ウルトラジャパン2017お台場で開催!日程とチケット発売は?

イベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

日本のEDMファン達に朗報!夏の大人気EDMフェス、ウルトラジャパンが2017年も開催決定!もう日本では開催されないと思っていた!?そんなあなたに開催日程やチケット情報をお知らせ。

Ultra Music Festival とは?

via google imghpウルトラ・ミュージック・フェスティバルとは、世界三大ダンスミュージックフェスのひとつに数えられる都市型の巨大EDMフェスのひとつである。このウルトラミュージックフェスティバルは1998年から毎年本家であるマイアミをはじめとする世界の19の国と地域で開催されており、2017年で19年目を迎えるモンスターフェスだ。日本では毎年夏にお台場に特設ステージが設けられ3日間行われる。それがウルトラジャパンであり、日本のEDMブームの火付け役と言っても過言ではない。2016年の開催時は天候に恵まれなかったが、芸能人も多数目撃され過去最高である12万人を動員した。しかしこのウルトラジャパン、チケットは極めて入手困難であり、毎年早割りチケットは販売開始後にすぐに完売してしまう。ここまで人気の理由はやはりラインナップの豪華さ。毎年世界で活躍するトップDJからネクストブレイク必須な若手DJまでを網羅し、コアなファンをうならせる。

2017年も開催決定

#ウルトラジャパン #ultrajapan #お台場

Yuichiro Aikawaさん(@goodspeed1227)がシェアした投稿 –


via google imghpさてそんなウルトラジャパン、2014年の日本初上陸以来、毎年連続で開催され2016年も大成功のうちに終わった。しかし、2017年以降は開催されないという噂があった。その理由としては日本のEDMファンのマナーの悪さや、そもそもEDM自体が日本ではあまりメジャーではないなどが考えられていた。確かに、毎年イベント終了後の特設会場にはゴミが散乱し、喫煙スペース以外の場所での喫煙も目立っていた。入場する際にはセキュリティーによる身分証の提示や手荷物検査があるが、中に入ってしまえばまさに観客たちは野放し状態。運営側の責任だという声もあがっていたが、確実にひとりひとりのモラルの低さが原因であろう。もうひとつの理由はEDM自体が日本ではメジャーではないこと。今の日本ではEDMは主にナイトクラブでしか聴けないため、クラブに行かない人からしたらEDMを日常生活で耳にする機会はなく、ファン層が限られる。日本は世界の流行から取り残されているのだ。そのため当然世界的に有名なトップDJたちは日本でプレイするよりEDM先進国の北欧や南米でプレイした方がギャラもいい。要するにEDM後進国の日本にわざわざ来る必要もないという訳だ。そもそもウルトラジャパンは3年契約。以上のようなことから今後契約を更新しないのでは?と思われていた。公式ホームページでもいつもなら「See you next year!!」と書かれていたのに今回は「Thank U」の文字だけだった。しかし、多くのEDMファンが落胆していた中でこの2017年ウルトラジャパン開催決定のニュース。もちろん日本のファンは大喜び!EDMがなかなか浸透していかない日本のファンこそが、数少ないこういったダンスミュージックフェスを必要としているのだ。

開催日とチケット

#ウルトラジャパン #ultrajapan #お台場

Yuichiro Aikawaさん(@goodspeed1227)がシェアした投稿 –

via google imghpウルトラジャパン2017の開催日程は昨年と同様の9月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)の3日間。時間は11:00~21:00となっていて、今年もお台場に「TOKYO ODAIBA ULTRA PARK」を特設する。
チケットは今のところ、3日間通しのチケットが早割第1弾の先着先行で2月15日(水)22:00から17日(金)23:59の期間で販売される。値段は通常より¥4,000安い¥35,000で購入できるが、予定枚数に達し次第受付は終了するので早めの購入をおすすめする。第1弾でゲット出来なかった方は第2弾が24日(金)22:00から26日(日)23:59の期間で販売されるのでチャレンジしてみよう。ただし第2弾のチケットの値段は¥37,000と少しずつ高くなっていくのであまりお得感はなくなる。
なお、開催日当日の時点で満20歳に達していない人は購入出来ないので要注意。また、当日は入場の際に顔写真付き身分証の提示が求められるので忘れないように注意しよう。
VVIPや1日券のチケットは順次発表されていくので、公式のホームページやSNSから配信される情報を見逃さないようにしよう。

注目のラインナップ

via google imghpラインナップはまだ発表されていないが、例年と同様に開催日が近づくにつれ順次発表されていくだろう。2016年はリオオリンピックの閉会式でパフォーマンスをしたKygoや、年に一度の人気投票によって決められる「TOP 100 DJs」で2016年度の1位に選ばれたMartin Garrix、世界ナンバーワンDJとの呼び声高いHardwellが出演した。さらにはそのHardwellが師と仰ぐDJ界のレジェンド的存在のTiëstoが大トリを務めたことでも話題になり、豪華なラインナップであった。しかし2017年の4月には世界三大フェスのひとつであるEDC(Electric Daisy Carnival)も日本に初上陸し開催されることが決まっており、すでに豪華なラインナップが発表されている。ウルトラジャパンはこれに対抗し、さらに豪華なラインナップを引っさげて日本に帰ってきてくれることを期待したい。



ページトップへ