イモトアヤコ死の崖アイガー登頂成功も下山はヘリで?

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イッテQで数々の難題に挑戦し続けるイモトアヤコ。普通じゃ考えきれない洒落にならないレベルの事を成し遂げてきていますよね。今回死の崖といわれるアイガーを登り視聴率17.5%を叩き出し感動をよびました。

いままでテレビ番組の中で、さまざまな過酷な土地でのロケや難題に挑戦し、お茶の間の人気者となったワタナベエンターテイメント所属のお笑いタレントが、またもやってくれました。

イッテQ登山部再始動で死の崖へ挑戦?

@imotodesse)さんの投稿

珍獣ハンターという異名を持つお笑いタレント、イモトアヤコ。最近では女優としても活躍されていますね。世界の果てまでイッテQでは世界中を飛び回り、難題に挑んだり無茶な挑戦を続けています。

イモトアヤコの見事な筋肉

今まで様々な試練を乗り越えて来た見事な身体です。女性でこれほどまでの筋肉をつけるのは並大抵の努力では出来ないはず。無駄のない見事な身体ですね。番組ではグリズリーやコモドドラゴンといった珍獣とも対決をしています。世界中を探してもこんな根性のある女性はなかなかいないでしょう。
そんなイモトアヤコがイッテQ登山部で新たな山に挑戦しました。過去に登った山と共に振り返ってみたいと思います。

アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ

@imotodesseさんの投稿

キリマンジャロはアメリカ大陸の最高峰。標高4,895メートル。
山脈に属さない独立した山としては世界一の高さの山になります。
タンザニア北東部にあるこの山を登ったイモトは、しんどかったこととこの山に来たくて登頂できてホッとしたと、感無量だと語りました。

ヨーロッパアルプス最高峰モンブラン

@kinokobellさんの投稿

ヨーロッパアルプス、そして西ヨーロッパの最高峰モンブラン。
標高4,809メートル。フランスとイタリアの国境に位置する山となります。
山頂は厚い氷に覆われており標高が気候によって変動するため、計測が頻繁に行われています。この山の登頂は過酷だったようでイモトアヤコはバラエティーで行くところじゃないと感じたとコメントしていました。

南米最高峰アコンカグア(断念)

アンデス山脈にある南米最高峰の山アコンカグア。
標高6,962メートル。アジア以外の大陸での最高峰でもあります。
ノーマルルートであれば特別高度な登山技術は必要ありませんが、白い嵐という意味のビエト・ブランコというアンデス地方特有の悪天候に見舞われると困難を極めるため、実際の登頂成功者は3割程度だそう。イモトアヤコも最悪の条件が揃ってしまい断念する結果となってしまい、悔しさをあらわにしていました。

アルプス山脈に属するマッターホルン

山頂にスイスとイタリアの国境が通るアルプス山脈に属する山。
標高は4,478メートル。霊峰の為、登山家が登頂を成功させたのは他の山に比べると最近の事でした。
アコンカグアでのことがプレッシャーとなってイモトは不安だらけだったようですが、登り始めたら前だけを見てひたすら登り、そして山頂に到達したときがめちゃくちゃ気持ちいいと感動をあらわにしました。前だけを見るのではなく、弱い心に負けないように前しか見ない、そんなイモトはかっこいいですね。via google imghp

ヒマラヤ山脈に属するマナスル

ヒマラヤ山脈に属するネパールの山マナスル。
標高は8,163メートル。世界第8位の高さです。
サンスクリット語で精霊の山を意味する言葉が由来となっています。この山の初登頂は日本隊によって成功されています。
今までの登山とは違って顔を覆うマスクまでつけられていますね。この登山は過酷で不安で泣きそうなものだったとイモトは語ります。

マレーシア最高峰キナバル

ボルネオ島北部のマレーシア領にあるマレーシア最高峰の山キナバル。
標高は4,090メートル。
今回はイモトひとりではないですね。比較的苦ではない登山だったのでしょうか。なんだかいつもより余裕が見られます。

世界最高峰エベレスト(断念)

hashi84さん(@00hashi84)がシェアした投稿

ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山エベレスト。ネパール語のチョモランマでの名前もよく聞かれますね。
その標高は8,848メートル。遭難や崩落などでの事故は後を絶たず、2014年にはシェルパ16人が大規模雪崩で命を落としました。
メラピークを登頂し、順応を終えたタイミングで、ディレクターから言い渡されたチャレンジの終了。信じられないくらい悔しくて涙が出たそうです。

北アメリカ最高峰マッキンリー

アメリカのアラスカにある北アメリカ最高峰の山マッキンリー。
標高は6,168メートル。最近では先住民の呼び名であるデナリと呼ぶことも増えているそう。
この旅では、約1ヶ月間電気ガス水道、そして電波のない生活だったのが一番きつかったとイモトは語っていました。

死の崖アイガー

結愛さん(@yua_525)がシェアした投稿

アルプスの一峰でスイスを代表する山。
標高こそ3,970メートルと今までの山より低いですが、写真の北壁は1,800メートルのほぼ垂直な岩壁。世界最難関ルートに数えられるこの北壁のルートは登頂するのに熟練した登山家でも2日はかかるものとなっています。via 今回アイガーに登ることとなったイモトアヤコ。その様子はイッテQ2時間スペシャルで放送され17.5%という高視聴率で、視聴者を感動させました。
イモトが登ったのは危険な北壁ではなくアイガーの中では登頂成功率の高いルート。それでもとても困難を極めるものとなっており、道中いくつもの難題が降りかかってきました。


@hirari20)さんの投稿

 

@tomato191)さんの投稿

足のおける幅が50センチしかないナイフリッジ、200メートル程自分の体と言わばをロープなどで固定して安全確保をして進むフィックスロープが続くジャンダルム、その他にも様々な困難が待ち受けます。死と隣り合わせの恐怖か、動けなくなってしまうこともありました。
頂上へは多くの経験と体力と己に打ち勝つ力が必要なこの登頂に、イモトは見事成功します。

イモトの立ち向かい続ける姿に、多くの人が感動しました。

足がすくみますね。しかし、そんなイモトの登頂。帰りが頂上からヘリだったことが、一部批判をあびているようです。
ですがこの帰りはヘリというのは、なんらおかしいものでは無いのです。これは現地のガイドが提案したもので、下山の方がとても危険だからヘリにしろというものでした。スイスの山の下山というのは、基本的によっぽどのマニア以外はヘリを下山に使うのだそうです。

機材を持ちイモトを撮り続けるスタッフもものすごいですよね。イモトの登山には当然多くのスタッフがついていますが、その中でも撮影するスタッフはおそろしくすごいと思います。重たいカメラであんなにも素晴らしい映像を撮りながらの登山は並大抵の人にはできないですよね。それを考えると是非ともヘリに乗って、下山の危険はさけてほしいものです。

まだまだ世界にはK2などの難関な山が待ち受けてますが、これからもイモトの挑戦は続くのでしょうか。気になりますね。

実は熱烈な安室ファン

そんなイモトは、実は非常に熱烈な安室ファンなんですね。

10月15日に放送された『世界の果てまでイッテQ!2時間SP』で、引退を表明した安室奈美恵への熱い気持ちを叫びました。

この回ではイモトは「珍獣ハンターイモトワールドツアー inアメリカ」ということで、飛行機の上に自力でよじ登るチャレンジをしました。

しかしそのチャレンジの前に、安室引退のニュースを耳に。

そこでイモトは号泣してしまいました。

「安室ちゃんがいたから今までいっぱい頑張れたことがあった。最後は『ありがとう』という想いを込めて、引退されるまで全身全霊をかけて安室ちゃんを応援したい」

そして今回のチャレンジについては、これを頑張ることが安室奈美恵への応援の気持ちになればと思ってチャレンジすると決意。

「安室ちゃんのために飛びます!」と宣言したほどです。

そして

「もうずっとずっと好き。引退しようとしまいとずーっと好きです。私にとって安室奈美恵さんはヒーローです」

その決意を胸に、飛行機の上によじ登るイモト。

360度回転や急降下など、見事なまでのパフォーマンスを見せた。

チャレンジの最中にも「安室ちゃーん!」と何度も絶叫し、チャレンジ後には

「ずっと心の中に安室ちゃんがいた。安室ちゃんありがとう。できたよー! 見てるー? 安室ちゃーん!」「来年の9月16日まで全身全霊で応援したいと思います」

と、安室奈美恵への愛を見せつけました。

この愛の深さにはファンも感動。

もらい泣きする視聴者が後を絶ちませんでした。

ネット上では

「イモトの安室ちゃんへの思いに共感しすぎてまさかの号泣」

「イモトが安室ちゃんファンみんなの気持ちを代弁してくれたような感じでしたね」

「イモトはファンの鑑ですね」

「イモトの安室ちゃん愛が半端なくて、もらい号泣」

本物の、ファンとしての愛を知ることが出来た一件でした。



ページトップへ