オーランドブルーム出演、パイレーツシリーズとは?来日でカリブの海賊に

セレブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーランドブルーム出演のパイレーツシリーズをまとめてご紹介します!さらに、オーランドブルームが来日の際に東京ディズニーランドでカリブの海賊に乗車した様子も、画像とともにお届けまします。

オーランドブルーム、TDLで「カリブの海賊」に乗車!

『パイレーツオブカリビアン』のウィルターナー役で知られるオーランドブルームが、2019年11月22日~11月24日まで行われた「東京コミコン2019」に出演しました。

オーランドブルームは大の親日家として知られており、今回は婚約者のケイティペリーと息子のフリンくんを連れて来日しました。オーランドブルームは、東京コミコン終了後も家族と日本に残り、観光を楽しんでいた模様です。

そして今回の来日で、オーランドブルームは都心の観光をひと通り楽しみ、東京ディズニーランドにも訪れました。

ディズニーランドで楽しむ様子は、オーランドブルームのInstagramにも投稿されており日本のファンの間でも話題になっています。

東京ディズニーランドにはさまざまなアトラクションがありますが、オーランドブルームが選んだのは自身が出演する『パイレーツオブカリビアン』の世界観を冒険することができることで知られる「カリブの海賊」でした。

「カリブの海賊」には『パイレーツオブカリビアン』のキャラクターも登場するのですが、ウィルターナー演じるオーランドブルームは、アトラクション内でジャックスパロウと再会したようです!

パイレーツシリーズファンとしてはなんだか感慨深いものがありますね!

オーランドブルームが出演するパイレーツシリーズは?

パイレーツシリーズでオーランドブルームが演じるウィルターナーは重要な登場人物のひとりでした。しかし実は、オーランドブルームはパイレーツシリーズの全作品に出演しているわけではありません。

では、オーランドブルームが出演したパイレーツシリーズについてご紹介します。

第1作『パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち』

『パイレーツオブカリビアン』の始まりである第1作の『パイレーツオブカリビアン/呪われた海賊たち』は2003年に公開されました。

オーランドブルーム演じるウィルターナーと主人公のジャックスパロウは、海賊船「ブラックパール号」を乗っ取ったヘクターバルボッサに捕まったエリザベスを助けるために「死の島」へ向かいます。

バルボッサ一味は「アステカの金貨」の呪いによって不死身の体となっており、呪いを解くには盗まれた金貨を全て戻した上で盗んだ人間の血を注ぐことが必要でした。

金貨を盗んだ最後のひとりは、ウィルターナーの父親であるビルターナーですが、エリザベスがターナーの名を偽っていたため、エリザベスの血を注いでも呪いは解けませんでした。

それを知ったバルボッサ一味はエリザベスを殺そうとしますが、そこにジャックスパロウとウィルターナーが現れます。

スリル満点の救出劇を描いた作品で、最後にウィルターナーとエリザベスが結ばれます。どのようにエリザベスを救出するのか、どんな展開でふたりが結ばれるのか、気になる方はぜひ見てみてください!

第2作『パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト』

オーランドブルームが出演するパイレーツシリーズの第2作目は、2006年に公開された『パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェスト』です。

前作から3年後、結婚式を目前に控えたウィルターナーとエリザベスは、ジャックスパロウに加担したことが原因で逮捕されてしまいます。

東インド貿易会社のベケット卿は、ジャックスパロウが持つ「北を指していないコンパス」を渡すことで釈放することを言い渡します。

一方のジャックスパロウは、バルボッサ一味からブラックパール号を取り返して船長に戻りました。

しかし、13年前にディヴィジョーンズと交わした「血の契約」によって、ブラックパール号の船長になる代わりに13年経過したらフライングダッチマン号の船員として働き続けなければならないことになっていました。

突然ジャックスパロウの前に現れたビルターナーが、契約の期限が迫っていることを告げます。はたしてジャックスパロウと、ウィルターナー、エリザベスの運命は…?

第3作『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』

第3作目『パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド』は、2007年に公開されました。実は2作目は前編にあたり、この作品は同時撮影された作品でした。

海賊長たちによる評議会の開催を知らされ、オーランドブルーム演じるウィルターナーは父親のビルターナーを救うため、ヘクターバルボッサはカリプソを解き放つため、ジャックスパロウは「ディヴィジョーンズの心臓を突き刺して永遠の命を手に入れるため、それぞれの思惑を秘めて評議会を目指しました。

そして、エリザベスとウィルターナーは、ブラックパール号とフライングダッチマン号の決戦に参戦。戦闘中にウィルターナーはエリザベスに求婚し、ヘクターバルボッサ立ち会いのもとで結婚の儀が行われます。

しかし、エリザベスとウィルターナーは戦闘で窮地に陥ることに…。そこに駆けつけたジャックスパロウは、手もとのディヴィジョーンズの心臓に折れた剣を突き刺そうと脅すものの、ディヴィジョーンズはウィルターナーを突き刺してしまったのです。

そこでジャックスパロウがとった行動と、ウィルターナーたちの運命とは…?

第4作には出演せず、第5作『パイレーツオブカリビアン/最後の海賊』で復帰!

オーランドブルーム演じるウィルターナーは、パイレーツシリーズで重要な登場人物でしたが、2011年に公開された第4作の『パイレーツオブカリビアン/生命の泉』には出演しませんでした。

理由は、ウィルターナーは第3作で握っていた剣でディヴィジョーンズの心臓を突き刺したことで、永遠の命を得た代わりに10年に1度しか陸に上がれない呪いをかけられたからです。

ジャックスパロウたちは第3作で不死身になれる「生命の水」を探しに行きました。第4作では「生命の水」を探す冒険を描いており、第5作目ではウィルターナーとエリザベスの息子・ヘンリーターナーがウィルターナーの呪いを解くための物語が描かれています。

第5作目でオーランドブルームは10年ぶりのパイレーツシリーズへの復帰でしたが、復帰すること自体は難しいことではなかったそうです。

オーランドブルームの息子もパイレーツシリーズが大好きだそうで、だからこそ、東京ディズニーランドに訪れたときも「カリブの海賊」を選んで乗車したのでしょう。

<こちらもオススメ>

【画像】全裸写真流出を元妻ミランダに警告【オーランド・ブルーム】

オーランドブルームとケイティペリーが破局!!原因は?

【画像】ジョニーデップ激痩せの理由は4億円超の支払い要求?離婚?病気?役作り?

ジョニーデップ浪費で破産寸前!?その原因がヤバい!

まとめ

オーランドブルームはパイレーツシリーズの全作に出演しているわけではありませんが、まだ見たことがない人はぜひ出演しなかった4作目も含め全作品を見てみてはいかがでしょうか?

第1作目は10年以上前の作品ではあるものの、完成度が高く、今見ても面白いと思います。年末年始や長期休暇中にぜひ見てみてくださいね!



ページトップへ