チャングンソクは親日家ではなく反日?日本の女性が嫌いって本当?

韓流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本のバラエティー番組などでも活躍しているチャングンソク。とても日本語が上手なのですが、その一方で「チャングンソクは反日」と言われることもあるようです。そこで今回はチャングンソクの反日疑惑を過去の言動と共に調査してみましょう!

日本でも大人気のチャングンソク

チャングンソクは韓国の俳優であり、アーティストとしても活躍しています。

6歳の頃に子供服のモデルとしてデビューし、子役として活動をスタート。

父親が事業に失敗したため借金を追い、その返済のために子役時代から働いていたことでも有名です。

その後、数多くのドラマに出演し日本では韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」や「美男ですね」で知名度をアップ!

またアーティストとしても活動しており、ユニークな性格と流暢な日本語で日本でも人気を集めています。

チャングンソクは反日で日本の女性が嫌いって本当?

チャングンソクは2011年に日本でデビューシングルを発売し、日本での活動を本格的にスタート。

2018年には韓国男子として入隊もしており、2020年に除隊。

その間もずっと日本での人気をキープし続けていますが、一方では反日と噂されています。

早速、チャングンソクの過去の言動から反日疑惑を調査していきましょう。

日の丸の上に座っているチャングンソク

チャングンソクは「日の丸の上に座った」と言われ、その結果「日本を侮辱している反日家」と言われるようになりました。

この映像は日本の「Shufoo!」のCMなのですが、真っ白い背景に赤いイスが置かれており、そこにチャングンソクが座っています。

しかし、よく考えてみるとCMでも雑誌の撮影でもこのような色の配置はよくあるパターンで、白と赤の組み合わせ=日の丸と連想する方の方が少ないはず。

またCMの中でも反日発言をしておらず、そもそも反日家の方を日本の企業が堂々と広告モデルに採用することはありません。

そのため「日の丸の上に座った」というのは、反韓感情を持っている方々の偏見であり、これだけの映像でチャングンソクが反日とは言い切れないことが分かります。

ちなみにこのイスは木村拓哉さんも撮影で座っているほど、世界的に有名な一流の高級イスなんだそうですよ。

「日本の女性が嫌い」と発言

チャングンソクさんは「日本の女性は嫌い」と発言したことで、反日と噂されています。

これは今から10年以上前の2011年のことで、日本で行われた写真集発売記念の記者会見での出来事。

この会見の中でチャングンソクさんは「日本の女性は嫌い」と発言しましたが、これには続きがあり「嘘…大好き♡」と語っています。

チャングンソクさんのキャラクターを知っている方ならお気づきかと思いますが、チャングンソクは昔から“ツンデレキャラ”なのでこのような発言は日常茶飯事。

そのため、この発言はチャングンソクのユニークな性格を表したものであり、反日とは考えることができません。

そもそも本当の反日家だとしたら日本に来ることすら嫌なはずなので、写真集を発売し記者会見まで行いませんね。

チャングンソクは親日家?気になる親日エピソードをご紹介!

根拠のない理由で反日家と言われてしまったチャングンソクさんですが、チャングンソクさんのファンはもちろん、韓国俳優や韓国アイドル好きの方の間で「チャングンソクさんは親日家」として知られています。

ここからはチャングンソクさんが親日家と分かるエピソードをご紹介しましょう!

日本語を学んでいる

View this post on Instagram

A post shared by 장근석 Jang Keun-suk (@_asia_prince_jks)

チャングンソクさんと言えば、流暢な日本語が特徴!

日本のバラエティー番組に出演する際、通訳さんがいないことも多いくらい日本語が得意なことで有名です。

元々、チャングンソクさんは日本のアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の大ファンであり、日本語を勉強。

その後、日本で芸能活動をするためにさらに勉強を続けたようです。

「日本で活動するなら日本語が話せて当然」という声もありそうですが、現在の韓国アイドルたちを見てみると…通訳さん頼りな方がほとんど!


そのため、チャングンソクさんのように両親が生粋の韓国人であっても、流暢に日本語を話せる方は本当の親日家だと言えます。

日本のファンのことを「うなぎ」と表現

チャングンソクさんはファンのことを「家族」だと考えており、日本のファンのことをとても大切にしています。

日本のファンたちを「うなぎ」と呼んでいるチャングンソクさんですが、その理由は「スタミナをもらえるから」!

日本語でそのまま「うなぎ」と呼んでいるのが特徴で、チャングンソクさんのファンはとても愛されていることが分かりますね。

東日本大震災で多額の寄付

2011年に発生した東日本大震災で、チャングンソクさんは多額の寄付を行っています。

震災直後、チャングンソクはハンガリーに滞在していましたが自身のSNS日本のファンたちにメッセージを送り続けました。

そして震災から6日後には「Don’t give up Japan」というメッセージと写真を投稿し、他の芸能人たちよりも早く日本赤十字社へ1,000万円を寄付。

その後「負けるな日本」というタグをつけた毛布5,000枚を被災地域に送り、さらに東日本大震災の被災者のためにチャリティーオークションを開催。

その収益金である1,012万円も日本赤十字社へ寄付しています。

また自身のコンサートでは募金箱も設置し、被災者支援を継続。

韓国アイドルや韓国俳優の中にも、東日本大震災において寄付をしてくれた方はとても多いですがチャングンソクさんの行動力は親日家ならではと言えますね。

自宅に日本の調味料がズラリ!

チャングンソクさんは料理をするのが大好きで、自宅の地下には大きなキッチンがあります。

ここで手の込んだ料理をすることも多く、先日日本のバラエティー番組でもその味を披露していました。

その際、キッチンの戸棚の中に日本の調味料が並んでいることが話題に!

醤油や出汁、ソースなど日本語のパッケージの調味料がたくさん並んでおり視聴者たちを驚かせました。

日本の反韓の方々が「キムチは食べない!」と言っているのと同じく、韓国でも本当の反日家は日本食を食べないのでチャングンソクさんは反日ではなく親日であることが分かりますね。

韓国芸能人に反日の人が多い理由は?

チャングンソクさんだけでなく、韓国の芸能人の中には強い反日感情を持っている反日家の方が多いと言われています。

しかし、実は芸能人だけに限ったことではなく一般人でも同じこと。

韓国では幼少期から「日本は悪い国」という教育をしており、今でも慰安婦問題などがたびたび話題になりますね。

そのため、特にご年配の方の中には反日家が多いのですが、10代から30代の世代の方には親日家が多いです。

政治や過去の問題に関してどちらの国が正しいとは言いませんが、すでに韓国の10代から30代の方は「学校で教えられたことが真実ではない」と気が付いている方も。

また今では世界中の文化を自由に楽しめるということもあり、ほとんどの方が「日本が好きなのと国同士の問題は別」と考えています。

日本でも韓国料理や韓国アイドルは好きでも、政治や国同士の問題になると韓国は嫌いという人が多いですよね?

その感覚と同じで韓国の方も日本に対して好きな部分と嫌いな部分を持っています。

メディアの中には、嫌いな部分や発言だけをピックアップして「あの芸能人は反日家」と批難することも多いので情報を鵜吞みにしないよう気をつけたいですね。

<こちらもおすすめ>

クォンナラの熱愛彼氏はイジョンソク?兵役中に破局の可能性は?

坂口健太郎の在日韓国人説の真相とは?韓国の兄弟の存在も…!?

まとめ

チャングンソクの反日疑惑を過去の言動と共に調査してみました。

先ほどご紹介したように、韓国では幼少期から「日本は悪い国」という教育を受けているため実際に反日感情を持っている方が多いのも事実です。

しかし、チャングンソクさんはあくまで「仕事のため」であったとしても、反日家には見えませんね。

逆に日本を大好きな親日家という印象が強く、だからこそ長い間日本で人気を維持し続けることができているはず!

今後もチャングンソクさんが日本のメディアに登場した際にはぜひ、温かい目で見守ってあげましょう。



ページトップへ