アキラ100%、裸芸失敗の放送事故でオファー激減か【動画】

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


裸芸でおなじみのアキラ100%が、2018年の元旦に生放送で失敗して股間を映してしまうという放送事故を起こしてしまいました。ここでは失敗した問題の放送事故の動画をご紹介します。

アキラ100%とは

アキラ100%は2016年の「R-1グランプリ」で準決勝まで残り、多くのファンを獲得したピンのお笑い芸人です。

2017年にはついに「R-1グランプリ」で優勝し、大ブレイクをはたしました。

アキラ100%がお笑い芸人として活動を始めたのは2005年です。
アキラ100%は40代なのでもっと芸歴が長いと思われていましたが、わりと芸人デビューは遅かったようです。

実はアキラ100%は芸人ではなくもともと俳優志望でした。そのため、芸人を始める前は俳優の椎名桔平の付き人をしていたそうです。

しかし、俳優として失敗ばかりが続き、最終的に自分に嫌気がさして、置手紙をして逃亡という形で椎名桔平の付き人を辞めてしまいました。

ちなみに椎名桔平自身はアキラ100%に対して怒ってはおらず、逆に芸人として売れたことを嬉しく思っているようで、アキラ100%に対して激励の言葉をかけていたそうです。

すっかり人気芸人となったアキラ100%ですが、2018年に出演した『爆笑ヒットパレード』の生放送で、裸芸を失敗するという放送事故を起こしてしまいました…。

せっかく売れたのに、もうテレビに出られないのではとの声も出る事態に…。

アキラ100%、失敗で股間が映る放送事故に

アキラ100%が裸芸を失敗したのは、2018年の元旦に生放送された『第51回爆笑ヒットパレード2018』です。

番組でアキラ100%はお正月っぽくシガーボックスで股間を隠し、かくし芸を披露する予定だったのですが、シガーボックスを落として失敗してしまったのです。

こちらが失敗したときの動画です。

ちなみに画像がこちら…。

完全にアキラ100%が50%くらい出てしまっています…。

ちなみに当時のTwitterはアキラ100%はトレンド入りして、アキラ100%の股間の大きさを議論したり、画像や動画が拡散されたりしていました(笑)

アキラ100%、失敗するもおばあちゃんから大絶賛!

アキラ100%は失敗して公共の電波に自分の股間を流してしまいました。

制作やスポンサー側からすればとんでもない放送事故なのですが、アキラ100%の失敗を見ていたとあるおばあちゃんから大絶賛されていたのです!


めちゃくちゃバズったそのツイートがこちら!

実際に、アキラ100%が50%になってしまった放送事故は、人に不快感を与えるような感じではなく、多くの人を笑顔にした放送事故でした。

その証拠に批判する声よりも、面白がっている声のほうが多かったのです。

また、前張りのない本当の裸芸をしていたことに対して賞賛の声も多く、裸芸が失敗したことで逆に好感度が上がるという謎の現象が起きました。

アキラ100%のオファーが激減…現実は厳しかった!

アキラ100%が裸芸を失敗して放送事故を起こしてしまいましたが、世間からの評価は上場で好感度が爆上がりしました。

しかし世間の人気とは裏腹に、アキラ100%へのオファーが2018年の春ごろから激減してしまったのです。

故意ではないとは言え陰部を晒す行為は犯罪にあたるケースがあるため、失敗するリスクがある以上、生放送でアキラ100%の裸芸を披露するのは危険であり、それ以降生放送に呼ばれることがほとんどなくなりました。

また、生放送以外の番組出演も減ってしまっており、最近では地方営業が中心になっているようです。

ちなみに地方営業では失敗してもいいようにパンツを着用していました。

ただ、アキラ100%は人柄がよくテレビ局内でも味方が多いので、裸芸を披露する機会が減ったとしても俳優やレポーターとしてのオファーが多くなる可能性が高いようです。

実際に2018年と2019年にドラマ出演をはたしています。また、映画にも俳優として出演しているため、芸人としてのテレビの仕事は激減しているのは事実ですが、裸芸以外のオファーはちゃんときているようです。

<こちらもオススメ>

アキラ100%に注意喚起で生放送無理?家族愛がスゴイが嫌いの声殺到?

まとめ

アキラ100%はが裸芸を失敗した放送事故は、あろうことは視聴率の高い元旦に起きてしまいました。

ただ、批判が殺到するかと思いきや、好感度が爆上がりする謎現象が起き、放送事故なのにファンが増えるできごととなりました。

しかし笑いごとでは済まされないほどの失敗であることは事実であり、世間の人気があったとしても、テレビで裸芸を披露する機会は一気に減ってしまったようです。



ページトップへ