るろうに剣心、休載へ!作者が児童ポルノ所持で書類送検

マンガ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


るろうに剣心が休載。まさかの出来事に、続編として復活したことをワクワクしていたファンは悲しみを隠し切れないでしょう。休載の理由は、なんと作者が児童ポルノで書類送検されてしまったのです。詳しくみてみましょう。

るろうに剣心、休載!作者が児童ポルノで書類送検

るろうに剣心というと、今現在の30代の人たちが小さかった頃に、ハマった漫画の1つではないでしょうか。私も小学生の頃に、るろうに剣心に夢中になり、緋村剣心のかっこよさを女子達で熱弁していたのを覚えています。そのるろうに剣心が、18年ぶりに復活をすると聞いたときは、とても嬉しく、同世代の人と話題になりました。ところが、るろうに剣心に危機が訪れているようです。

るろうに剣心、大人気漫画だった

なんと、せっかく復活したるろうに剣心がここにきて休載をすることが決定してしまいました。なぜあれだけ人気のるろうに剣心が休載してしまうのでしょうか。これはファンには、大きすぎる衝撃ですね。そして、休載の理由は、さらに衝撃が加わるものです。

るろうに剣心、作者の和月伸宏

人気漫画『るろうに剣心』で知られる漫画家・和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)容疑者が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたというのだ。

読売新聞によると、西脇容疑者は都内の事務所で、10歳代前半の女児の裸が映った動画が収録された複数のDVDを所持した疑いである。本人は容疑を認めており、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と供述しているという。

なんと、るろうに剣心の作者である和月伸宏が、児童ポルノ買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されました。これを受けて、るろうに剣心は休載することになったのです。るろうに剣心の作者である和月伸宏は、この事実を認めており、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの子が好き」だと述べているようです。

和月伸宏は、結婚しており、妻も小説家として多忙な人物であり、キャプテン翼の脚本や、るろうに剣心に関わることもあったので、妻にも多大な影響があることでしょう。

るろうに剣心、作者書類送検で休載へ

警視庁少年育成課によると、別の児童ポルノ事件の捜査で、和月さんが児童ポルノの収録されたDVDを購入していた疑いが浮上。事務所を捜索したところ複数のDVDが見つかったという

最近は、警察も児童ポルノに厳しくなっているので、捜査をしていると、和月伸宏が児童ポルノのDVDを購入していた疑いが上がったようです。また、複数のDVDを持っていたとのことなので、何度も児童ポルノのDVDを購入した過去があるということでしょう。

るろうに剣心は、とても人気があり、漫画だけでその人気がとどまることがなかっただけに、作者の書類送検や、休載は本当にショックですし、残念なことですね。ここで、るろうに剣心がどれだけ人気だったかを見てみましょう。そして、るろうに剣心のアニメが、今回の事件でどうなるのかも気になりますね。

るろうに剣心、アニメ化も

アニメ版は現在でもネットサービスを通じて視聴できる。

そのひとつ「バンダイチャンネル」を運営するバンダイナムコライツマーケティングの担当者は取材に対し、配信中止の可能性について「現状で知ったばかりのため結論などは申し上げられませんが、まったくないとは言えません」と話した。

るろうに剣心は元は漫画から始まっていますが、人気が高く、アニメ化されて、アニメを楽しみにしている子供も多くいました。そのアニメ化されているるろうに剣心ですが、現在のところは配信は中止されていないようです。しかし、今後、配信中止の可能性はあるとのことなので、しばらく見れなくなるかもしれないですね。

るろうに剣心、実写版も

『るろうに剣心』のタイトルで2012年8月25日に公開。監督は大友啓史、主演は佐藤健、制作・配給はワーナー・ブラザース映画。

続編である第2作『るろうに剣心 京都大火編』は2014年8月1日、同年9月13日には第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』が連続公開された。

そして、るろうに剣心は実写版も映画で放映されています。佐藤健の演じる剣心がとてもかっこよかったですよね。さらに、るろうに剣心は、ミュージカルやゲームに使われることもあったので、その人気は爆発的なものだったと言えるでしょう。

今回、和月伸宏の児童ポルノの疑いで書類送検された出来事は、るろうに剣心の人気が高いだけに、ファンだけでなく、今までるろうに剣心に関わっていた人たち皆に迷惑がかかるものになりましたね。いつるろうに剣心が復活するかは分かりませんが、みんなのためにも、二度とこんな事件が起きないことを祈ります。

金曜ロードショー「るろうに剣心祭り」でるろ剣が最熱!!


子供に見せたい週刊少年ジャンプアニメ!「ONE PIECE」は2位!1位は?

るろうに剣心は人気漫画で続編が復活していた

るろうに剣心は、90年代を代表する漫画といってもいいほど人気が高く、終わってしまうことを寂しいと思っていた少年、少女は多かったですね。るろうに剣心は、少年漫画でしたが、実は女の子の間でも人気があったのです。そのため、「るろうに剣心実写版」とか、「るろうに剣心が続編」というのを聞くと、心があの頃に戻った大人もいたでしょう。

るろうに剣心、新連載が始まっていた

『るろ剣』は、シリーズ累計発行部数が6千万部を超える大ヒット漫画。1994年から1999年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載され、アニメ版も人気を呼んだ。佐藤健さんが剣心を演じた実写映画のヒットも記憶に新しい。

今年9月には、ジャンプスクエア10月号で「北海道編」の連載が始まったばかり。ストーリー協力には、妻で作家の黒碕薫さんも名を連ねていた。

18年ぶりの『るろ剣』復活が話題になっていた矢先の今回の報道。

「大好きな先生だけにショック」「ファンとして悲しい」「作品に罪はない」「作品のファンであることは変わらない」など、ネット上には衝撃と困惑が広がった。

なんと18年ぶりにるろうに剣心は復活し、その連載はまだ始まったばかりでした。「ぜんぜんストーリーも進んでいないのに、ここで休載?」と、嘆くファンの気持ちが、とてもよく分かります。しかし、作者である和月伸宏でなければ、るろうに剣心の世界を描くことは絶対にできないと思うので、和月伸宏の復活を待つしかなさそうですね。

とんでもない才能を秘めているだけに、残念な出来事ですが、それでも、るろうに剣心の復活がまだまだ楽しみでならない人も多いでしょう。きっと、人気が衰えることはないと思います。人気が衰えないということは、罪も深くなるということなので、十分な反省が必要ですね。

SNSの反応

今回の出来事で、SNSでは、「夢を壊さないでほしい」とか、「ロリコンでも捕まることはしたらいけない」、「残念だ」という声が相次いでいます。しかし、「るろうに剣心を嫌いにはならない」とか、「るろうに剣心に罪はない」という人もいます。

確かに、るろうに剣心を嫌いにはなれませんが、和月伸宏がいないと、るろうに剣心が完成しませんし、続編も見ることができないので、やはり残念でなりませんね。

まとめ

るろうに剣心の作者、和月伸宏が、児童ポルノで書類送検されたことが原因で、せっかく復活したるろうに剣心が休載という形になってしまいました。今後、もしかしたらアニメも配信中止になる可能性もあるかもしれないとのことなので、るろうに剣心がどんどんなくなっていく気がして悲しいですね。次に復活したときは、また大人が子供の頃に戻れるような夢を見させてほしいですね。



ページトップへ