話題のシリコンパフを徹底解説!スポンジとの違いや値段、種類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリコンスポンジやシリコンパフと呼ばれるシリコン素材のパフは、海外で大人気のメイクツールです。最近はInstagramでも見かけるように。そんなシリコンパフの魅力、価格、色や形、お手入れ、使い心地を徹底解説しちゃいます。

シリコンパフを含むシリコン素材はいま注目のアイテム!

シリコン素材のメイクツールといったら、シリコンチップでしょうか。雑誌VoCEの付録として”シリコンチップ”が人気になりました。”アイメイクの救世主”なんて呼ばれ方もしていました!

 

そんなシリコン素材のメイクツールに新しい仲間が注目を集めています。

それが、”シリコンパフ”です。そんなシリコンパフをスポットライトを当ててみました。

シリコンパフ(シリコンスポンジ)とは

海外で話題になっているメイクツール、シリコンパフ。

シリコンパフとは、シリコンとスポンジが合わさった造語で、メイクツールのパフのシリコン素材バージョンのことです。

シリコンパフ以外にシリコンスポンジとも呼ばれています。

 

シリコンパフは文字通りシリコン素材なので、パフが透明ってとこが新しいですよね。

シリコン素材のメイクツールは大注目のアイテムです。ネクストブレイク間違いなしのシリコンパフを徹底解析していきます。

シリコンパフの魅力は?

では、シリコンパフはなぜいま注目を集めているのか、シリコンパフの魅力についてご紹介します。

シリコンパフは薄付きでキレイな仕上がりに

シリコン素材なので、スポンジと違い、パフ自体に化粧品が必要以上に吸収されません。

 

スポンジだと量が少しでも多くなってしまうと、濃いメイク仕上がりになってしまいがち。

ですが、シリコンパフはその心配がありません。ナチュラルなキレイな仕上がりになりますよ。

シリコンパフは洗ってもすぐに使える

衛生上、パフは1週間に1度は洗ったほうがいいとされています。

スポンジのパフだと洗ってから乾かすのに時間がかかってしまって…使い捨てという方も中にはいるかもしれません。

 

ですが、シリコンパフは洗っても水分をティッシュなどで拭けばすぐに使うことができるんです!

半永久的に使えて経済的にも優しいなんてうれしいですよね♡

シリコンパフはクリーム状の化粧品に最適!

パフなので、ファンデーションはもちろん、BBクリームや乳液といったような美容液クリーム、クリームチーク、日焼け止めなど、クリームタイプの化粧品ならどんなものでも使うことができます。

 

クリームチークって指で塗ると少し赤くなりすぎちゃったりして大変なんですよね。

でも、シリコンパフを使えば、かんたんに薄付きでとてもナチュラルに仕上げることができるのです。

シリコンパフは細かい部分にまで上手く塗れる

シリコンは柔らかい素材なので、鼻などの細かいところにもフィットするんです。

鼻の周りとか細かいところまで均一にムラのないメイクができそうですよね。

 

シリコンパフは敏感肌でも使える

シリコンパフは科学的に安定しているものです。そして、肌に付けても人体への害はほとんどありません。

稀にシリコンアレルギーを持つ人もいますが、極稀であり、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

一方、スポンジにはラテックスを原料に使われていることが多く、人によってはラテックスに反応してアレルギーを起こしたり、接触皮膚炎などを起こしたりすることもあるようです。

シリコンパフのデメリットは?

シリコンパフはちょっとクセがあるツールなので、実際に使ってみたけどイマイチ…そんな声もあるようですよ。

なので、購入前にシリコンパフのデメリットをチェックしてみましょう!

シリコンパフは伸びにくい

シリコンパフでファンデーションなどを肌に塗っても伸びない。塗ってもぬるぬるするだけだし、よれて使いにくい。そんな声もあるようですね…。

 

価格や物によっても使いやすさなどが変わってくるのかもしれません。

また、スポンジのように吸収はしないわけですから、量は少なめに調節しないといけないなど、使い方や化粧品との相性にもよって、伸びが変わってくるようです。

でもこれは逆に言えば、化粧品の量を節約できるというメリットにもなっているんです。

ふつうのスポンジでは、化粧品が奥の方に浸み込んだままで、肌に乗らない無駄な部分をシリコンパフはカットできるのです。

シリコンパフは臭いがきつい

シリコンパフはシリコンの独特の臭いがきついという意見もあります。

シリコンという性質上、ほかの香りを染み込ませることも難しく、洗ってもなかなか臭いが落ちないのだそうです。

 

気になる人にとっては結構きつい問題ですね。

シリコンパフはムラになりやすい

シリコンパフで化粧品を塗ると、肌に密着せず、ムラができまくりという意見もあります。

細かな部分が塗れないのももちろんのこと、頬などの広い面積でも塗るとムラができるのだそうです。

化粧品によってはムラにならずに、綺麗に塗れることもあるようですが、シリコンパフとの相性を確かめるのって結構難しいですね。

ただ、実際にシリコンパフを使っている人のほとんどは、最終的には手でなじませるそうです。

シリコンパフの使用感が好きになれない

やはりずっと今まで使ってきたパフとシリコンパフでは使用感がかなり異なるので、抵抗を感じる人も少なくないようです。

 

ちなみに、使用感に違和感を感じるのは、もしかして裏表が逆なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、基本的に裏表は関係ないようです。

使用感が違うのを活かして、塗るものによって使い分ける人もいるそうですよ。

シリコンパフは摩擦が大きい

シリコンパフは従来のスポンジよりも、肌への摩擦が多少大きくなるようです。

スポンジのようにポンポンのせる感じではなく、シリコンがぺたぺたとお肌に吸い付いてきて、素早く乗せようとすると、ぺちぺちと肌に刺激や摩擦を与えてしまうようです。

 

もちろん、ちゃんと丁寧に優しくゆっくりと使うようにすれば、そこまで摩擦は気にならないようですが、使いこなすのには慣れが必要なようです。

シリコンパフ、結局は好き嫌い?

シリコンパフにもスポンジにも、それぞれのメリット、デメリットがあると思います。

肌なじみの良さや使い慣れているという意味ではスポンジに軍配が上がりますが、頻繁に洗うことが出来ないので不衛生になりがち。

一方シリコンではぬりごこちはイマイチだと感じても、簡単に洗えるというメリットがあるので衛生面では抜群。

あとはどちらも商品ごとに硬さや使用感が異なってくると思いますので、購入の際にはレビューなどを確認しておきたいですね。

自分にぴったりの商品を探していきましょう。

シリコンパフは人気はどこから?

シリコンパフの人気は、アメリカからなんです。MOLLY COSMETICSという海外のインディーズのコスメブランドが発売したところ、いまでは入荷待ち状態が続いているほどの人気ぶりに…。

そのため、このブランドのシリコンパフを手に入れるのは困難な状況が続いているそうです。

シリコンパフの色や形は?

シリコンパフの色や形で一般的なのが、透明で、平行四辺形でもひし形とも言えないちょっと斜めった四角形をしています。シンプルでいいですよね。

最近では、台湾や韓国でも、シリコンパフは人気急上昇らしく、カラーや柄などがついたシリコンパフが出ています。

シンプルなのもいいけれど、カラフルなシリコンパフはそれはそれで可愛いですよ!

また、シリコンパフは色や柄だけでなく、変わった形のも登場しています。おすすめはハートの形をしたシリコンパフです!日本テレビ系列の「ZIP」でも紹介されました。メイク道具がハート型だと朝からテンション上がっちゃいますよね。

 

ほかにも、こんな肉球付きや猫型のシリコンパフもあります!個性的でとてもかわいいですよね。

 

ほかにも、いろいろなカラーや形のシリコンパフが、続々と登場しているようです。


シリコンパフの価格は?

気になるのはやっぱり、お値段ですよね。

ブランド名がつく、つかないで少し差が出てきますが、安いものは1枚200円くらいから、高いものでも約1000円といったところでしょうか。

 

値段だけを聞くとパフにしてはちょっと高いんじゃない?と思った方もいると思います。ですが、繰り返し洗って使えて、スポンジみたいにボロボロにならないことを考えると安いのではないでしょうか。

ついに100円でシリコンパフが購入できるように!

ついに100円ショップでもシリコンパフの販売が開始されたようです。

 

しかも、形やカラーバリエーションが何種類かあるようなので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

また、形によっては柔らかさも違うようです。

形による使い勝手の違いはあるかもしれませんが、同じ形で同じ硬さなら、100円ショップのシリコンパフでも全然問題ないと思いますよ!

シリコンパフの使い心地は?

ファンデーションで使う場合は、ある程度の量でナチュラルメイクがキレイに出来るのでとてもいいですよ。

クリームチークの場合も、指でのせるより、自然な仕上がりになるのでおすすめです。

美容クリームは、顔全体に塗り忘れなく、ムラなく均等に塗ることができます。

 

ただし、クッションファンデだと上手くパフにつかないので、そこだけが難点…。

クッションファンデにも使えたら最強なのにとも思いますが、それ以外なら、基本、スポンジタイプのパフと同じような使い方で十分、キレイなメイクをすることが出来ます。

シリコンパフのおすすめの使い方

シリコンパフは、基本的にふつうのスポンジと同じような使い方でOK。

ですが、使用する化粧品によって使い方を変えるのがおすすめです。

たとえば、リキッドファンデーションの場合は、シリコンパフに直接乗せてしまうと、量を調節したり、ムラなく伸ばすのが難しくなるので、顔全体に点置きしてからシリコンパフを伸ばすのがおすすめです。

 

一方でクリームチークやコンシーラーなどは、シリコンパフに直接付けたほうが綺麗に仕上がります。

だいたい、顔全体に使うものは肌に置いてから、部分的に使うものはシリコンパフに直接付けるという感じに使うのがおすすめです。

綺麗に仕上げるならシリコンパフを軽くポンポン

ファンデーションなどを塗るときに伸ばしてなじませるだけという人も多いと思います。

シリコンパフを使うなら伸ばしたあとに軽くポンポンすることで、綺麗に仕上げることができます。

ファンデーションなど化粧品をシリコンパフで伸ばしたあと、しっかりなじませるように全体的に軽くポンポンしてみてください。

そうすると毛穴もしっかりカバーできて、化粧品によっては綺麗なツヤ肌に仕上がります。

さらに、メイクも崩れにくくなり、崩れ方も汚くないそうです。

なので、ぜひ、シリコンパフを使って綺麗に仕上げたい人は、最後に軽くポンポンしてみてくださいね!

シリコンパフのお手入れ方法は?

シリコンパフは洗って水気を取るだけ!

シリコンパフのお手入れは簡単!!洗って水気をとるだけ!!

中性洗剤でシリコンパフを傷つけない程度に洗って、水気を拭き取るだけでいいんです。

ほんとにこれだけで、長く使うことが出来るんです!!

クレンジングオイルでシリコンパフを洗うのはNG!

シリコンパフに付いた化粧品はクレンジングオイルを使えばよく落ちます。

しかし、シリコンパフにクレンジングオイルを使うと、よくすすいでも表面にオイルのぬるぬるした感じが残ってしまうことが多いです。

残ったオイルを流すには、石鹸や洗顔フォームなど、洗剤を使わなくてはならないので結局は二度手間になってしまうのです。

なので、シリコンパフを洗うときにクレンジングオイルを使うのはおすすめできません。

シリコンパフのSNSでの評価は?

では、ここでシリコンパフに対して、SNSではどのような反応や評価が投稿されているのか見てみましょう。

YouTuberは微妙な反応の人が多いんですね!

確かに今までのパフとは全く違うものが入ってきているわけです。

ちょっと試行錯誤してうまく使える方法を開拓していかねばならない部分もあるかもしれませんねー。

やはり人によって、さらに物によって使い心地や感想って変わってきますから自分で確かめてみなくてはですね!

シリコンパフの代用として使えるもの

SNSでの反応でもあった通り、シリコンパフってヒールなどで使う滑り止めに似ているんですよね。

その滑り止めをシリコンパフの代用として使われている方もいるようです。

こちらは実際にヒールのすべり止めをシリコンパフとして使っている動画です。

すでに100円ショップではシリコンパフの販売が開始されています。

しかし、店舗によっては販売されていませんし、手に入りにくい人もいると思います。

シリコンパフってどんなものなのか、本格的に購入する前に使用感などを試してみたい人は、100円ショップにも売っているこのようなアイテムで代用してみるのもいいかもしれません。

初心者向け初めてのメイク術!就活でも役立つ!!

世界中で大人気のカイリーコスメティック!日本でも買える?

小さい頃憧れた様な化粧品『PUPA』コスメ通販情報も!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本でも話題になること間違いなしで、海外からの注目がアツいメイクツール、シリコンパフを紹介してきました。

わたしも使っていますが、特にナチュラルメイクするには最強のメイクツールだと思います。

ファンデーションを薄く塗るのは意外と難しかったりしますからね!

化粧品も無駄なく使えるので経済的です。ぜひ、1度試してみてください。