イクメンオブザイヤー2017発表!イクメン芸能人の心得とは?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
授賞式

イクメンオブザイヤー2017が発表され、受賞されたイクメン芸能人たちが子育てについての悩みや心境、上手くいくための心得を語りました。

イクメンオブザイヤー2017発表!

2011年より毎年実施されている、著名人の中でその年に1番育児を楽しみ、頑張ったパパ=イクメンを表彰する「イクメンオブザイヤー」が今年も発表になりました。イクメンオブザイヤーは「実際に子どもを育てており、自身が育児を楽しんでいる事」「育児を頑張り、奥様にも愛情を注いでいる事」「テレビなどメディアの露出が多く、一般のファミリー層に好感度が高い事」などといった点をポイントに選考されています。

今回「イクメンオブザイヤー2017」の芸人部門を受賞したのはお笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(52)。2017年10月18日、田中は東京都内で行われた授賞式に出席しました。年齢が50歳を超えてからいきなり3児のパパになった田中は、なんとかなるという気持ちで子育ては頑張りすぎないのがコツだと語りました。

授賞式

via google imghp

田中は、2015年10月にタレントの山口もえ(40)と結婚しました。田中と山口はそれぞれが1度離婚を経験しており、お互い再婚となります。山口もえとその前夫の間には10歳の長女、6歳の長男がいます。そして2017年5月には、あらたに田中と山口もえの間に女児が誕生していました。

そんな田中はイクメンオブザイヤー表彰式内のトークショーにて、仕事と子育ての両立について「子育てはほとんどママが中心なので、夫はそれをどれだけサポートできるかだと思います。」と本年を漏らしつつも、「自分がどんなに夜遅くに帰ってきたとしても、いつも朝は起きて、子どもたちが学校に行くときには必ずいってらっしゃいという姿を見せています。」とパパらしい一面のエピソードトークを披露しました。

たなか

via google imghp

清水アキラのようにはならないように

あなたにとってのイクメンとは?との問いを記者から投げかけられると、田中は「なんとかなる!」との回答をしました。つづいて「僕の場合は50歳を過ぎてから突然、3人の子どもを育てることになったので、もちろんスタートの時点では戸惑うこともありました」といきなり3児の父親になった複雑な心境を吐露しました。


しかしそんな状況でも、「子育て、子育て、と意識しすぎてしまい、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃってなってしまうより、奥さんのもえがちゃんとやってくれているので、自分はそれを手伝うところからスタートしました。また、自分ができる範囲のなかでやってみることも大切。あとはみんな仲良くして、たくさんかわいがってあげていれば、なんとかなります。」という独自の子どもとの接し方で乗り切ったと話しました。しかし最後には「決して清水アキラさんのようにはならないようにしないとですね。」と爆笑問題お決まりのブラックジョークで会場を沸かせました。

via google imghp

イクメンオブザイヤー授賞式後の囲み取材では、田中自身の子育てについての悩みも飛び出します。「自分の目線が子どもと大して変わらないんです。」と、自身の身長が低いことで子どもと同じ目線で話せてしまうという良い点もあるが、「逆にたかいたかいをしても全然、高くならないです。これが子育て最大の問題です。ていうかもうすぐ抜かれてきちゃうだろうし。」と苦笑いを浮かべました。

つづいて記者に、子育てについて苦労する点はどこか聞かれた田中は「自分は悩んだりしないタイプなので、子育てをしていく上で、これはありとかこれはなしとか、そのたびにいちいち深く考えていたら、子育てなんてとてもやってはいけないと思う。あとは子育てを楽しむことだけですね。」と終始笑顔で子育てについて語りました。

爆笑田中と山口もえ

via google imghp

イクメンという言葉がなくなるのが理想的

また「やったじゃん!」と妻の山口もえからは祝福されたという田中。山口もえと前夫との子ども、長女と長男との関係も現在は良好だといいます。そんな状態だけあってか、「10年後も子どもたちには嫌われたくないですね。」と本音を漏らしました。「いま10歳ですから、2年も経てばパパきらいなんて言われてしまいそうな年ごろになってしまう。もうすでに、パパの枕はくさいと言われています。思春期を経て、20歳を過ぎても仲良しでいたいですね。そのためには、なるべくしつこくしないように、ある程度の距離感は保ちつつ、友達っぽいかんじでいたいです。」と子どもとの将来をイメージしていました。

そしてさいごには「イクメンオブザイヤー」は正直、いつも他人ごとだと思って見ていましたと苦笑いを浮かべ、「イクメン」ということばについては、「イクメンということばが最終的になくなるのが1番理想的ですね。決して、「イクママ」ということばはないわけですからね。そういう社会になればいいですね。」と語りました。今年度2017年の「イクメンオブザイヤー」は、スポーツ部門ではボクシングの山中慎介が、芸能部門では元プロ野球のマック鈴木氏が、キャラクター部門ではバカボンのパパが受賞しました。

イクメンオブザイヤー

via google imghp



ページトップへ