【動画】人気急上昇カズレーザークリニック!名言続出

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭がいいと有名なメイプル超合金カズレーザーがまたさらに評価をあげている。高学歴の大学生に対してのアドバイスは実に的確で、返しも面白く奥が深いと大好評!東大美女や慶應美女などの秀才女子も必見。

カズレーザークリニック

カズレーザークリニックはカズレーザーが高学歴の悩みを聞いてアドバイスをしてあげるという企画です。カズレーザーはただアドバイスするわけではなく、誰もが共感するような名言を残すことでも有名で、芯をつくようなひと言は心にぐさっと来ます。本気で悩む学生を助けるだけでなく、視聴者が見てても面白い発言をするので、今や大人気企画となっています。毎週月曜日から木曜日の深夜に放送されているお願い!ランキングのひとつのコーナーとなっていて、6月に初めて放送しましたが、好評から定番化されました。主に月曜日の深夜に放送され、放送を楽しみにするファンが多いようです。

@yasukobe)さんの投稿

人の話も真剣に聞くカズレーザーに好感度アップvia google imghpいま旬の人気芸人カズレーザー。安藤なつとコンビを結成し、メイプル超合金として大ブレイクしました。今やたくさんの番組にひっぱりだことなり、テレビで見ない日はありません。ベッキーの所属しているサンミュージックに同じく所属していることでも騒がれていますが、ベッキーが不調な今、カズレーザーのメイプル超合金が一番の稼ぎ頭かもしれません。カズレーザークリニックで出た名言を紹介します!

女子力の高い女性なんていない

質問した葛西祐美は最近有名ですね。数学オリンピックで優勝した東大生で、医学部に属しており、数少ない女子です。東大ブームなのか東大生を番組に出すことが多くなり、東大の中でもトップクラスの葛西はバンバンテレビに出ています。以前はさんまvs東大生の企画にメインで話しており、存在感を放っていました。今回はコスプレの恰好で少し奇抜なイメージですね。女子力の磨き方がわからないので、アドバイスを貰いに来た彼女。この企画では東大生に毎回アンケートを取っており、そこでも半数の人が「女子力の磨き方がわからない」との結果に。その最大の理由が「周りに女の子がいないから」。東大を含め、難関大と言われる大学には女子が少ないのが常となっているので、女子力がわからないといいます。周りに男しかいなければ女子力なくても関係ないですからね。高学歴すぎる彼女がふつうのことを話すと、「意外と人間だ」と面白がられるレベルで変人扱いされているといいます。それに対してカズレーザーが名言をひと言。最近流行りの女子力を一刀両断するところは気持ちが良いですね。「女子力は嘘の概念」として、それよりは個性を磨いたほうが良いと話していました。「料理が出来る子は女子力が高いわけでなく、ただ料理が上手いだけ。」という考えは面白いです。カズレーザーの独特の考え方には舌を巻きます・・・。

カズレーザーの話したことは名言だったのですが、葛西と一緒に出ていた同じ東大生の小田恵が可愛いところに目がいってしまいます。東大でも可愛い子はいるんだと別の意味で得をする番組かもしれません。美人がたくさん出てくるところはいいですね。

好奇心が一番学問を育てる。次に劣等感

東大生の野田早紀子の質問に答えた名言です。野田は東大美女図鑑と言われる東大の中でも少ない美女を特集した雑誌に載る東大モデルです。ちなみにさきほどの小田恵も美女図鑑モデル。顔も可愛く、東大ということで頭もいい野田には悩みはなさそうにみえますが、野田だからこそ悩みがありました。「プライドが高すぎる」ことが悩みで、外を歩くときに小学生相手でも歩く速さで勝とうとするくらいの負けず嫌いということでした。カズレーザーは「(自分は)プライドは無い。人類の後輩でいたい。」と話し、芸人ならプライドが無いことが仕事に繋がるということでした。しかし、普通の人にはプライドがあったほうが良いとし、「世の中の人はプライドがなさすぎる。」とも話しました。特に研究・学問に携わる人には大事なものなので、やっぱり必要ですね。

そしてカズレーザーがひと言発言。カズレーザーも今まで勉強してきた経験から何が学問へと駆り立てるかを自ずと分かったのでしょう。芸人でこのようなことを言えるのはすごいですね。これにはゲストの山崎も「いいこというじゃねえかよ」と賞賛。またカズレーザーの名言が生まれました。

プライドが高いことについては、「本当にプライドが高い人は、テレビで話さない。自分の弱みだし。」と正論を言い出し、相方の安藤なつも「調子出てきましたね」と思わず苦笑い。綺麗に解決しましたが、野田は悩み相談に来たのに、少しバカにされたと思ったかもしれませんね。

人間どうせ幸せになるのよ

この名言はカズレーザー史上最高の名言となりました。人間観を覆すかのようなカズレーザーの名言はネットでも大反響で、生き方を変えた人も出るくらいの良い言葉でした。頭でっかちの人にはよく聞かせたいですね。常に将来のことを思い悩むくせがあるという上野瑚子。何をやったら良いのか悩んでしまうと話しましたが、カズレーザーはそれに対して「俺は18歳の時、浮気が元カノにバレて車ではねられた」と返し、一瞬騒然となっていました。この時は女性と付き合っていたんですね。人生経験がないのに、考えだけが先行してしまっていることは自覚しているそうです。そこでカズレーザーの一言。鳥肌が立つほどの衝撃です。このようなことを考えた人は少ないでしょう。いつでもプラス思考のカズレーザーだからこその名言ではないでしょうか。そのあとにも「ハッピーエンドに決まっているのになんでバッドエンドにしたがるの?」と発言し、最初から価値観が違っていることを示していました。深いですね。頭いい人は不幸を見つけるのが上手いという話はとても共感できます。こんなに頭のいいカズレーザーはあえてバカになっているのでしょう。またファンが増えました。

両立できると嘘でも自分に思い込ませろ

大学生からの質問ですが、人間誰もが思い悩む問題についてカズレーザーはサッと答えを出しました。カズレーザーは見た目はふざけているという指摘もありますが、言っていることには感動を覚えるレベルです。ミス東大ファイナリストの皆本萌からの質問でした。皆本萌は将来の夢は女子アナではなく、女性アナウンサーだそうです。理想がしっかりあることがハッキリ分かり、このカズレーザークリニックすらもミスコンの票を少しでも上げるために利用しているそうです。ミスコンで優勝すれば、アナウンサーへの道は広がりますから、当然といえば当然かも知れないです。悩みは「将来仕事と家庭を両立できるのかが不安」とのことでした。まだ大学生なのに考えるのが速いなというのが最初の感想ですが、カズレーザーも同じだったようで、「結婚してないのに?」と疑問を投げかけていました。これには理由があるようで、2つのことを同時に出来たことがないので、将来出来るのかが不安だそうです。ここで名言。両立できるのかが不安と思っていたらできないと話し、そんなことをしていたら子どもはグレてしまうそうです。人には笑われるかもしれませんが、「現状維持」をモットーにしているとするカズレーザーは何かかっこ良く感じました。

これからも注目!

何個も名言が飛び出るこの企画は短い時間ですがとても面白いです。「メモをとる人が真面目だと思い込む上司が嫌だ」という女性に対し、「会社を立ち上げなさい」と至極最もなことをアドバイスします。また、女心が分からなくて振られてしまう男子には、「異性なんて星の数ほどいる。その中の1人と付き合うなんて0%に等しい。」とアドバイスしました。すべらない話のように笑えるネタを話す芸人も面白いですが、ひと言で笑わせることが出来るカズレーザーの人気は今うなぎのぼりです。きっとこれからもこのコーナーは続くと思うので期待です!

頭がいいと有名なメイプル超合金カズレーザーがまたさらに評価をあげている。高学歴の大学生に対してのアドバイスは実に的確で、返しも面白く奥が深いと大好評!東大美女や慶應美女などの秀才女子も必見。


カズレーザークリニック

カズレーザークリニックはカズレーザーが高学歴の悩みを聞いてアドバイスをしてあげるという企画です。カズレーザーはただアドバイスするわけではなく、誰もが共感するような名言を残すことでも有名で、芯をつくようなひと言は心にぐさっと来ます。本気で悩む学生を助けるだけでなく、視聴者が見てても面白い発言をするので、今や大人気企画となっています。毎週月曜日から木曜日の深夜に放送されているお願い!ランキングのひとつのコーナーとなっていて、6月に初めて放送しましたが、好評から定番化されました。主に月曜日の深夜に放送され、放送を楽しみにするファンが多いようです。

@yasukobe)さんの投稿

人の話も真剣に聞くカズレーザーに好感度アップvia google imghpいま旬の人気芸人カズレーザー。安藤なつとコンビを結成し、メイプル超合金として大ブレイクしました。今やたくさんの番組にひっぱりだことなり、テレビで見ない日はありません。ベッキーの所属しているサンミュージックに同じく所属していることでも騒がれていますが、ベッキーが不調な今、カズレーザーのメイプル超合金が一番の稼ぎ頭かもしれません。カズレーザークリニックで出た名言を紹介します!

女子力の高い女性なんていない

質問した葛西祐美は最近有名ですね。数学オリンピックで優勝した東大生で、医学部に属しており、数少ない女子です。東大ブームなのか東大生を番組に出すことが多くなり、東大の中でもトップクラスの葛西はバンバンテレビに出ています。以前はさんまvs東大生の企画にメインで話しており、存在感を放っていました。今回はコスプレの恰好で少し奇抜なイメージですね。女子力の磨き方がわからないので、アドバイスを貰いに来た彼女。この企画では東大生に毎回アンケートを取っており、そこでも半数の人が「女子力の磨き方がわからない」との結果に。その最大の理由が「周りに女の子がいないから」。東大を含め、難関大と言われる大学には女子が少ないのが常となっているので、女子力がわからないといいます。周りに男しかいなければ女子力なくても関係ないですからね。高学歴すぎる彼女がふつうのことを話すと、「意外と人間だ」と面白がられるレベルで変人扱いされているといいます。それに対してカズレーザーが名言をひと言。最近流行りの女子力を一刀両断するところは気持ちが良いですね。「女子力は嘘の概念」として、それよりは個性を磨いたほうが良いと話していました。「料理が出来る子は女子力が高いわけでなく、ただ料理が上手いだけ。」という考えは面白いです。カズレーザーの独特の考え方には舌を巻きます・・・。

カズレーザーの話したことは名言だったのですが、葛西と一緒に出ていた同じ東大生の小田恵が可愛いところに目がいってしまいます。東大でも可愛い子はいるんだと別の意味で得をする番組かもしれません。美人がたくさん出てくるところはいいですね。

好奇心が一番学問を育てる。次に劣等感

東大生の野田早紀子の質問に答えた名言です。野田は東大美女図鑑と言われる東大の中でも少ない美女を特集した雑誌に載る東大モデルです。ちなみにさきほどの小田恵も美女図鑑モデル。顔も可愛く、東大ということで頭もいい野田には悩みはなさそうにみえますが、野田だからこそ悩みがありました。「プライドが高すぎる」ことが悩みで、外を歩くときに小学生相手でも歩く速さで勝とうとするくらいの負けず嫌いということでした。カズレーザーは「(自分は)プライドは無い。人類の後輩でいたい。」と話し、芸人ならプライドが無いことが仕事に繋がるということでした。しかし、普通の人にはプライドがあったほうが良いとし、「世の中の人はプライドがなさすぎる。」とも話しました。特に研究・学問に携わる人には大事なものなので、やっぱり必要ですね。

そしてカズレーザーがひと言発言。カズレーザーも今まで勉強してきた経験から何が学問へと駆り立てるかを自ずと分かったのでしょう。芸人でこのようなことを言えるのはすごいですね。これにはゲストの山崎も「いいこというじゃねえかよ」と賞賛。またカズレーザーの名言が生まれました。

プライドが高いことについては、「本当にプライドが高い人は、テレビで話さない。自分の弱みだし。」と正論を言い出し、相方の安藤なつも「調子出てきましたね」と思わず苦笑い。綺麗に解決しましたが、野田は悩み相談に来たのに、少しバカにされたと思ったかもしれませんね。

人間どうせ幸せになるのよ

この名言はカズレーザー史上最高の名言となりました。人間観を覆すかのようなカズレーザーの名言はネットでも大反響で、生き方を変えた人も出るくらいの良い言葉でした。頭でっかちの人にはよく聞かせたいですね。常に将来のことを思い悩むくせがあるという上野瑚子。何をやったら良いのか悩んでしまうと話しましたが、カズレーザーはそれに対して「俺は18歳の時、浮気が元カノにバレて車ではねられた」と返し、一瞬騒然となっていました。この時は女性と付き合っていたんですね。人生経験がないのに、考えだけが先行してしまっていることは自覚しているそうです。そこでカズレーザーの一言。鳥肌が立つほどの衝撃です。このようなことを考えた人は少ないでしょう。いつでもプラス思考のカズレーザーだからこその名言ではないでしょうか。そのあとにも「ハッピーエンドに決まっているのになんでバッドエンドにしたがるの?」と発言し、最初から価値観が違っていることを示していました。深いですね。頭いい人は不幸を見つけるのが上手いという話はとても共感できます。こんなに頭のいいカズレーザーはあえてバカになっているのでしょう。またファンが増えました。

両立できると嘘でも自分に思い込ませろ

大学生からの質問ですが、人間誰もが思い悩む問題についてカズレーザーはサッと答えを出しました。カズレーザーは見た目はふざけているという指摘もありますが、言っていることには感動を覚えるレベルです。ミス東大ファイナリストの皆本萌からの質問でした。皆本萌は将来の夢は女子アナではなく、女性アナウンサーだそうです。理想がしっかりあることがハッキリ分かり、このカズレーザークリニックすらもミスコンの票を少しでも上げるために利用しているそうです。ミスコンで優勝すれば、アナウンサーへの道は広がりますから、当然といえば当然かも知れないです。悩みは「将来仕事と家庭を両立できるのかが不安」とのことでした。まだ大学生なのに考えるのが速いなというのが最初の感想ですが、カズレーザーも同じだったようで、「結婚してないのに?」と疑問を投げかけていました。これには理由があるようで、2つのことを同時に出来たことがないので、将来出来るのかが不安だそうです。ここで名言。両立できるのかが不安と思っていたらできないと話し、そんなことをしていたら子どもはグレてしまうそうです。人には笑われるかもしれませんが、「現状維持」をモットーにしているとするカズレーザーは何かかっこ良く感じました。

これからも注目!

何個も名言が飛び出るこの企画は短い時間ですがとても面白いです。「メモをとる人が真面目だと思い込む上司が嫌だ」という女性に対し、「会社を立ち上げなさい」と至極最もなことをアドバイスします。また、女心が分からなくて振られてしまう男子には、「異性なんて星の数ほどいる。その中の1人と付き合うなんて0%に等しい。」とアドバイスしました。すべらない話のように笑えるネタを話す芸人も面白いですが、ひと言で笑わせることが出来るカズレーザーの人気は今うなぎのぼりです。きっとこれからもこのコーナーは続くと思うので期待です!


ページトップへ