【おしゃれ】おすすめMV・PVまとめ【かっこいい】

MV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や多くのアーティストがYoutubeで楽曲を公開していますが、中には楽曲ではなく映像がメインなんじゃないのか?と思うような作り込まれたものがたくさんあります。今回は、そんなハイセンスなMVをご紹介します。

最近は多くのアーティストがYoutubeなどの動画サイトに楽曲のMVをアップしています。しかしながら、意外とこのMVをじっくりと見ている、という人は少ないのではないでしょうか。

しかし、曲がメインで映像は流し見…といった鑑賞方法では、映像どころか楽曲さえも十分に楽しめていないかもしれません! 今回は、楽曲と映像がまるで一体になったような、おしゃれでかっこいいMVを紹介したいと思います。

サカナクション 「アルクアラウンド」

via www.youtube.com始めに紹介するのはサカナクションの楽曲、「アルクアラウンド」!

曲の雰囲気とMVの舞台となっている静かな都会の夜の雰囲気もマッチしていますが、何より素晴らしいのは歌詞の演出です。歌詞の載っていないMVや、隅の方にシンプルに歌詞が載っているだけのMVが多い中、この楽曲ではその歌詞をメインにした映像作りが行われています。

特にサビのボーカル、山口一郎が歩いていくことでズレている文字が噛み合って歌詞になっていく表現は見るだけでかなり凝って作られていることがわかります。意外と軽視されがちな歌詞に焦点を当て、ここまで多彩な方法で表現したこのMVは、まさに必見です。

安室奈美恵 「Golden Touch」

via www.youtube.com続いては少しジャンルを変えて安室奈美恵の「Golden Touch」を紹介。

映像の真ん中を指でタッチすることで楽しむという一風変わった趣向のMV。曲名ともマッチしたコンセプトです。スイッチを押したり、鳥が止まったり、シャボン玉を割ったり、ただ見るだけでなく、実際にMVに参加して楽しめるのが面白いところ。

さらに凄いのは、映像だけに力を入れているのではなく、曲調としっかりマッチした映像になっているということ。エレクトロ・ポップの楽曲を引き立てるたんたんと展開しながらも優しく淡い色使いの映像は、絶妙なテンポの良さとキャッチーさを演出しています。

Jamiroquai 「Virtual Insanity」

via www.youtube.com洋楽からも1つ、Jamiroquaiの「Virtual Insanity」をチョイス。

おしゃれなMVというとよく名前の挙がる楽曲のため、知っている人も多いかもしれません。無機質な部屋の中をボーカルのジェイ・ケイと家具が動き回る不思議な映像はどうやって撮影されたものなのか想像を掻き立てます。

こんなにインパクトの強い映像にもかかわらず楽曲が全く負けていないのも素晴らしいです。楽曲と映像がお互いの良さを引き立てあっている理想的なMVのひとつではないでしょうか。

ちなみにこの映像、動いているのはジェイ・ケイでも家具でも床でもなく、なんと壁ということです。スタッフが30人がかりで一生懸命壁を動かして撮影したものということで、インパクトの強い映像の裏ではかなり地道な作業が行われていたのです…


Suchmos 「STAY TUNE」

via www.youtube.com続いては最近人気急上昇のバンドSuchmosの「STAY TUNE」を紹介。

一つ上で紹介した「Virtual Insanity」に影響を受けたと思われる箇所もあるため、Jamiroquaiのファンも必見のこのMV。アシッドジャズ、ファンクの要素を取り入れながらも現代的なサウンドと歌詞で聞かせるハイレベルな楽曲ですが、映像もそれにマッチした都会的で目の離せないものに仕上がっています。

ちなみに映像でボーカル、YONCEが歩いているオフィスは撮影用スタジオなどではなく、なんと六本木ヒルズにあるJ-WAVEの本社。普段使われているオフィスをここまで大胆に使い、しかもおしゃれに見せてしまうのも、スゴイです。

DAOKO 「水星」

via www.youtube.comお次はDAOKOの「水星」! 楽曲が発表された昨年は、なんと女子高生だったという驚きの経歴です。

この楽曲、「水星」はtofubeats作曲の原曲を彼女なりにアレンジしたもの。今回紹介する中では唯一のカバー曲ということになります。原曲よりもさらに現代的なサウンドに可愛らしいボーカルが不思議に組み合わさる独自の世界観はMVにも表れていて、都会の夜を舞台にした映像はこれでもかとおしゃれエッセンスが詰め込まれています。

しかし、全く嫌味に感じないのはやはりボーカルのふわっとした可愛らしい声のおかげでしょうか。サウンド、声、映像が不思議なバランスで噛み合っている素晴らしい作品です。

CAPSULE 「CONTROL」

via www.youtube.com最後に紹介するのはPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲を手がける中田ヤスタカ主宰のユニット、CAPSULEの「CONTROL」です。

これでもかというような無機質なサウンドとモノクロの映像はPerfumeやきゃりーの曲を手がけているイメージからは想像できない衝撃的なものです。キャッチーさの対極にあるような楽曲と映像にもかかわらず、それがなぜか惹きつけられる魅力に変わっているところに中田ヤスタカのハイレベルなテクニックを感じます。

シンプルの極みとも言えるこのMV。多くの人にぜひ見てもらいたい作品です。今回のおすすめMVまとめ、いかがだったでしょうか!

今回紹介したMV以外でも、お気に入りの曲のMVを見直してみても、新たな発見があるかもしれません!

ただ音楽を聴くだけじゃもったいない! これからは、ぜひ映像も合わせて、アーティストの世界観を楽しんでみましょう!


ページトップへ