『学校へ行こう!』の“東京ラブストーリー”キャストたちの現在は?

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


V6の人気バラエティー番組『学校へ行こう!』。2021年10月に久しぶりにスペシャル番組が放送され、過去の『学校へ行こう!』が再注目されています。中でも人気を集めたコーナーと言えば「東京ラブストーリー」!当時のキャストたちは現在どうなっているのでしょうか?

高視聴率をキープしていたバラエティー番組『学校へ行こう!』

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007090000595.html

バラエティー番組『学校へ行こう!』は1997年10月から2005年3月まで放送されていました。

V6がメインとなり、司会はみのもんたが担当。

学校の屋上から様々な思いを叫ぶ「未成年の主張」や「お笑いインターハイ」、「B-RAP HIGH SCHOOL」や「みのりかわ乙女団」など数々の名コーナーが人気を集めました。

『学校へ行こう!』の人気コーナー「東京ラブストーリー」って?

東京ラブストーリー

https://twitter.com/

 

バラエティー番組『学校へ行こう!』の中で、特に人気を集めたのが「東京ラブストーリー」です。

「コギャル最終戦争」というコーナーに出演していた2人のコギャルと、頭の良い3人の大学生が恋愛を繰り広げるというコーナー。

しかし、ただのラブストーリーではなくお笑い要素満載のコーナーだったのが特徴で、5人の掛け合いに当時は多くの視聴者がお腹を抱えて笑ったはずです。

「東京ラブストーリー」のキャストはこちら!

サオリとミホ

https://twitter.com/

「東京ラブストーリー」で、強烈なインパクトを放ったのがミホとサオリです。

今では死語となった“コギャル”で、そのメイクからも時代を感じますね!

ミホとサオリはいわゆる「勉強ができない女子高生」で、このコーナーの前に「コギャル最終戦争」というコーナーに出演。

そのコーナーの中で、東大生の永谷がミホに恋したことで「東京ラブストーリー」というコーナーが誕生しました。

ミホとサオリはトークも面白く、特にサオリはその毒舌っぷりと飾らない姿で多くの人気を集めました。

永谷

https://twitter.com/

当時、東大生だった永谷。

「コギャル最終戦争」のコーナーで、ミホとサオリの家庭教師を務めたことがきっかけでミホに恋をします。

5人のキャストの中では一番まともに見えますが、とにかく口が悪いのがポイント!

大好きなミホのことは「ミホさん」と呼びますが、サオリには「お前」を連呼し、サオリとはいつも爆笑の口論を繰り広げていました。

だぜ

https://twitter.com/

「だぜ」は、言葉の語尾に「~だぜ!」を付けることからその名前が命名されました。

当時は慶応大学の2年生で、こちらもエリート大学生。

当時からかなり明るい性格で、男性にも女性にも好かれるタイプでした。

マサーシー

https://twitter.com/

そしてバブルの匂いを感じさせるキャストが「マサーシー」です。

ホストっぽい見た目で強烈なナルシストキャラで、多くの視聴者たちを笑わせてくれました。

マサーシーは永谷と同じ東大生で、金持ちぼっちゃんっぽい印象。

だぜと共にサオリに恋をしていましたが、最後まで結ばれることはありませんでした。

2015年に「東京ラブストーリー」のキャストたちが再会!

https://twitter.com/

2015年に放送された『学校へ行こう!2015年復活版』では、「東京ラブストーリー」のキャスト達が同窓会を開催しました。

https://twitter.com/

2015年当時、サオリは34歳に。

アパレル会社に勤務しており、バイヤーとして全国を飛び回っていると明かしていました。

当時からメイクもファッションもおしゃれだったので、その仕事にも納得ですね!

https://twitter.com/

サオリと同級生のミホも、2015年に34歳となりました。

ミホは化粧品販売会社のチーフとして働いており、勤務地は銀座だと明かしています。


二人は元々同級生なので今でも仲が良く、食事をしに出掛けることもあるとのこと。

ミホはすっかりギャルっぽさが抜け、“いいオンナ”っぽい雰囲気が漂っています。

https://twitter.com/

ミホを愛してやまなかった永谷は、2015年に35歳になりました。

東大を卒業した後、地元の愛知県へ戻りIT企業へ就職。

24歳で職場結婚しており、3人の子供に恵まれています。

https://twitter.com/

だぜは2015年に36歳となり、病院に勤務。

地元・大分県の病院に勤務しており総務主任を務めていると明かしました。

また同窓会には奥様とお子さんも参加し、なぜかタイで結婚式を挙げたことも報告しています。

https://twitter.com/

そしてマサーシーは2015年に37歳になりました。

なぜか年齢は秘密としていますが、37歳か38歳あたりだと想定できます。

マサーシーは東大卒業後、大手広告会社に勤務。

電通や博報堂という噂もありますが、詳細は不明です。

『学校へ行こう!』の“東京ラブストーリー”キャストたちの現在は?

そして2021年10月には『学校へ行こう!201年復活版』が放送され、再び「東京ラブストーリー」のキャストたちが集結しました。

サオリ

https://www.instagram.com/

現在、40歳になったというサオリ。

詳細は明らかにされていませんが、そのファッションからするとまだアパレル関係の仕事をしていることが予想できます。

ミホ

残念ながら、今回は参加できなかったミホ。

サオリによると「ミホは仕事で来られなかった」ということです。

サオリもミホも私生活は明かしていませんが、すでに結婚をして子供がいてもおかしくない年齢になりました。

永谷

https://www.instagram.com/

現在42歳になった永谷。

2015年の放送ですでに3人の子供の父親であることを明かしていました。

相変わらずサオリに対しては毒舌で、サオリのことを回転寿司の「乾いたプリン」呼ばわり!

3人の男性の中では、一番見た目に変化がないかもしれません。

だぜ

https://www.instagram.com/

すっかり頭が寂しくなってしまっただぜ!

現在は42歳になり、3人の子供の父親であると説明。

だぜ曰く「大分のハムスター」と呼ばれているということで、多くの視聴者を笑わせました。

マサーシー

https://www.instagram.com/

すっかりホスト感がなくなってしまったマサーシー。

今もなお年齢は非公開としている一方で、現在は会社の部長を務めているとのこと。

当時よりもだいぶ肉付きがよくなり、少しおじさんっぽさが漂っています。

ちなみに永谷とは同じ東大卒業生のため、プライベートで会う機会も多いようです。

まとめ

『学校へ行こう!』の人気コーナー「東京ラブストーリー」に出演していたキャストたちの、現在の様子をご紹介しました!

一般的な恋愛バラエティーとは異なり、多くの視聴者を笑わせてくれた「東京ラブストーリー」の5人のキャスト。

その後、実際に結ばれたカップルはいなかったことが逆に今になっても人気を博している理由かもしれませんね。

長い年月が過ぎても、相変わらずの掛け合いで笑わせてくれたキャストたちに称賛の声が相次いでいます♡



ページトップへ