しゃぶしゃぶ温野菜ブラックバイト訴訟報告会参加まとめ

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回しゃぶしゃぶ温野菜事件のブラックバイトの訴訟事件の報告会に参加したのでそのレポートのまとめです。初めての訴訟事件のため、注目されている本件ですが、内容を聞くだけで吐き気が出そうな程に怒りを覚えてしまいました。

報告会会場の入り口と事件概要

via google imghp今回、4ヶ月連続勤務、半ば強制し自腹購入をさせる等悪劣な職場環境や傷害事件に関連し、DWEJapan株式会社が運営するしゃぶしゃぶ温野菜に対して、ブラックバイト関連事件初となる訴訟を行いました。
それに連なり9月14日にその報告会があったので、それに私も見学させていただいたので、しゃぶしゃぶ温野菜ブラックバイト事件の報告会のレポートをしていきたいと思います。

しゃぶしゃぶ温野菜に対して訴訟提起に至る経緯について

しゃぶしゃぶ温野菜事件概要の実際に配布されていた書面

via google imghp今回の事件について、初めての方についてその事件のあらましを今回頂いた事件概要の一部から取り上げたいと思います。
個人のプライバシーなどもあり、Aさんと表記されていますが、そのAさんがしゃぶしゃぶ温野菜の被害者側となります。

Aさんは平性26年5月ごろから本件訴訟の被告DWEJapan株式会社が運営するしゃぶしゃぶ温野菜北習志野店で、大学の学費を賄う事を主な目的でアルバイト店員として勤務を開始しました。
そして同年10月頃からしゃぶしゃぶ温野菜北習志野店の人員が不足するようになり、同店の店長にあたる女性とその夫からの暴力・暴言・パワーハラスメントがAさんに加えられるようになったそうです。
そのAさんがウケた主な被害なのですがこれがまた酷いため、下記に列挙いたします。

・左胸付近への刺傷行為
・殴る蹴るなどの殴打
・「殺してやる」との脅迫
・4ヶ月連続勤務
・自腹購入
・時給・出勤時間の改竄

などなどこの異常と言える状況に耐えかねて平成27年8月12日を持ってなんとか退職できたようなのですが、あまりの悪劣な環境だったせいかうつ病や不安障害になってしまったとのことでした。
Aさんも報告会に出席していましたが、たどたどしいながらもしっかりと受け答えをし、意見を言えていたのですが、ところどころ言葉に詰まる等まだ後遺症が若干残っているのかなと思わされる部分がありました。

そのため個人的に、Aさんはとても責任感が強い子なのだと言う印象が強く残っているのですが、一方でしゃぶしゃぶ温野菜並びにDWEJapan株式会社が一人の青年をここまで追い詰めて未来を潰そうとした、そして今後そうしていくであろう行為が見受けられたと報告された際には私も怒りを覚えました。

被告DWEJapan株式会社の悪行?妨害行為が酷かった

報告会で、特に印象が強かったのはしゃぶしゃぶ温野菜を運営するDWEJapan株式会社が法廷での行為などでの妨害行為が目立っていたと言う件です。
『自分達に非が無い、Aさんが悪いのではないか』という主張の元炎上行為を消そうと必至なのだそう。
会場が笑いに包まれたその奇行を追っていこうと思います。

1.DWEJapan株式会社の川井社長が自ら出て来たと思ったら法廷で裁判官を無視して、背を向いて「しゃぶしゃぶ温野菜という名前を出さないでください」と言う様な言葉をマスメディア各位に向かって懇願するような発言やマスメディアに対してメッセージを送るなどの行為が横行し裁判官に止められる一幕があった。

2.Aさんに謝罪をしていたと思えば、Aさんに対してAさんに非があるような、潰すような攻撃的な言葉を連ね、更に揚げ足を取るような行為を始めた。


3.ブラックバイトユニオン側がマスコミに取材されている最中、DWEJapan株式会社の関連の人間がマスメディアの前に立ち50数枚に渡る『自分達しゃぶしゃぶ温野菜側に非が無い』という主張のものを配り始める。

4.被告に団体交渉を申し入れたのだが拒否し不誠実な対応を行う。

5.ブラックバイトユニオンがYouTubeで挙げている携帯での発言を録音した動画に関して、肖像権の侵害などという理由で削除依頼を出して動画の削除工作を行う

6.Aさんの意見すら聞かず、更にそれに対して意見を言っても無視を行い第三者調査を進め、調査委員会に完了したと報告をする

本件に関しては社長がわざわざ出て来る行為自体に関しては、小さい会社じゃない限りありえない行為であるとのことだった。更にDWEJapan社長の発言も火に油を注ぐ行為でもしかしたら相手の弁護士側もコントロールしきれてないのかもしれないと言う意見も出た。
DWE社長がどのような人間か、そして陳述中に起こした珍述も見てみたくなってしまった筆者は傍聴席に立てていなかった事が悔やまれる点となりました。

しゃぶしゃぶ温野菜そしてDWEJapanの拙さが目立つ結果に

実際に報道されたニュース番組を再生中の一幕

携帯での通話の内容なども実際に流れており、非常に聞いていてこちらも胃が痛くなるような感覚に襲われるほどであった。
今回、加害者側の店長も8ヶ月ほどの長期的な連続勤務であったとは言え、ここまで常軌を逸している行為は許されるものではない。

とはいえ、この店長もフランチャイザー側の被害者の一人なのかもしれない。via google imghp更に、報告会では株式会社レインズインターナショナルもフランチャイザーとして法律的に被告として呼べなかったと悔しがっていたのだが、これからフランチャイザーがその下のフランチャイジーから利益を巻き上げているのにも関わらず、被告に上げられない今の現状について何とか打破出来ないかと考えているそうでした。
更にDWEJapan株式会社とは一切関係無いと事実上公式で発表したのですが、実は数店舗運営している等完璧に関係を切れているわけではないそうでまだまだ闇が深い現状が浮き彫りとなっている。

全体的に今回の訴訟によって、しゃぶしゃぶ温野菜・DWEJapan株式会社共に非常に不誠実かつ狂言や嘘を多用するような欺瞞行為ばかり行い、如何にうまく炎上させないようにしようかという動きばかりをしていたという印象が強く、その行為自体も非常に拙く逆に炎上させる行為が多かったと言えるのではないかと感じました。
筆者はお祭り大好き人間なので、このような最低な会社は炎上祭りでしかるべきだと思うため、炎上の種火程度を皆さんに提供できていればと思います。

余談となりますが、もしブラックバイトで被害を受けている方は『労働基準監督署』にではなくブラックバイトユニオンに相談することを勧める。
なぜかというと労働基準監督署では出来ることが少なく、Aさんもそうだが非常に役に経たなかったと述べているためです。
労基違反として対応出来るものが少ない(Aさんが今回列挙した被害の対応は殆どできない)ので、会社的には逆にありがたかったりするのである。
労基違反にあたるものの対応したから後は何も無いねという事になってしまうためです。
そのため、ブラックバイトユニオンにまず相談をしていただければと思います。



ページトップへ