キャプテン翼が舞台化!キャストは?

イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー漫画界の頂点に君臨するキャプテン翼。絶対に再現できないと言われていたマンガがついに最新技術をもって完全再現をするようだ。EBIKENのダンスにVRをかけ合わせれば無限の可能性!?

キャプテン翼が舞台化

子どもたちを魅了し続けてきたお化けマンガが舞台化決定しました。まだ野球全盛の時代に新しいスポーツとしてサッカーを普及させたとも言われます。その中で最も子どもたちの話題となり、人気の理由となったひとつがスーパープレー。現実離れしたスーパープレーは再現不可能と言われてきました。2017年の今、技術の発展がマンガのプレーを再現させることに成功しました。

@renaitodoke)さんの投稿

超体感ステージ 「キャプテン翼」via google imghp

キャプテン翼

キャプテン翼が始まったのは1981年。まだサッカーがメジャースポーツとなっていない時代です。高橋陽一はこの漫画を連載させると、瞬く間に人気が急上昇し、不動のサッカー漫画となりました。今でもその影響力はすごく、現在の日本プロサッカー選手は誰もが読んでいたマンガといっても過言ではありません。日本だけでなく、海外でもアニメが放送させるなど、世界的に人気となった作品です。主人公の大空翼の活躍と成長を描いており、小学生時代から詳しく描写されています。どんどん成長するに従って、大空翼以外のキャラクターを主人公にしたスピンオフ作品も出ています。また、連載終了となっても続編の連載を始めたりと、2017年2月現在も連載を続けています。

キャプテン翼

via google imghpキャプテン翼がすごいと言われる理由はその影響力です。中田英寿選手をはじめとした日本トッププレイヤーはキャプテン翼を読んだことをきっかけにしてサッカーを始めました。また海外でも、ジダン、イニエスタ、シャビ、トッティ、カカらもファンだそうです。サッカーファンではなくても知っている有名選手までもファンにするマンガはこれくらいしかないでしょう。翼は現実に存在するスペイン有名クラブへ移籍しましたが、そのライバルクラブが実際に抗議したとも伝えられるなど、現実世界でも問題を起こしてしまうほどでした。キャプテン翼は子どもたちに多大な影響を与えましたが、虜にしたもののひとつが前述したスーパープレーです。スーパープレーが異次元であるため、現実ではほとんど真似できず、実写化も困難でした。それがついに舞台化されるとなり、「実写化じゃなくて舞台はもっと無理でしょ!?」と驚きの声も少なくありません。

最新技術とダンスのコラボレーション

VR等の最新デジタル技術を使い、スーパープレーを再現します。映像ではなく舞台ともなると大変さが増すでしょうね。演劇に最新技術を導入するのは初の試みらしいので、完成度も未知数です。VRを使えば何でも可能と言われていますが、可能と自然とは異なります。できるだけ不自然さを出さないような工夫が必要になってきますね。そして注目すべきなのがダンスです。総合演出はなんとEBIKENこと蛯名健一。世界的なダンスパフォーマーとして有名です。アメリカのオーディション番組で優勝するなどたくさんの優勝経験があり、『アメリカズ・ゴット・タレント』では賞金100万ドルを獲得しています。こんな人が演出とは本当に豪華です。

蛯名健一

via google imghpしかしいくらVRとEBIKENのコラボレーションといっても、キャプテン翼でおなじみの「スカイラブ・ハリケーン」を再現することは出来るのでしょうか。「スカイラブ・ハリケーン」はキャプテン翼に登場する立花兄弟の必殺技です。1人が地面に仰向けになり、その曲げた脚にもう一人が乗っかり、その反動でジャンプし、空中でシュートする技です。これを非常に多くの人が真似しようとしましたが、できませんでした。人間が出来る技ではありません。

via www.youtube.comマンガやアニメでしかできませんね。これをVRを使ってできるようにしてほしいです。子どもたちの夢を舞台出会っても叶えることができれば面白いと思います。この時の子供となると、もうだいぶ年取っていると思いますが。他にもありえないプレーが溢れており、見てみたい人は多いはずです。

気になるキャストは?

現在キャストは決まっていません。後日発表となっています。誰がキャストをするのか気になるところです。大空翼の中学生や高校生くらいを演じるとしたら若い人がするのでしょうか。舞台となると、有名な俳優がするのか、オーディション等で無名な俳優を発掘するのか分かりませんね。少なくとも、VRを使用するとしてもダンスをしなければならないので、基礎のダンスができる人が選ばれるとは思いますね。SNSでは批判も多いですが、何事も始まりはあるので、このチャレンジを素直に喜びたいですね。舞台は2017年8月18日~9月3日に公演予定です。夏休みということでぜひ子どもたちには観に行ってほしいです。

VRなら出来ると信じています!

そこだけは妥協して下さい・・・。


ページトップへ