多部未華子、舞台オーランドーのあらすじは?

イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多部未華子が、舞台オーランドーで、男性と女性を演じることになった。どんな役か。オーランドーの内容は。舞台の公演日や多部未華子の役柄履歴など。気になる共演者キャストの情報も載せております。

多部未華子の一人二役に注目

舞台オーランドーに出演が決まっている多部未華子ですが、一人二役に挑戦することが発表されました。多部未華子が演じるのはオーランドー役で、美少年が美少女に変わるという役です。一人二役ですが、実際演じるのは一人の人物で、その中でも恐らく変わるであろう人格の違いなどをどう演じるのか、気になりますね。

変化後のオーランドー(多部未華子)

すごい衣装ですね。via google imghp

オーランドー(原作)のあらすじ

貴族の息子として生まれたオーランドーは母に溺愛されて贅沢に育ちました。女王である母が亡くなってから、オーランドーは恋に落ちます。お相手の名前はサーシャ。ある日オーランドーはサーシャに裏切られてします。悲しいねえ。裏切られて傷ついたオーランドーは、詩を書くことに専念する。有名な詩人達と交流を楽しんでいたが挫折。その後トルコ大使となって働くが、暴動で7日間も昏睡状態に陥る。目覚めたオーランドーはあらビックリ。体が女性になっていた。あったものがなくなり、無かったものがあったのだ。その後はなぜかジプシーと密かに暮らすのだが、贅沢に育ったためそれも限界に。イギリスへ変えることにした。最初は自分が女性になったことが嫌だったが、自分に恋する人が現れたり、そういう人と関わる中で、自分が女性であることに嫌気を感じなくなっていった。そしてなんと詩集で成功し、女性として余生を過ごすのであった。

オーランドー

色鮮やかなのか奇抜なのかvia google imghp

キャスト、共演者

小芝風花

魔女と宅急便のキキの声の人です。オスカープロモーション所属で、大きな舞台はこれで2回めの様子です。ウィキペディアによると、2015年に夕陽伝という舞台に出演しています。これを機に、また知名度も上がるかもしれませんね。

@fuka_koshiba_official)さんの投稿

小芝風花

グラビア結構やってるみたいです。via google imghp

戸次重幸

大泉洋がメンバーの一員である、TEAMNACSという5人組の演劇ユニットの一員です。TEAMNACS自体は北海道で結成したグループで、全国へ出る時は、提携しているアミューズがすべてを手がけるという形にしているそうです。TEAMNACSにはメンバーカラーがあって、戸次重幸は赤色でした。ちなみに大泉洋は黄色。

戸次重幸

via google imghp小芝風花 戸次重幸 池田鉄洋 野間口徹 小日向文世

池田鉄洋

役者だけでなく、脚本と演出もしてらっしゃいます。舞台TAROURASHIMAの脚本が有名です。レミオロメンの3月9日のPVに花婿役で出演していて、自身の結婚式はそれもあって3月9日にされたそうです。

@iketetsu)さんの投稿

野間口徹

最近の映画だと、キセキ-あの日のソビト-に売野役で出演されています。個性派俳優としても有名ですよね。個人的には、ブラッディマンディで気味の悪い役をしていたのが印象的でした。


@hitricco)さんの投稿

野間口徹

via google imghp

小日向文世

なんと小日向文世さん、47歳までは事務所に借金をするほどの仕事の少なさだたそう。三谷幸喜演出の舞台『オケピ!』に出演できたのが、フジテレビのプロデューサーに見つけてもらえたのが、運の周りどころで、そのプロデューサーに、木村拓哉主演のHEROに出さしてもらえたことがキッカケで、今の知名度まで上がったそうです。少し抜けた感じが良いですよね。コメントも可愛いんです。オーランドーでもコメントを出されていますが、とても可愛いです。小日向文世の可愛いコメント

小日向文世の可愛いコメント

なんか可愛いんですよねえ。via google imghp

原作

多部未華子が、コメントで難しいお話という風に言っていますが、これの原作を書いたヴァージニアウルフの作品の中では、比較的に読みやすい作品のようです。ヴァージニアウルフの元恋人をモデルに書いているそうなので、どこか真実味のあるシーンがあるかもしれませんね。もちろんフィクションですが。

舞台を見る前に下調べ

舞台を見る前に。オーランドーは原作自体が、難しい作品だそうです。私もハムレットを見たことがありますが、話しが分からなすぎてすごく白目になりました。最近のお話だと色んな人が理解しやすいようにと考えてあるし比較的分かりやすいかと思います。しかし、原作が昔の作品はもうもう私のような勉強してない人間には難しすぎて、せっかくの舞台を楽しく見れない状況に陥ってしまいがちですよね。ですから、難しいとわかっている作品ならば、下調べしてから行くのも良いのかもしれません。

オーランドーの場合は、原作の本が今でも売ってあるようです。しかも安い。ネットでも注文して買うことが出来るようなので、これはオススメですね。

オーランドー原作

ちくま文庫ですね。いつもちくわ文庫って読んでしまう。via google imghp

期待ポイント

やはり、多部未華子のお芝居が気になりますよね。美少年が美少女に変わるところとか、女性であることを受け入れるようになる、気持ちの変化があるところとか。すごく非日常的な異国の出来事を、どう演じるのかすごく観たいところですね。

よく見ると決まっているキャストも異色揃い。なんかすごくカラフルな舞台になりそうな気がしてやまないです。シリアスなシーンはあるのでしょうか。コメディチックなシーンは。めっちゃありそう。観劇が趣味の人にはたまらない舞台かもしれませんね。

オーランドーキャスト

異色ですね。via google imghp

まとめ

KAAT×パルコプロデュース公演オーランドーの公演は9月23日土曜日から。東京、神奈川、長野、兵庫で公演されます。チケット等、詳しい情報は公式ホームページをご覧くださいませ。

異色メンツが勢揃いのキャストに多部未華子の一人二役。オーランドーに期待ですね。


ページトップへ