【ネタバレ】ドラマ「マイファミリー」衝撃の最終回!心春ちゃんはどうなった?

エンタメ ドラマ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ノンストップファミリーエンターテイメントという、新しいジャンルのドラマとして注目を集めていた春ドラマ「マイファミリー」。6月12日、ついに衝撃の最終回を迎えました。子供たちを誘拐した真犯人は誰だったのでしょうか?そして東堂の娘・心春ちゃんの行方は!?放送終了後の視聴者の声もまとめてご紹介します。

犯人予想が過熱していたドラマ「マイファミリー」

嵐の二宮和也さんが主演を務めたドラマ「マイファミリー」。

“ノンストップファミリーエンターテインメント”という新しいジャンルのドラマであり、その名前通り一瞬たりとも見逃すことができないドキドキハラハラの場面が数多く登場しました。

「マイファミリー」は第3話以降からハマった!という視聴者が多かったのも特徴ですが、最終回を目前に犯人予想が過熱。

視聴者はもちろん、有名アナウンサーや人気アーティストたちもSNS上で犯人予想を繰り広げていました。

<こちらもおすすめ>

ドラマ「マイファミリー」の犯人予想と考察!怪しい誘拐犯は誰?

ドラマ「マイファミリー」最終回直前に予想されていた真犯人は?

日下部七彦

日下部七彦(迫田孝也)は、神奈川県警捜査一課管理官・警視。

キャリア組のエリートですが、自分が思い描いていた出世コースからは遅れており、手柄を上げることだけに全力を尽くしています。

とにかく葛城(玉木宏)への対抗意識が強く、ことあるごとに衝突。

最終回に進むにつれ、事件に対しての意気込みが強くなったため「怪しい…」という声が続々。

本当は自分が犯人なのに、鳴沢温人(二宮和也)や東堂樹生(濱田岳)を陥れるために張り切っているのでは?という声も上がっていました。

阿久津晃

当初から、犯人説が浮上していた阿久津晃(松本幸四郎)。

日本を代表するネットサービス企業・NEXホールディングスの社長であり、鳴沢温人(二宮和也)のハルカナオンラインゲームズ社外取締役も務めています。

二人はとても良い関係性を築いていたものの、ある時から急に温人を裏切り、温人を犯人と仕立て上げるような言動も。

ネット上では東堂の娘・心春ちゃんが「阿久津の隠し子では?」という声も上がっていました。

三輪碧

鳴沢温人(二宮和也)と東堂樹生(濱田岳)の親友であり、鳴沢未知留(多部未華子)の元彼でもある三輪碧(賀来賢人)。

過去に浮気によって妻・沙月(蓮佛美沙子)と離婚をし、娘の優月ちゃんが誘拐されてしまいます。

誰と浮気をしたのか、また以前働いていた弁護士事務所を辞めた理由なども明かされていないため、最終回で真実が明らかになるのでは?と予想していた方も多かったようです。

ドラマ「マイファミリー」衝撃の最終回!真犯人は…

これまで犯人予想が過熱してきたドラマ「マイファミリー」ですが、6月12日に最終回が放送されました。

最終回直前の放送では、鳴沢未知留(多部未華子)が誘拐されるという事件が発生。

犯人からの電話によって、東堂樹生(濱田岳)と引き換えに未知留を返すと言われた鳴沢温人(二宮和也)は三輪碧(賀来賢人)の協力を得て、奮闘します。

その一方で、両親が失踪し不安を抱えている鳴沢友果ちゃんに「犯人は警察内部の人間」と、こっそりメモを渡した葛城圭史(玉木宏)。

となると、怪しいのはやはり日下部七彦(迫田孝也)になりますが、真犯人はなんと捜査一課長の吉乃栄太郎(富澤たけし)でした。

真犯人の身勝手すぎる動機

吉乃栄太郎(富澤たけし)は5年前、東堂樹生(濱田岳)の妻・亜希(珠城りょう)と不倫関係に。

二人が車内で親密にしている場面を、娘の心春ちゃんが目撃してしまいます。

心春ちゃんは仲良しだった阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲ちゃんに、その場面の写真を送信し、悩んでいると告白。

そして母親と会わないよう吉乃にお願いし、家族仲を修復するために「自分を誘拐して欲しい」と頼みます。

この時、もみ合いによって階段から転落してしまった心春ちゃん。

吉乃は不倫の事実が自分の家族にバレないよう、心春ちゃん誘拐事件の捜査を中途半端に終了。

その後、亜希が失踪したことを好都合に考えていたものの、警察を辞めた東堂が再び姿を現したことで全ての罪をなすりつけることを計画します。

自分の不倫を隠すため、罪のない子供たちを誘拐し、さらに他の人に罪をなすりつけようとしていた吉乃に対し、厳しい声が多く上がっていました。

ドラマ「マイファミリー」東堂心春ちゃんはどうなった?


5年前から行方が分からなくなっている東堂心春ちゃん。

母親の不倫現場を目撃し、幼いながらにショックを受けたはず。

しかし、最終回ではハッキリと心春ちゃんの行方が言及されることはありませんでした。

そのため、放送終了後からネット上では「心春ちゃんは結局どうなったの?」「どこかで生きてるんだよね?」「階段から落ちて、その後は?」という声が多く聞かれました。

東堂亜希のスニーカーが泥まみれの理由

吉乃栄太郎(富澤たけし)は鳴沢温人(二宮和也)に真実を話す際、「東堂亜希が心春ちゃんを後追いしたと思った」というようなニュアンスの言葉を発しています。

そのため、階段から転落した心春ちゃんはそのまま亡くなった可能性が大。

また、東堂樹生(濱田岳)の面会に訪れた亜希(珠城りょう)のスニーカーが泥で汚れている様子もクローズアップされましたが、これこそがキーポイント。

樹生に「心春ちゃんと会えたのか?」と聞かれ、うなずいた亜希ですがそこで泣き崩れてしまいます。

そのため、このスニーカーの汚れは「心春ちゃんが遺棄されていた現場に行ってきた」ということを意味しており、「(亡くなった心春ちゃんと)対面できた」という意味のようです。

ドラマ「マイファミリー」視聴者たちの反応まとめ

阿久津晃に謝罪を求める声が殺到!

犯人説も浮上していた阿久津晃(松本幸四郎)ですが、結果的には犯人ではありませんでした。

しかし、勝手に鳴沢温人(二宮和也)を犯人と思い込み、警察に内部情報を明かすなど数多くの裏切り行為を行ってきた事実は消せません。

最終的に娘の実咲ちゃんが目を覚まし退院をしたことは微笑ましいですが、自分もちゃっかり温人と良好な関係を築こうとしている姿に視聴者の怒りが殺到しました。

一番悪いのは東堂亜希説

真犯人は吉乃栄太郎(富澤たけし)でしたが、元々のきっかけは東堂亜希(珠城りょう)との不倫でしたね。

もちろん、亜希も心春ちゃんが亡くなっていたことは知らず、さらに心春ちゃんと吉乃が会っていたことも知りません。

その一方で、娘が誘拐され、その結果妻まで失踪してしまった東堂樹生(濱田岳)。

心春ちゃんを探し出すためだけに全力を注ぎ、親友たちを裏切り犯罪にまで手を染めるように…。

その結果、最後まで報われなかった樹生に同情の声が集まり、一方では「本当に悪いのは吉乃ではなく不倫をした亜希」という声も多く上がっていました。

そもそも、亜希が不倫をしなければこんなことにはならなかったですね。

鳴沢夫婦の息子にほっこり!

最終回では鳴沢夫婦の間に新しい命も誕生しました。

鳴沢温人を演じた二宮和也さんは、実生活でもパパですが子育てについて語ることはほぼありません。

もちろん、お子さんとの写真なども公開されていないのですが、だからこそ「赤ちゃんを見るニノの顔が尊い」という声が!

実際にお子さんが生まれたときも、きっとあのように幸せそうな笑顔を浮かべていたはずです。

東堂の「心春ちゃん」呼びに疑問の声も…

真犯人が分かってスッキリとした最終回ですが、その一方ではまだ疑問が残っていることも。

その中のひとつが東堂樹生(濱田岳)の「心春ちゃん」呼びです。

そのご家庭にもよりますが、一般的に自分の娘に対して人前で「ちゃん付け」することは少ないですね。

しかし、東堂は常に「心春ちゃん」と呼んでおり、まるで他人行儀な雰囲気も…。

もちろん、心春ちゃんは東堂の実の娘ですが、なぜ「ちゃん付け」していたのかスッキリしないという声も多く聞かれました。

<こちらもおすすめ>

ドラマ「マイファミリー」の犯人予想と考察!怪しい誘拐犯は誰?

二宮和也は病気?!脳機能障害の疑いと腰痛持ち!

まとめ

ドラマ「マイファミリー」の真犯人や心春ちゃんの行方、そして視聴者の声をまとめてご紹介しました。

吉乃一課長が真犯人でしたが、みなさんの予想は的中しましたか?

とにかく両親の不仲に苦しんでいた心春ちゃんや、娘を探したいがために犯罪に手を染めてしまった東堂樹生が本当に不憫でした…。

「マイファミリー」を視聴していなかった方は、ぜひ今後発売されるDVD-BOXもチェックしてみてくださいね。



ページトップへ