ジョニー・デップとアンバー・ハード離婚成立!

セレブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニー・デップとアンバー・ハードがついに離婚に至った。DV疑惑で揉めたが、最終的にはジョニー・デップが約7億円支払うということで落ち着いたようだ。離婚裁判は行わず、一応は「和解」で終わった。

離婚騒動が決着

ジョニー・デップとアンバー・ハードで繰り広げられた離婚騒動でしたが、裁判はせずに離婚が成立しました。アンバー・ハードがジョニー・デップからDVを受けていたとの告白により、離婚騒動が過熱。デップは否定しており、裁判へ向かう雰囲気が漂っていましたが、和解が成立しました。長かった離婚騒動もデップとハードの共同の声明文により、終止符が打たれました。

私たちの関係は激しく情熱的で、時々不安定なものでしたが、常に愛でつながっていました。どちらも経済的な利益のために虚偽の告発はしていません。肉体的、精神的に故意の危害は決してありませんでした

こう声明文でコメントしており、虚偽の告発はしていないとのことから、「DVはあった」ということを暗に認める形になっています。デップはハードに700万ドルを支払うことで合意し、和解しました。デップは裁判に持ち込みたくなかったのでしょうね。裁判前に急きょですから、やはりDVの証拠は事実だったのでしょうか、それとも虚偽だったのに不利だから諦めたのでしょうか。ジョニー・デップとアンバー・ハード

ジョニー・デップとアンバー・ハード

via google imghp

妥協したのはどっち?

文面上は和解という形をとり、裁判に行くほど憎み合ってはいないことになってはいますが、これは真実ではないでしょう。確実にどちらかが妥協したことは確実です。妥協したのはどちらなのでしょうか。

ジョニー・デップ

もしジョニー・デップが妥協しましょう。そうすると二つの説が出てきます。DVを本当にしたか、していないかです。していたとしたら、元パートナーや娘さえも味方にしたにもかかわらず、裁判に勝てないと思い、妥協したという説です。これが本当だとしたらデップは最低の人間となるでしょう。DVをしていたのに周りには嘘をつき続けたことになるからです。嘘をつき続けることが出来ず、和解を申し入れたのかもしれません。DVをしていないとしたら、デップの温情で妥協したと言う説です。DVをしていないのにもかかわらず、ハードに嘘をつかれてしまった。DVは離婚裁判からすると完全に不利なので、戦うのは当たり前です。色々な人を味方にするも、向こうが証拠を次々と出してくることもあり、デップが諦めたことになります。それに一応は一度妻となった女性ですから、多少の愛情は残っているでしょう。本当だったら裁判したかったのかもしれませんが、ハードの名誉のためにも譲った可能性もあります。

アンバー・ハード

アンバー・ハードが妥協したとすれば、これはひとつしかないでしょう。ここまで大規模な離婚騒動を巻き起こしたのだから愛情など残っているはずもありません。「自分が裁判で勝てなそうだから」の一択です。DVをされたと嘘をつき、慰謝料を巻き上げようとしたものの、まさかのデップの元パートナーの登場や世論の流れがいまいちだったことにより、勝てないと悟り、デップに和解を申し入れたという説です。もしこれが本当だとしたら、ハードはとんでもない悪女で、金のためにはなんでもする女性ということになります。


指を切断するほどのケンカ

ジョニー・デップはハードとのケンカで指を切断したことがあったそうです。結婚してから約一か月後に喧嘩があったとのことです。ハードは浮気癖があり、他の男と浮気していることにデップが腹を立てたそう。酒で酔っ払ったデップは色々なものを投げつけ、窓も割ったそうです。そのときに右手中指の先の方を切断してしまいました。デップはすぐに処置をせず、その切れた指にペンキをつけ、「ふしだらなアンバー」と書いたと言われています。処置が遅れたために指がくっつかず、手の皮膚を移植することによりなんとかくっついたようですが、よほど怒っていたのでしょうね。ふつう痛すぎてすぐに救急車を呼ぶはずです。このけがにより、デップの主演する映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最新作の撮影が遅れてしまったそうです。

パイレーツ・オブ・カリビアンの新作です。ウィル・ターナーが戻ってくるということで注目されています。via www.youtube.comこれほど怒っているということは、ハードのことがそれだけ好きだったということになります。ただ、ここで愛情はもう途切れている気がするので、先ほどの二番目の説の可能性は低くなるでしょうか。となれば、結局ジョニー・デップがDVをしたかしていないかにかかってきます。

DVは本当にあったのか?

これは一番悩ましいところです。実際、ハードは顔を殴られたとして青あざを作っていたので、初めはハードが優勢でした。しかし、異例中の異例ですが、デップの元パートナーが次々とコメントを出し、それぞれが「今まで殴られたことはなかった」と話していました。さらには娘も父親を擁護する発言をしていたことにより、デップのDVが本当か疑いがかかりました。デップは完全抗戦する構えで、裁判も辞さないことを明らかにしていました。それを考えれば、一番ありえそうなのは三つ目のハードの妥協ですね。裁判が不利になると感じてすぐに和解を選択したのでしょう。賢い選択ですが、よくデップは了承しましたね。愛情がないにしても裁判は辛いのでしょうか。700万ドルは日本円にして7億円超という破格の慰謝料をよく払いました。いくら金を持っていると言ってもすさまじいですね。ただ、ジョニー・デップはもっと財産を持っているはずなので、7億で済んだことを考えればデップの勝利ということになるのではないでしょうか。何人もの女性と結婚や交際をしているジョニー・デップですが、まだ次の結婚はあるのでしょうか。映画も楽しみですが、そちらも楽しみですね!

ふつうこういう反応になりますね



ページトップへ