キングオブコント2017、審査員に批判殺到

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キングオブコントロゴ

コント日本一を決める大会「キングオブコント2017」が2017/10/01に放送され、その審査員を務めた松本人志らの採点基準に批判が殺到しています。大会の結果と共に、なぜ批判を受けているのかをご紹介いたします。

審査員に批判殺到

今年で開催10年目となったコント日本一を決める大会「キングオブコント」決勝戦の模様が先週日曜日、TBS系列にて生放送されました。今大会の審査員を務めたのは昨年同様、ダウンタウンの松本人志、さまぁ~ずの三村マサカズと大竹一樹、バナナマンの設楽統と日村勇紀の5人です。しかし今回この5人の審査員による採点に対し、批判が殺到する事態に。なぜ批判されてしまったのか、実際の結果とともに振り返ってみていきましょう。

審査員

via google imghp

キングオブコント2017結果

今回、批判を受けることとなったキングオブコント2017の結果がこちら。

KOC結果

via google imghp

見事、10代目キングに輝いたのは「かまいたち」でした。しかし、かまいたちの優勝よりも話題を掻っ攫ってしまったのが今大会の台風の目となった「にゃんこスター」。結成5か月目にしての決勝進出は史上最速、アンゴラ村長の年齢が23歳で史上最年少と本番前から話題になっていました。本番ではこれまでにない斬新なコントを披露し、審査員たちは軒並み高得点をつけ、見事ファーストステージ1位通過を果たします。

しかしこのにゃんこスターが披露した斬新なネタというのが、かなり賛否の別れるネタだったため、高得点を付けた審査員たちに対し批判が殺到する形となりました。Twitterでの反応を少しだけご紹介。

にゃんこスターは面白くないというアンチがいるようですが、彼らは準決勝の会場でも相当ウケて、この決勝の舞台に勝ち上がってきました。決勝の舞台でも会場の空気を全部持っていき、見事高得点を叩き出せたのは、審査員たちもついつい笑ってしまったからなのではないでしょうか。お笑いは結局、面白ければ勝ちなのです。

「笑い」をつくる要素として「緊張と緩和」というものがあります。緊張が緩和された瞬間に人は笑ってしまうというものです。今回のにゃんこスターはこの緊張と緩和をコントの中ではなく、大会全体を通してつくり上げたのが勝因だと感じました。一年に一度の芸人たちが本気で挑むこの大会の緊張感は計り知れず、そのなかに生まれたにゃんこスターの「ゆるさ」が大きな笑いを生んだのでしょう。

にゃんこスター

via google imghp


しかし、この審査を批判したくなる気持ちも分かります。たしかにウケていたし、三村の言う通りもう一回見たいネタなのかもしれませんが、果たしてあれを日本一のコントと評価しても良いのでしょうか。はっきり言って松本と三村の97点は異常ですね。にゃんこスターのようなネタをキングオブコントで高く評価してしまったら、正直言って、賞レースをやる意味がなくなってしまうのではと思います。

あの類のネタであれば、テレビのオーディションで受かり、賞レースに出なくともテレビに出れたことでしょう。そして今回のこの審査を受け、賞レース優勝を目標にしてきた芸人たちが、結局売れるにはああいうのをやらないとなんだなと落胆したはずです。ということは確実に今後のネタのクオリティーはどんどん下がっていくことでしょう。この審査結果により、キングオブコントの大会の士気がさがってしまったのは言うまでもありません。実際、かまいたちの優勝が決まった瞬間、あぁにゃんこスターが優勝しなくてよかったと思いましたからww

キングオブコント

via google imghp

キングオブコント2017で気になった点

ここから先は今大会で気になった点を書いていきたいと思います。まずはトップバッターのわらふぢなるおの点数が低い点です。毎回トップバッターに対しては低い点数が付く傾向にありますが、今回はあんなにクオリティの高いネタを全員が80点台と非常に納得のいかない結果となりました。わらふぢなるおよりアンガールズの方が点数が高いのがはっきり言って意味がわかりません(笑)また、わらふぢなるおの平場での堂々としたボケっぷりにも関心しました。

つづいてジャングルポケットについて。披露したネタは2本とも非常にクオリティが高いコントでしたが、1本目のネタはロッチの試着室とバイきんぐのなんて日だのネタを足して2で割ったつくり、2本目は昨年優勝のライスのネタを真似したつくりでしたね。ちなみに太田は悔しさのあまり全身にじんましんが出てしまったそうなので、よっぽど今大会にかけていたことがわかります。これに対し太田は「猫アレルギーですかね」とコメントしているため、かまいたちが優勝したよりも、自分が本気で作ったネタがにゃんこスターのふざけたネタに負けてしまったということが相当くやしかったのでしょう。でもジャンポケのネタ、作家が作っているような気もしますけどねw

かまいたちは1本目も2本目もさすがでした。とにかく上手い!の一言です。ネタの作りも上手い、ツッコミもボケも上手い。その上ちゃんとウケていましたから。文句なしの優勝です。「ふくらむスクラム」で期待されながらも売れることが出来なかったかまいたちが、よくここまで頑張った!にゃんこスターにもっていかれてしまったのが、なんともかわいそう。

準決勝でウケたから決勝に上がれたんだなと期待していたアンガールズにはがっかりでした。あのクオリティで決勝にしかもファイナルステージで2本目のネタをやったことが許せません。このネタにこんな点数を付ける審査員、どうかしてます。わらふぢなるおに2本目のネタをやらせてあげたかった…。アンガールズめ、貴重な若手の枠をそんなネタごときで削ってんじゃねぇよ。と、思いました。

パーパーに関しては完全にネタの選択ミスですね。もっと面白いネタいくらでもあるのに。もったいない。さらば青春の光もしかりです。1本目が終わり、あれ?今回さらばの優勝あるぞ!とお笑いファンはみな、期待していました。しかし2本目で有名なネタをもってくるという。設楽も見たことあるって言ってましたからね。完全に置きに言った感じですね。いやー、正直さらばには攻めてもらいたかった。残念。

そしてこの緊張感をいい意味でぶっ壊したのがにゃんこスター。どこの事務所にも所属せず、フリーで挑んだキングオブコントで見事準優勝。その後すぐ、ワタナベエンターテインメントからお声がかかり、所属が決まったそうです。さすがナベプロ。今売れっ子のブルゾンも池崎も平野ノラもみんなナベプロですからね。でも今大会ではナベプロ枠としてアンガールズが出ちゃうくらいですから、賞レースで結果を残しているコンビがナベプロは欲しかったんでしょうね。

アキナは単純ににゃんこスターのあとでご愁傷さまでした。GAG少年楽団もネタ選択ミスですね。もっと他に面白いやつあります。良い台本を作ろうとするあまり、3人のキャラが死んでしまっていましたから、考え直した方がよさそうですね。

ゾフィーはお母さんのことを飯と呼ぶ少年のコントに対しネット上で批判を喰らっていました。今回も出ましたBPO問題。これだからテレビが面白くなくなっていくんですよ。そもそもこのくらいで文句言ってるやつはキングオブコント見るなと言いたいですね。またこのネタの後に「お母さんは飯じゃなんで」と発言した三村もどうかと思いますね。最近さまぁ~ずをあまりテレビで見かけないので、好感度アップのためかな?と思ってしまいました。それに対して、にゃんこスターのネタが終わった後の設楽の冷静なコメントはとても優秀でした。さすが帯を持っている人はちがうなと。

今大会を通して、審査員と審査方法は変えたほうが良いと思いました。審査員はさんま、ナイナイ岡村、ウッチャン、大吉先生、バカリズム、東京03飯塚、ロバート秋山、バナナマン設楽あたりでお願いしたいです。大御所ばかりで古臭い銀シャリを優勝にしてしまうM-1もどうかとは思いますが、キングオブコントの審査員は好みが偏り過ぎています。審査員の人数を増やし、ネタも全組2本披露させるようにしてもらいたいものです。

お笑い

via google imghp

 

 

 

 

 


ページトップへ