新型コロナウイルス(武漢肺炎)の見分け方!初期症状や予防方法は?

デイリーニュース 最新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在世界中で流行中の新型コロナウイルス(武漢肺炎)の見分け方と、初期症状、予防方法をまとめてご紹介します。自分自身と周りの大切な人が感染しないために、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

新型コロナウイルス(武漢肺炎)と風邪の見分け方とは?

中国・武漢から始まった新型コロナウイルスによる肺炎。肺炎というと風邪のようなものだというイメージを抱く人が多いと思いますが、実は全くの別物です。

今回は新型コロナウイルス(武漢肺炎)の見分け方をご紹介します。まずは風邪と肺炎の違いからご紹介します。

風邪はほとんどがウイルスが原因で上気道に感染します。一方の肺炎は細菌によって上気道、下気道、肺胞まで感染が広がっている状態になっています。

そして今全世界を混乱に陥れている「新型コロナウイルス」は、通常の肺炎と異なりウイルス感染によって起こされる肺炎です。

なお、新型コロナウイルスによる肺炎と従来の細菌性の肺炎を見分けるのは難しいとされており、新型コロナウイルスの検査の前に肺炎と診断される例が多いようです。

新型コロナウイルス(武漢肺炎)の初期症状とは?

新型コロナウイルスか、それとも従来の肺炎なのか見分け方のひとつとして初期症状の違いが明らかになってきました。

もちろん初期症状は人によって異なるため一概に「これが新型コロナウイルスの初期症状です」と断言することはできませんが、現在確認されている症例だけでも頭に入れておくことをおすすめします。

では、新型コロナウイルスの代表的な初期症状をご紹介します。

結膜炎を起こすことがある

新型コロナウイルスに感染することで結膜炎を起こす可能性があると示唆されています。

しかし、結膜炎が発症した時点で新型コロナウイルスの陽性反応が出ることはほとんどないようです。

なお、新型コロナウイルスのそのほかの症状と同時に結膜炎が起こるケースや、陽性反応が出る前に起こるケースがある模様です。

また、眼科等では結膜炎の感染予防策について特殊な対策は示唆されていないため、眼科を受診する前に内科で検査するか新型コロナウイルスに関する相談窓口へ問い合わせることをおすすめします。

嗅覚や味覚に異常がある

新型コロナウイルス感染者から嗅覚や味覚の異常を訴える声が相次いでいます。

ただし、嗅覚や味覚の異常はインフルエンザや一般的な風邪でもよく見られる症状であるため、発熱や激しい咳、倦怠感などがなければ医療機関の受診を控えて2週間ほど不要不急の外出を控えて様子を見るようにと日本耳鼻咽喉科学会は呼びかけています。

なお、2週間経過しても嗅覚や味覚の異常が改善されず、なおかつほかに症状がない場合は耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。


また、37.5度以上の熱が4日以上続いている場合は、医療機関への受診前に国や自治体の窓口に相談するようにしましょう。

新型コロナウイルス(武漢肺炎)の予防方法は?

新型コロナウイルスは重症化しにくい、風邪のような感じだと言われていましたが、実際は重症化率が高く若者でも重症になる可能性は十分にあります。

なので大切なのは新型コロナウイルスに感染しないために予防をすることです。

そもそも新しいウイルスなので有効な薬もなければ、明確に症状を断言することも難しいです。未知のウイルスであるという点からも、命を守るなら予防をしっかりすることが大切です。

ここでは新型コロナウイルスの予防方法についてご紹介します。

マスクを必ず着用する

マスクでは完全に感染を予防できないとは言われていますが、咳やくしゃみによる飛沫感染を防ぐ上では高い効果を持っています。

こちらは正しいマスクの付け方を説明している動画です。この機会に1度目を通してみてください。

未だにマスクは手に入りにくい状態が続いていますが、飛沫感染を防ぐという点ではハンカチやガーゼなどで代用することも可能です。(厚生労働省からも代用は可能と発表されています。)

自分自身が新型コロナウイルスに感染した場合も、周りに感染させないためにマスクは必ず着用しましょう。

手洗いうがいをしっかり行う

風邪のほとんどがウイルス感染(旧型コロナウイルス)によるものであり、風邪予防の基本中の基本である手洗いうがいは新型コロナウイルスでも有効です。

正しい手洗いとうがいを行い、新型コロナウイルスへの感染リスクを減らしましょう。

不要不急の外出をしない

1番の新型コロナウイルス感染予防方法は「外出をしない」ことです。

新型コロナウイルスは症状が出る前の潜伏期間から周りに感染することが明らかになっています。そのため、街に無症状の感染者がいる可能性は十分にある上に、無症状の感染者と接触する可能性は誰にでもあります。

外出を控えるだけで感染のリスクを大幅に下げることができるため、不要不急の外出は自粛するようにしましょう。

なお、外出する必要がある場合は必ずマスクの着用と手洗いうがいをお忘れなく。

<こちらもオススメ>

キムヒョナが病気を告白!契約解除で自殺未遂が心配?現在は?

細木数子の現在が激痩せして別人に!病気や引退真相とは【画像】

藍井エイルの活動休止は黒歴史や病気が理由か!?復帰後の活躍は?

泉ピン子の首揺れは病気?パーキンソン病、本態性振戦の疑いも【動画】

坂口憲二が病気で活動休止…病名は?現在の仕事はコーヒーショップ!?

まとめ

新型コロナウイルス(武漢肺炎)の見分け方や初期症状、予防方法についてまとめてご紹介しました。

新型コロナウイルスについてはまだまだわからない部分が多いため、詳しく知りたい方は厚生労働省のホームページや医療機関や専門家による発表・記事などを確認すしてください。



ページトップへ