみました!

名前はバニーナ・アメーリア・ハイダヤットで、年齢はディーンの2つ上と姉さん女房なんですね。また、ウワサでは、社長令嬢でかなりのセレブ育ちのディーン嫁。

ニックネームが「ジャカルタの虎」と意味などはよくわかりませんが、とにかく色んな意味で強そうですね(笑)

出会いのきっかけは、2008年頃に台湾のディナーで出会い、そこで運命を感じ、4年の交際期間を経て結婚。

via google imghpそしてここから驚くのが、先日発売された週刊誌によると、ディーンに二十歳の子供がいるという記事が!

実はこの記事、ディーンに隠し子がいるというものではなく、ディーンの嫁が18歳のときに出産した子供がいるというもの。また、結婚歴に関してはあまり詳しくは書かれていないので、もしかしたら未婚の母だったかもしれませんね。

現在二十歳のお子さんはインドネシアに住んでるとのことで、家族での集まりにも来るそうなのでディーンと会ったこともあるんでしょうか。

それにしても、子持ちでディーン・フジオカと結婚できるなんてだいぶやり手の匂いがしますね(笑)

しかしディーンは現在単身日本で生活し、家族はインドネシアで暮らしいて、最近では仕事が忙しくてあまり、家族に会えていないとのこと。仕事が少し落ち着き家族に会ったらまた新たなオフショットが見れるかもしれないですね!



ページトップへ