ほっしゃんこと星田英利が年内で芸能界引退を明言!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

お笑い芸人のほっしゃんこと星田英利が自身のInstagramで芸能界引退という発言をした。最近メディアでは見なくなったほっしゃん。実はその理由はひどいものだった。引退の理由はこれかだったかもしれない!

鼻うどんでブレイクした、ほっしゃんが年内引退を会社と相談

元相方の宮川大輔は今もブレイク中なのにほっしゃんは何故?

2016年、M-1グランプリの優勝者も决定しお笑い界に新たな芸人がブレイクしようとしている。
そんな中、かつて「吉本印天然素材」のメンバーの一人として一世を風靡していたほっしゃんこと星田英利。
天素時代は宮川大輔と共にチュッパチャップスというコンビで大人気だった。
しかしブームと言うものは長く続かない。その後、天素ブームも終焉を迎えて暗黒時代に突入するのであった。
1999年にチュッパチャップスを解散してから6年間、全く売れずにアルバイトをしながら生計を立てていたが2005年のR-1グランプリ優勝を皮切りに、一気に知名度を上げ東京のゴールデン番組にも少しずつ出演していくようになっていった。
ほっしゃん本人はR-1優勝時に「優勝できなければ芸人やめるつもりだった」と満身創痍で挑んだ結果優勝出来ただけに感無量だっただろう。

そして、ほっしゃんの運命を変える番組出演が決まる。
人志松本のすべらない話だ。
今では芸能人や各界の有名人を招いてゴールデンで放送しているが、昔は深夜でひっそりと放送されていた番組だった。
すべらない話で初回から参加していたほっしゃんは1~4回で活躍を見せ、初のお客さんを前にトークをする形にした第5回目にしてMVPを獲得する。
そこから各メディアの目に止まり、やり過ぎコージでは代名詞となった鼻うどんで人気を確実のものとした。
その後、様々な番組に出て現在は役者としても活躍を見せているほっしゃん。
2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」にのも源治郎役で出演している。

そんなほっしゃんが今回、芸能界引退を所属しているよしもとクリエイティブ・エージェンシーと話し合っていると報道された。

ほっしゃんこと星田英利

ダウンタウンのガキ使で見せた一発芸。via google imghp

自身のInstagramで唐突に発言

ほっしゃんのInstagram

これはよしもとクリエイティブ・エージェンシーを離れるという引退なのか芸能界引退なのか・・・via google imghp現在は俳優業をしているほっしゃん。
今、役者としての仕事が3月まで残っているということでこれは最後になるかもしれないから手は一切抜きたくないと発言している。

しかし、これにネットでは一切悲しいなど悲観的な言葉はなくむしろ、やめてくれて有り難いなどのコメントが並んでいる。
これにはどんな原因があるのかというと、芸人としてもなのだろうが、女優の尾野真千子と不倫していたところを週刊誌に撮られていたからではないか?
ほっしゃんはその不倫報道が出る前に結婚している。それにも関わらず尾野真千子と見事にスクープされてしまった。美人実力派女優との不倫は世間をビックリさせただけではなく、ほっしゃんの人気を一気に無くすには十分なことだった。
本人は友人としているがこれが原因で奥さんとは離婚(のちに復縁)している。
この不倫報道後が引き金になったのか、表立った活躍はなくなりおのずとテレビからも姿を消していった。
一つ疑問なのは何故ほっしゃんが美人とされている尾野真千子と不倫関係にまで持っていけたかということだが、それはほっしゃんが芸能界で1、2を争うくらいの巨根だということだろう。
あまりの大きさに店でポケットの何か入れて万引きしたと疑われる位だから尾野真千子もそこにハマってしまったのではないか?
しかし、行為までもっていくことが難題に思える。

ほっしゃん&尾野真千子の不倫報道

これで友達というのはどうでしょうね?
フレンド・・・セフ。。。via google imghpこういったことが原因で関西地方は分からないが東京では一気に姿を見なくなった。
一方の元相方の宮川大輔は東京のゴールデン番組に出演しているだけに格差が大きく広がるばかりだ。
すべらない話で呼んでくれた松本人志からも見放され限界がきたことが今回の引退という思いに至らせたのではないだろうか?
実際、今回の引退発言に対しほっしゃん本人は理由を語らないままである。

ほっしゃんの引退に対するネットでの反応

素敵やん

鼻うどんがピークだったな


イジメを笑い話にしてたのだけ覚えてる

芸人デビューした事自体が事故レベルとしか思えないクズっぷりだな
もっと早く引退すればよかったのに

尾野真千子と不倫してたからな

どうせ辞めるつもりだから
脅迫&暴言吐きまくってたのか

元相方の宮川ととんでもない差がついちゃったねw
面白くないし引退しても誰も困らないだろ
お疲れ さよなら 二度と出てくるなよ

テレビ画面がすこしきれいになった

これでもまだ言葉は選んでいるコメントだ。中にはもっとひどいものもあった。
何故ここまで嫌われているか、それは頻繁に一般人と口論になっているからで内容もしょーもないものばかり。
しかも、ネタも面白くないし、不倫していたとくれば誰もほっしゃんを擁護しないのもうなずける。
それに気になったのはイジメを笑い話にしていたというコメントだ。
これは一体どういうことか?
調べて見たところこういった話があったそうだ。

僕中学校のときすごいど田舎に住んでて。
中学校が3年間林間学校みたいなんがなくて。
山と海に囲まれたとこにあるんでそこの運動場でキャンプみたいなんをするんですよ。
グループに分かれてやってたんですけど。
僕らの時代って当たり前のようにご飯ってカレーを作るんですね。みんなでお米とか野菜とか振り分けて持ち集めて。

僕のグループの中に吹奏楽部の吉田って子がいてて。すごい真面目で坊主頭で。
体はでかいんですけどおとなしい子で。眼鏡掛けた子なんですけど。

みんなで「おもろいな」言うて吉田の眼鏡を取ってぐつぐつのカレーの中に入れてずっとかき混ぜてたんですよ。
そろそろ食おうかってときに先生が「みんなができてから食べるからまだ 待っとけ」って言うから結構煮込んだんですよ。
で 「食べていいよ」って言うからみんなに配って吉田には自分の眼鏡を載せたカレーをすくってあげて。
さあ食べようかって言うたら吉田は 黙ってそれを運動場の水道のとこに洗いに行って。何にも言わず。
帰ってきて掛けてむすっとして食べてるんですけど…。
昔の眼鏡だからですかね。
ぱって吉田を見たらちょっと カレーがしゅんでグラサンみたいになってるんですよ。
薄い微妙な色が付いてるんですよ。
真面目な吉田やからそれがめっちゃ面白くて食べてて。

で2年生になったときもクラスは違うけど吉田見つけてもう1回煮込もうって言うて。
みんな集まって吉田のとこ行って眼鏡取って。またカレーなんで煮込んだったんですよ。
吉田にすくったら黙って洗いに行って掛けてるけどちょっと グラサン度が増してるんですね。しゅみ具合が。

3年間 それを続けようって3年のキャンプのときもぞろぞろって集まってみんなで吉田のとこ行ったら…。
吉田も2年間は嫌がってたんですけど「眼鏡を取ってくれ。どうぞ」みたいな感じで
黙ってむすっとしながら。吉田の眼鏡をまた煮込んだんです。

3年間吉田はその眼鏡を…ていうかグラサンなんですよ。
徐々に色が付いたから先生とか僕らも分かんない。

これはひどい。
昔やったことにしろ、悪ふざけが過ぎてるしコレを笑い話にしようという事自体が信じられない。
今ほどイジメに対して過敏に反応していなかった時代だからこそ、過激なイジメがあったのではないか?
実際はほっしゃんの話している以上のことをやっていて放送できないから、少し抑えめに話していたのかもれない。
そう考えると、この内容をよく人前で面白おかしく話せるなと感じる。
こういった人間がいるからイジメはなくならないし、それを面白いうといった思考をもつことが異常なのかもれない。
罪悪感がない、人の気持を考えれない人間なのだろう。
この話をして同じことをしてしまう子供もいるかもしれない、助長してしまうかもしれないという配慮は無かったのか?
これはおもろい事ととってしまった子供がいるなら、それは子供を責めるべきでは無く、そういう発言をした大人を責めるべきだろう。
子供は大人の背中を見て育つし、それがテレビに出てる芸能人が言っていることなら間違いないと思ってしまう純粋さがあるのだ。
それを考えれないで助長させるような発言をするのはおかしい。

このいじめの話がネタでなく本当なら、ほっしゃんを擁護しない人間が多いこともうなずけるし、ネタでもイジメをネタに持って来ることがナンセンスだと思う。

ほっしゃんのTwitterでの発言

イジメのことを非難されてそれを正当化しようとするほっしゃん。via google imghp不倫にイジメ、面白くないとくれば引退するのも時間の問題だったのかも知れない。
だが、ネットの一部の声では「最近、話題に上がらないから、引退すると発表して話題にしてやっぱり引退は撤回するのでは?」という声も多くある。
しかし、ほっしゃんも男なら二言はないはずだ。キレイに消えてくれるだろう。
そう願う。
しかし、18時現在。ほっしゃんのInstagram投稿は削除された。
事務所は事実関係を確認中としていたが投稿を削除しただけにほっしゃんにどういう意図があったのか全くわからない。
ニュースになってまずいと思ったのだろうか。
一度言ったことに責任は持って欲しい。


ページトップへ