クローズアップ現代が転売屋とチケットキャンプ倒産望む?

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


NHK番組クローズアップ現代+で、チケット売買の転売ヤー特集が行われました。その中でも成長著しいチケット2次流通支援サイト『チケキャン』こと『チケットキャンプ』が名指しで取り上げられることになり・・・。

最近では、インターネットの革新的で便利なサイト、コンテンツが増える一方で法の穴をすり抜ける形で、悪逆非道なビジネスで搾取を行われることも多く見られています。
人の好意で搾取するビジネスもあれば、人を騙す事で搾取するビジネスがインターネット上ではまかり通っている。
そんな残虐非道な行為の一つをクローズアップ現代は特集していたのですが、それがチケット転売ヤーと言うチケットを高額に転売し定価よりも何十倍もする額で売ると言う行為を生業としている、言ってしまえば人道に反する売り方で生計を立てているのですが、クローズアップ現代では生計を立てるだけではなくあり得ないそして不正な手段で生計を立てていると言うのだ。
その中でチケットキャンプも取り上げられるのですが、それが明らかに敵対視するような形で取り上げられているのだからさぁ大変。

チケット転売ヤーは犯罪行為を平気でするやからだった・・・?

今回のクローズアップ現代+は最近のネットを利用して、不正にチケットを高額で転売する転売ヤーについて言及しているのですが、その際に皆さんが欲しくて欲しくて、仕方ないチケットの入手方法が明らかに普通ではない、というよりも犯罪行為をして転売するチケットを入手しているというのだ。
このような行為がまかり通ってしまうのは明らかにおかしく、高額で売るための行為のためならば悪魔に魂を売っていると言ってもいいのです。

その不正な入手方法ですが、1秒間に30回のアクセスを行うなど明らかにおかしな挙動をしていたり、自動でアカウントを大量作成したりなどその行いは既に不正アクセス防止法違反だと思われます。
更にこうもあっさり転売屋だけがチケットを買い占める事が可能なのかと言うところで、転売屋がチケット会社のサーバに仕込んだ不正プログラムのせいというのだ。
流石にここまで来てしまうと大問題にならざるをえないところではありますが。

こうして手に入れたチケットを我が物顔で「いけなくなったから10倍の定価で売ります」とチケット売買サイトに売りに出すのです。
買った即日にそんなことをする人間が大量に出るわけはなく明らかに転売屋の所業であります。

番組内で、そんな犯罪者の転売ヤーにも接触する事に成功したのですが、その言い訳が典型的な転売ヤーの言い訳で聞いてられない内容ですが一部を引用してみましょう。

via google imghp

「別にこれを本業にしているわけではない、ちょっと売っているだけであって」
「僕だけじゃない、他にやっている人もいるし」
「需要と供給のバランスが取れてるからやっている」
「欲しいなら高い金を出しても買えばいい」
「買いたい人がいるから成り立つ」


via google imghp以上が転売ヤーの言い訳集となります。
どうですか?人によっては腹の虫が収まらないのではないでしょうか?
更に元々アイドルファンだった方が転売ヤーとなってしまった理由が、高額なチケットを売れる事に味を占めてしまったからなのだと言い出しました。
これもふざけるんじゃ無い!と憤慨する人もいるかと思いますが、ファンでさえも高額チケットを売る行為に手を染めてしまう機会をこのチケット売買サイトが提供している。と言う事が非常に問題なのかもしれません。
このアイドルファンの女性は転売サイトの被害者の1人なのかもしれないなと思っていたのですが、なんと彼女は「行きたい気持ちは金で表せ」と発言したことによりもうこいつは悪魔に魂を売ったんだなと思わされました。
やはり転売ヤーは絶対悪なのだと確信しました。

音楽ファンの敵?転売サイト運営会社社長は自分達可愛さな発言ばかり?

via google imghpチケットキャンプの運営会社フンザのコメントでは「どうしても行けなくなった人が、チケットを譲れる場として機能している。消費者のニーズを満たす役割を果たしている」とコメントを残しています。
明らかに自分たちがやっている行いを無視しているのは明白で、明らかにこれは自分たちの会社の言い訳テンプレートのひとつなのだろうなと思わされました。
更にチケットキャンプは「法人のチケット売買支援」をしているのです。
そうなると明らかに「どうしても行けなくなった人が~」と言う部分と食い違っている結果になっていますよね?つまりはそういうことです。

更に同業他社となるチケットストリートの社長は「日本は自由な国だし、資本主義的でしっかりとその価格で商取引されているので無問題」と一蹴しています。
問題があるからこうして特集も組まれているわけですが、厚顔無恥甚だしい人なのですね。

その後USJは20人体制でチケットキャンプを監視するだけではなく、そのチケット番号を完全に特定すると無効化してしまう作業を延々としているのです。
こんな所にもしわ寄せが来てしまっているわけです。

チケットキャンプは転売ヤー支援サイトなのか

via google imghpチケットキャンプは現在、動き方として高額なチケットを販売出来る可能性があるグループを非常に推しており、特にジャニーズ系や宝塚や或いは韓流グループなどを中心に転売を促す事をしており、そして、チケットキャンプは法人でのチケット売買などをしており、独自サービスも提供しているのだとか。
彼らの言う、どうしても行けなくなってしまった人たちを手助けすると言う理念は大嘘で、転売行為をして彼らは収益を得ているのは間違いない、更に彼らは出来たばかりの会社なのにも関わらず、テレビCMも出来ている事から、転売ヤーとタッグを組んで収益を跳ね上げている可能性もあります。
これを見過ごすわけには行かないのじゃないでしょうか?
立ち上がり、悪の親玉でもチケットキャンプなどのチケット転売サイトを根絶やしに出来る法案を通す事が出来れば、通常通りにチケットの取得もできるでしょう。



ページトップへ