クラブW杯で大活躍のイケメン選手、柴崎岳に海外移籍の噂が!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

世界一のサッカークラブを決めるクラブW杯の決勝で開催国代表として参加した、Jリーグ王者の鹿島アントラーズと欧州王者のレアルマドリードと対戦し、柴崎岳が2得点の活躍を見せたことによって海外移籍の噂が飛び交っている。

12/18は奇跡を起こせたかも知れなかった

果敢に攻めたアントラーズ、自力に勝ったレアル

2016年12/18。
世界で最強のクラブを決めるクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝が横浜国際総合競技場.で行われ、鹿島アントラーズとレアルマドリードの多くの両サポーターとメディアで埋め尽くされた。
前評判はヨーロッパ王者のレアルマドリードが大差で勝利すると多くのフットボールファンは思っていただろう。しかし、蓋を開けてみれば鹿島が一時はリードする形となったことは世界中を驚愕させたに違いない。
その中で大きく光ったのはMFで鹿島の攻撃の中心である柴崎岳、DFの昌子と植田だろう。さらに言えばDFの西、MFの永木も目に留まる活躍をしていた。
中でもとりわけ目に見える結果を残したのは柴崎だ。少しなめられていたとはいえあのレアル相手に2ゴールの活躍をして優勝チームの活躍した選手に送られるトロフィーを柴崎が受け取るという異例の事態にも繋がった。
それだけ世界中が柴崎の受賞に文句のつけようがないくらいの活躍だったという賞賛の表れだったに違いない。
だが、忘れてはいけないのが後ろで失点しないように世界一とも絶賛されBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド)を抑えDFとGKの存在だ。今回のクラブW杯にベイルは怪我のため帯同できなかったが、それでも強力なベンチメンバーを活かして戦力が落ちない布陣を組んできたのだからコレこそ評価されるべきことなのではないか?
特筆したのがCBの2人、植田と昌子。この2人の守備能力は世界でも通用するのではとDF不足の日本代表の監督ハリルホジッチは思ったに違いない。
昌子はクリスティアーノ・ロナウドの攻撃を再三防ぎ、植田はベンゼマをしっかりとマークしていた。
結果的にはクリスティアーノにハットトリックを決められてしまったが、その全てに昌子や植田が絡んでいた訳では無いところを考えるといい具合に防いでいたのではないだろうか?
前半はモドリッチのミドルシュートの跳ね返りをきっちり押し込んだベンゼマが上手かった。DFラインが揃っていればオフサイドに出来ただけに悔やまれる。
鹿島に課題があるとすればボールを奪ってからの早い仕掛けとプレッシングのスピードだろう。レアルは戦術がカウンターということもあり、相手からボールを奪ってから短い手数でゴールまで運んで決定機をモノにするために奪ってからの攻守の切り替えが早い。
そして、プレスも相手にボールが渡った瞬間、真後ろにいるくらいの感覚でプレスをするから相手は焦ってミスを連発してしまう。
鹿島はカウンターという戦術では無いがここの部分を向上させていけばもっとレアルと渡り合えてもしかしたら優勝していたかもしれない。

では、どんな試合だったかを振り返ってみよう。

鹿島VSレアル クラブW杯 ハイライト

via www.youtube.com前半の最初にベンゼマが押し込んだ時にはレアルが追加点を大量に獲るのではないかと思えたが、昌子と植田が攻撃陣をなんとか押さえ込んでいた。
そして前半終了間際、柴崎のシュートがレアルのゴールネットを揺らし同点に追いつく。これはレアルのDF5番ヴァランが最後柴崎に身体を寄せきれていないことが失点の原因だろう。だが、柴崎のシュートコースもよくGKも反応しずらかったに違いない。

本来、鹿島としては後半に同点に追いついて逆転して勢いのまま勝利したかったはずだが、ハーフタイム寸前に追いつくことによってレアルのかかりきらないエンジンを全開にしてしまった。
しかし、コレでゴールラッシュを期待されたレアルだったが後半最初に得点を奪ったのはまたしても柴崎だ。
1人ペナルティーエリアの少し前でボールを受け、ニアサイドへと寄って振り抜いたボールはGKのニアサイドに突き刺さった。
まさかのレアル相手に2-1の構図を作ったのだ。日本人だけのスタメンがレアル相手に渡り合うなんて日本だけではなく、世界のフットボールファンが歓喜し、驚愕したに違いない。
このシュートはレアルのキャプテン、セルヒオ・ラモスがスライディングで止めなければならないところを足を出すだけに留めてしまったのが原因だった。
そこから火が付いたレアルは怒涛の反撃に転じ、クリスティアーノを中心として攻め込みPKを獲得。左隅に強力なシュートを決める。
このコースにあの速さのボールを蹴られるところが信じられない。体幹を常日頃から鍛えてなければ出来ない芸当だ。その後延長線に入り、鹿島の選手に疲れが見えた一瞬のスキを逃さずクリスティアーノが決める。さらにクリスティアーノが追加点を獲りハットトリックの活躍を見せた。

最終的に4-2となってしまったが世界のフットボールファンが鹿島にジャイアントキリングを期待したに違いないだろう。

クリスティアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチに並ぶ柴崎岳

コラ画像にしか見えない(笑)ひとつ紹介しておきたいのが、右にいるルカ・モドリッチだ。
モドリッチはクロアチア代表のMF。強力なミドルシュートと絶妙なラストパス、相手に囲まれても打開できる足元の技術の攻撃的MFに必要な要素を兼ね揃えているクロアチアの至宝。
このモドリッチを最後抑え込めなかったのが悔やまれる。それだけモドリッチが素晴らしい選手ということになる。

2得点の柴崎岳に海外メディアがこぞって注目している!

CWC決勝の大一番でレアル・マドリーから2ゴールを奪った鹿島の柴崎岳に対して、早くもスペインメディアも注目。『MARCA』が彼は何者か?と記事を展開している。
18日、FIFAクラブ・ワールドカップ決勝で、レアル・マドリーvs鹿島の試合はレアル・マドリーの勝利で決着した。


しかし、この試合で2ゴールを決めた鹿島の柴崎岳に対し、スペインメディア『MARCA』が驚きの内容で伝えている。

同メディアでは「柴崎、新たなスターには200万ユーロの価値」の見出しで、柴崎を紹介。200万ユーロと言えば現在のレートで2億5000万円ほどの価値。レアル・マドリーから2ゴールを奪うほどの選手が、アジアのクラブでは2億5000万円ほどの市場価値(Transfermarktによると)と見られていることに、衝撃を受けているようだ。

また、先日の会見で柴崎が発した言葉「日本がさらにヨーロッパのような高いレベルに達するにはさらに10年要するかもしれないが」という柴崎のコメントを添え、レアル・マドリーから2ゴールを奪った柴崎のインパクトを強調している。

この様に、アジアには多くのスターの原石となる選手が安く市場に出ていることに驚く海外メディアも多い。
だから、多くの候補選手を日本で視察して自国のリーグに取り入れようとする動きが活発化している。そんな中で、今回海外メディアとクラブが目を付けたのは若く結果を残した柴崎、昌子、植田だろう。柴崎に関し
てはイギリスのメディアが日本のイニエスタ(バルセロナ)と評するくらいインパクトが強かったようだ。

レアル・マドリー戦で2ゴールを挙げ、鮮烈な印象を残した鹿島MF柴崎に全世界から注目が集まっている。

FIFAクラブワールドカップ決勝戦という大舞台で結果を残した鹿島アントラーズMF柴崎岳に全世界から熱視線が注がれている。イギリス紙『サン』も特集している。

鹿島は18日、CWC決勝戦でレアル・マドリーと対戦。カリム・ベンゼマのゴールで先制されながら、柴崎の2ゴールで一時は逆転。延長戦の末、2-4で敗れたが、レアル・マドリーをギリギリまで追い詰めた。また、柴崎の鮮烈な2ゴールはスペイン紙にも大きく報じられたが、イギリス方面もざわつかせている。

柴崎の経歴を紹介しながら、“日本のアンドレス・イニエスタ”として大きく伝えている。ショートパスやミドルシュートを得意としながら、イニエスタのようなピンポイントのパスで2016年は11アシストを記録したと紹介している。

24歳で鹿島の10番を背負い、海外へ行くきっかけをつかんだとも言える柴崎。次の話題は行き先がどこになるのかといったことに移っていくかもしれない。

クラブW杯後、柴崎の評価がうなぎのぼりしている。さらには昌子も1対1の強さを見せつけ柴崎と共に冬の移籍市場の目玉になるとされている。
柴崎と昌子は共に24歳で今後の活躍が期待される年齢だ。どこのリーグに行くかなどは具体的に出されていないし、本人たちが移籍を決断するかも分からない。

だが、個人的ではあるが柴崎、昌子、植田が挑戦すべきリーグを選んでみたい。

鹿島アントラーズ DF昌子&植田

植田直通

まずは植田。
植田はまだ22歳と若いからか、度々裏を取られたりクリアが甘くなるが空中戦や競り合いには強いということから最初はドイツのブンデスリーガでプレー、もしくは守備の国であるイタリアセリエAに挑戦していけば、日本人にフィットしやすいドイツもプレースタイル。どうやったら裏を取られず、ファールの少ない守備が出来るかを教え込まれるイタリア。
この2ヶ国でプレーすのが植田には望ましい。

昌子源

昌子は何と言っても1対1の強さが持ち味だ。身長は182と決して大きくはないがヘディングの能力や競り合いは他の高身長DFと見比べても遜色ない。この持ち合いを活かして挑戦してもらいたいのが世界一身体の当たりが激しいと言われるイングランドのプレミアリーグだ。
このリーグには日本代表のDF吉田麻也がいるが現在は試合に出られない状況が続いている。決して日本人DFには優しくない環境だがそんな中で揉まれることによって個の能力がついてくると思える。

柴崎岳

イエメンパサーとして知られる柴崎は本来パサーとしての能力が高いが最近では自らゴールに向かっていく闘争心が芽生えてきている。そんな柴崎はスペインのリーガ・エスパニョーラかイングランドのプレミアリーグに移籍して欲しい。
もちろん、優勝を狙えるクラブに移籍すれば話題にはなるが選手層が厚すぎるため出場はおろか、ベンチ入りすら難しいことが多々ある。
それを考えれば中堅クラブに移籍してリーグに慣れてから強豪クラブに移籍するのも悪くない考えだ。リーガならエスパニョーラ、プレミアならエバートンなど中堅クラブでしのぎを削り、最高の対戦相手と対峙して成長していけば必ず自身の成長に繋がる。
だが、そんな柴崎の弱点が日本代表にも呼ばれない原因になっているという。
それは、守備意識の甘さ。
普通、MFといえば攻撃時には前線に走っていってパスを出す。ピンチの時にはDFと協力して相手からボールを奪うなど攻守の切り替えが早くなければいけないポジション。
だが、何故か日本代表での柴崎は守備意識が散漫してしまう。日曜のクラブW杯でも何度か甘い守備があった。ここを克服しないと日本代表のレギュラーは難しいだろう。今の時代はFWでさえ守備をする時代になったのだから。今後、そんな柴崎や昌子、植田がどこでどの様に活躍していくか注目していきたい。
果たして冬の移籍市場でどこがこの選手らを獲得できるのか?


ページトップへ